Tag Archives: この青空に約束を―

この青空に約束を―

ブランド: 戯画
茜エンドでコンプ。
ショコラでいえば香奈子さん、パルフェでいえば里伽子にあたるような突出キャラを作らず、全員平均点レベルを目指すと全体もやはり平均点レベルになりますね。今回は静シナリオがやっつけに見えるものの、よく見通せば実は大同小異だったりするのでそれほど落差は感じません。
プロローグ的な第一部、シナリオ分岐の第二部、個別シナリオの第三部という三部構成。パルフェ同様、第一部と第二部ではキャラ選択によるショートイベント積み重ねで、イベント中の行動選択肢は皆無です。さらに出現条件まで網羅したイベントシート付き。ここまでくると ADV におけるゲーム性というものを改めて考えさせられますが、ADV が電脳紙芝居の言い換え語だという現実は昨日今日始まった話でもないので考えるだけ無駄なのでしょう。
取り壊しの決定した寮を舞台に、最後の時間を仲間とともに過ごす青春ものっていうよりかは片田舎で繰り広げられる男女七人夏物語 (ただし男は主人公一人) でしょうか。廃寮と別れという、全体に共通する命題を掲げたのが良くも悪くもシナリオに縛りをくわえてるように感じました。
各キャラのシナリオで問題とされるのは本当に些細なことだったりどうでも良かったりします。それをいくら先のお題目で粉飾決算しても財務諸表を良く読めばやっぱり怪しさ、もとい中身の薄さが透けて見えてしまうのです。意図的な省略も相まってもう何処に主題を置きたいのやら。いっそ茜シナリオだけでいいよって気にさえなります。
キャラの横の繋がりの薄さは相変わらず。特に海己とかもっと絡むべきなのに誤魔化されたような。
何処にも悪役の居ない、ぬるま湯と評される雰囲気だけは良かったです。それこそいつまでも浸かっていたいと思わせるぐらいに。
最近の萌えゲスタンダード準拠てことで H シーンは基本的に複数回です。でも 2 回目以降は時間の無駄としか。構成が特殊な奈緒子と無駄に台詞の多い海己はともかく、今更ただの性行為だけやられても面白くも何ともないわけです。パルフェみたいに制服変更や、シナリオ上の必然なわけでも無し。

よかったところ
雰囲気は確かに良く、小ネタの配されたオタ向け日常会話も面白い
わるかったところ
メインテーマを重視しすぎたのか、個別シナリオの描写不足と内容不足が足を引っ張りすぎです

無難にそつなくこなす……には少々及ばないので万人向けする優等生とは言えません。田舎舞台の雰囲気ゲー好きなら何とか許容範囲内。

この青空に約束を―

ブランド: 戯画
沙衣里エンドと静エンド。さえちゃんは今までスルーしてきた話 (メインになってもおかしくないのに何故か無視られてます) に漸く噛みついてくれました。見せ場もあってキャラとしては評価上昇。イベント CG はどうかと思うのがあったけど。
静は一番手抜きってか幾ら何でも端折りすぎな域に達しているような。描きたいものはわかるけど描写不足。

この青空に約束を―

ブランド: 戯画
凛奈エンド。やっぱりラストに回した方が正解だったような気が。

この青空に約束を―

ブランド: 戯画
ちまちまと進行中。

この青空に約束を―

ブランド: 戯画
凛奈で ACT.3 まで。ちまちまやるのも勿体ないので、週末送りになるかもしれません。

この青空に約束を―

ブランド: 戯画
宮穂エンド。三周目にもなるともう慣れてきました。よく考えてみれば、正にタイトル通りの構成なわけですか。

「…えっと、こうかな?『ミヤコの長くて光る毛に触りたい。匂いをかぎたい』?」
「…もうちょっと何とかなりませんか? 映画の翻訳とかって直訳じゃないですよ~」
「『ミヤコの髪を?』『いい香りがするかもだ』」

こういう小ネタをさらっと使えるセンスがオタ受けするキャラとテキストを生み出すのかなあと。
四周目は凛奈で。直球で来るかと思ったら変化球でした。

この青空に約束を―

ブランド: 戯画
まずは海己エンド。この手の話にしては珍しいぐらいに素っ気なく、ぐだぐだ掻き回さず、長引かせず、要点だけを切り出したお話しです。描写を半ば放り出した反則技のように見えても、主題が海己を口説くことにあるのだとしたらそれ以外の蛇足を切り捨てるのも一つの選択かと納得できないことも無し。
にしてもこの人の凛奈の声は (えろげでは) 久々に聞いたような。未だに、かないみかと区別できない私が言うのもアレですが。
二周目は会長、奈緒子エンド。思わせぶりなネタ振りとか態度とか、過去を踏み台にしたキャラを描かせると本当に恐ろしく上手いところを突いてきますね。短い割に必要充分な濃さを詰め込んでくれていたので予想外な収穫というべきか。

この青空に約束を―

ブランド: 戯画
ACT.3 、海己シナリオ途中まで。いきなり重いのを引いちゃった感じです。いや終わってみると意外なほど後腐れ無くすっきり片付けるのが丸戸シナリオってのはわかってますが。
バカップル系というか萌えエロというのか、いちゃいちゃしてるのに色気の類を感じさせない H シーンを書けるのも一種の才かと。紡ぐ言葉の端々が重く深いものに見えてしまって、そっちの方にばかり気を取られるというか。

この青空に約束を―

ブランド: 戯画
夏の途中まで。ゲーム性を否定するイベントリストを完備してるせいか、ルーチンワークじみてきた気がします。

この青空に約束を―

ブランド: 戯画
夏まで。ああもう悔しいぐらいにキャラを立てて引き込んでいくのが上手い。常に狙い澄ましたところを的確に狙ってくるのですから当然といえば当然なんですけども。
今回は家族計画系のお話しでしょうか。そういえば家族計画も、OP までのプロローグに確か 10 時間ぐらい要したような……。