Category Archives: 雑記 - Page 30

Zend Optimizer Plusと一緒にPHPをPGOビルドすると謎の失敗

php 5.4.15 と Zend Optimizer Plus を一緒にビルドすると、何故か php_mbstring を境に pgd ファイルが作成されなくなるという謎の事象が起きていてどうしたものかと。

Win64 環境 (Windows Server 2012R2) 上の VC10 だから、ってわけでもないと思うのですが、試しに Zend Optimizer Plus を外すとちゃんと pgd ファイルが作成されるのでどう見ても犯人はこれだよなあと。MAKEFILE に問題が起きてるのかとも思いましたがそんなこともなく、pgd ファイルが作成されないエクステンションを個別にビルドしてもやはり作成されない。

これはこれでどうにも気持ち悪いので素直に外してビルドすべきかこれは。

妹雑音

Amazon 宅配便。

  • TVアニメ「とある科学の超電磁砲S」オープニングテーマ sister’s noise 初回限定盤 (ジェネオン・ユニバーサル)

いつもの fripSide という安定感。

やはり俺の買い物はまちがっている。

とらの薄い本予約引取と買い物。

俺ガイルは今期アニメの中でもそれなりに楽しめてる方かなあということで久々のラノベ購入に至ったものの、「8 巻の限定版かと思ったら 3 巻の限定版だった」という何を言ってるのか以下略なことに後で気付きました。

改めてよく見たら「ぽんかん⑧描き下ろし特装カバー③巻」であって 8 巻じゃないんですねこれ。8 だけみて普通に 8 巻だと思ったのが勘違いと。何という無駄遣い。

ZendOptimizer Plus のビルド

あれ、結局 ZendOptimizer Plus の PHP 5.5 への統合って承認されたの? みたいな話を今頃知ったので、GitHub に上がっていたコードを確認を兼ねてビルド。

VC10 x64 と php 5.4.14 のビルド環境でもあっさり成功。

buildconf --add-modules-dir=../ext/
configure --disable-all --enable-object-out-dir=. --enable-debug-pack --enable-cli --enable-opcache
nmake.exe /nologo php_opcache.dll

パフォーマンスに有意な差があるかは別途確認で。W3TC が対応してからでも良い気はしてますけど。

始まった直後の総選挙中間発表に意味はあるのか

何がどう中間なのか全く意味が分からないけど、1 位アーニャとかさすがに予想外。前回の上位組はどうせ誰かが入れるだろう、という心理が働いたにしても。

何より意外だったのはままゆ 5 位とか。よくネタにされるキャラではあっても、投票にまで結びつくものとは違うと解釈してたから何気に喜ばしい。このまま逃げ切ってくれるのを期待したいけど金の力で回る選挙ほど読めないものは無い。

平和な 4 月末決戦

今月は大作みたいなものがいなかったような。

買い物。

  • アイドルマスター シンデレラガールズ ニュージェネレーションズ (1) (著/namo 発行/スクウェア・エニックス ISBN:978-4-7575-3903-7)
  • アイドルマスター シンデレラガールズ ロッキングガール(1) (著/ハマちょん 発行/スクウェア・エニックス ISBN:978-4-7575-3927-3)
  • アイドルマスター シンデレラガールズ シャッフル!! コミックアンソロジー (発行/スクウェア・エニックス ISBN:978-4-7575-3902-0)
  • 椎葉さんのウラの顔。 (著/柚木N’ 発行/ティーアイネット ISBN:978-4-88774-466-0)
  • COMIC X-EROS #06 2013年06月号 (発行/ワニマガジン社 ISBN:)
  • ハメライブ! (カンナビス)
  • ぬるふる (裏火竜)

らぶりけ 2 を予約してるものだと思い込んでわざわざ出向いたのに予約してなかったという何を言ってるかわからねーと思うが以下略でした。

由愛ちゃんはゆめって読むんだ本当はね

だけど何故かゆあちゃんって自然に読むのは何の呪いなんだろう。

サバという予想に反して始まったツアーはコスト関係無しの火力 (と守備) 勝負ってことで、強いのを抱えてないと発揮値伸びないわ拘束時間が長いわ 1 時間しか寝られないわで辛いところも多いものの、お零れを狙うハイエナプレイでもそこそこ稼げるので楽と言えば楽な方なのかなーと。

相変わらず戦力強化にはいまいちやる気が出ないというか特に好きでもない強い子をお迎えするぐらいなら普通に好きな子をお迎えするよって優先順位なので発揮値伸びませんが適当に乗り切っていきたいところ。

とはいえ 3LP 消費で 30 万のゆあちゃん倒せるし以前に比べたら随分増えました。

結局のところセッションは

ベースはアイプロなんだから、スタにものを言わせて走れば良いんだろと見誤ったのが運の尽き。やっぱりトライアルで殴ってフィーバー入ってる間に連打で加速するのが正しいってことなんですかねー。

今までなかったような演出が新たに増えたのは、それだけ運営がコストを掛けてくれてるという意味では好意的に受け止めますが、ぽちぽちゲーという性質上こうも重いのを回避不能な形で実装されるとストレスが溜まりすぎます。

次の次ぐらいになると、熟れて洗練されてくるものだと思いたいですが。

W3TCのObject Cacheは不要か

一応 W3 Total Cache を入れてるわけですが、ふと Object Cache って必要だったんだっけ? と試してみたら timer_stop(1) で返ってくる時間が 0.5 ぐらい速くなることに今頃気付いたというか、そういえば以前もそんなことをしていたような記憶が出てきたというか。

キャッシュ出来るならしておいた方が良いような気はするものの、こうも安定して遅くなるようならいらなさそうなのでとりあえず外して様子見します。

CICの信用情報開示を試そう

前から気になってはいたものの、手続きが面倒なのと怪しげな ActiveX を使ったシステムなのとで使う気がしなかった CIC のインターネット経由信用情報開示が改善されてたっぽいので試してみました。出力フォーマットはパスワード付きの pdf で保存も可能。

恐らく本人確認のために、わざわざ電話で受付番号を取得するのが面倒臭いですがそれさえ乗り越えれば後は簡単なものです。ブラウザが指定されていて IE 10 はまだサポート外とか、パスワードの説明が pdf ダウンロードの画面にさらっと何気なく書かれていて見逃すと再申請になるとかぐらいが注意点。

で、信用情報は何というかやっぱりきちんと管理されてるんですねと感心するぐらい細かく書かれてますね。当たり前ですけど。信用情報機関の会員企業がアクセスする場合は個々の会社名までは開示されないんでしたっけ? とかあったと思いますが、現在の残高やこれまでの実績とかで自ずと信用度が測れますね。

解約済みのクレカ情報も保有期限前のが結構あったらしく、最早すっかり存在を忘れた Amazon のクレカの情報まで残ってました。

自分の情報にアクセスするのに金を払うとか馬鹿らしいとも思いますが、1000 円と通話料を情報管理の手間賃と思えば悪くない買い物では。この手軽さを他の信用情報機関も見習って欲しいものです。

JICC (日本信用情報機構) は郵送開示のみで申込は郵送かガラケーからという残念振り、全国銀行協会も郵送開示のみ、申込は郵送でさらに定額小為替のみという嫌がらせのような残念さ。まあ概ね、似たような情報になるとは思うのですが。