Tag Archives: うちの妹のばあい

うちの妹のばあい

ブランド: イージーオー
最後にとっておいた真説エンドとオマケでコンプ。
妹ものをイージーオーが作るとこうなる、て感じで楽しめました。ありがちな設定なのにありがちな雰囲気を感じないキャラ作りは好きです。(えろげ的に) ありがちな妹像なんてのはそれこそもう見飽きてますから。
今作限りとなるらしい裏ルートは単に後味が悪いだけでなく、表ルートをやっていてもその影がちらつくあたりが巧くできてるのだと思います。先にやるよりは一番最後にやる方が精神衛生上は良さげ。

うちの妹のばあい

ブランド: イージーオー
イージーオーの真骨頂、寝取られの裏ルートを通って残りエンディング 4 つを回収。鬱ってことはないものの、どれもこれも後味の悪さだけは素敵です。素面ではちょっと書けそうにないテキストセンスを遺憾なく発揮されてました。単に奪われるだけではなく、自身の無能さ、無力さを原因に持ってくるあたりが後味の悪さを煽るのでしょうかね。それでも一応、救いのあるエンドもオマケ程度にはあり。
裏ルートの回想がやたらと多いのは同一シーンが主人公を含めて最大 3 つの視点毎に登録されているためでした。さらにシナリオ上、カットされたり匂わす止まりなシーンは回想モードで補完される「見たけりゃ自分で見ろ」な仕組みで、ここでもまた受動的ではなく能動的な姿勢を要求してくれます。
しっかりゾーニングされているだけあって内容的にはどーでもよく、好きな人と全てコンプしないと気が済まない系の人以外は飛ばしても全く問題ありません。

うちの妹のばあい

ブランド: イージーオー
今日のところは菜々子エンディング 1 と 2 、優香&菜々子エンディング。
これで表ルートはだいたいクリアしたにも関わらず、CG は全体でまだ 50 % 。優香のみに限っても半分越えてません。解りきっている事とはいえ裏ルートに力入れすぎです。回想でも一人あたり 4 ~ 9 個も裏ルートに割り振っているようですし。
従来作品と同じく、各エンディング・各回想への到達条件はきちんと表示される親切さがありがたいです。そして自ら選ばないと裏ルートへ進めないという心配りも。お陰で後味の悪さと鬱が倍増されそうです。

うちの妹のばあい

ブランド: イージーオー
まずは優香エンディング 1 、純子エンディング 1 、通常エンディングの 3 つ。可もなく不可もなく、こういうもんかな止まりなのがイージーオー。何せ真の楽しみはこれからですから。

うちの妹のばあい

ブランド: イージーオー
LIBIDO 純愛路線宣言並に突然の方針転換を告知し、イージーオー最後の旧路線作品となりそうなのでこれを崩すことに。
VA 傘下でありながらシステムはやはり今回も独自プログラム。機能的には十分なのに表示フォントの荒さは改善されてません。
気が散るとかそんなのじゃなく、言動とか展開でちくちくと痛さを感じるのは予定調和として存在する寝取られへの恐怖なんでしょうかねぇ。よくある、可愛らしさと裏表な反発といった生やさしい感じではないからそう思うのかも。