Tag Archives: あかべぇそふとすりぃ

JOKER -死線の果ての道化師- 体験版

最後まで。

評判の擬音語表現とかがごっそり消えたらしいですが、そんなことは気にせず最初からやってたらしっかり二章ラストまでやったのが自分でも本当に不思議。

確かに途中……というほど希でもなくどうかと思うテキストや展開はあったし、岸田さんを劣化させまくった紛い物はウザいだけだし、と投げる要素はあったけどそれでも、二章のような展開が好みなので巷で言われるほど悪くないかも、と甘甘判定です。

死が身近にある特殊な閉鎖空間という雰囲気作りには失敗してるし (序盤だけで、その後の日常では同様のインパクトが無く結局呪いのカードが主になってしまった) 、二章なんか普通の学園ものと錯覚しそうだし、差し迫る恐怖感や追い詰め感が足りなすぎて、そういうのは今後も全く期待できそうにないと思えるのだけど、誰がどう裏切るのかという腹黒さの探り合いは楽しいのでちょっと期待したいところ。

恐らく今後も似たような構成になるのでしょうし。