Tag Archives: だぶるまいんど

だぶるまいんど

ブランド: F&C FC-02
あきをクリアしてコンプ。青も赤も似たような展開で激しく萎えました。「とんだ茶番ですね」
10 年前ならまだしも、今時こういうお話でこういう内容じゃ芳しい評価は得られんでしょう。どっちに転んでも展開に面白みがなく、まして両者の間を故意に行き来して遊ぶ楽しみも無い。先にドラマ CD 聞いて期待した分、ちと哀しいものがあります。
木漏れ日の体験版の方はそのうち。

だぶるまいんど

ブランド: F&C FC-02
ふむ、なるほど。難易度は「青 + キャラ別エンド < 赤 + バッドエンド < 赤 + キャラ別エンド < 赤 + 小イベント」といったとこかな。キャラ少なめ、イベント少なめ、移動先少なめ、中身も (以下略) と少ない尽くしの癖に CG 回収だけは面倒くさい仕様です。
攻略見ながらで悠と美沙子はコンプ。えーと……やっぱり「いつもの F&C 」としか言いようがありません。

だぶるまいんど

ブランド: F&C FC-02
一週目は青い方で悠さんエンド、二週目は赤い方で雪乃と悠さんエンド。
悠さんとの関係って、そのまんまなのを以前どっかのえろげか何かで読んだ記憶があるのですがタイトル思い出せません。あまりにまんまで、しかも無駄に 17 日目まで引っ張ってくれるのでひたすら怠さが漂う作品でした。あぁ、マップ画面でのオートセーブは便利です。目当てのキャラに会えなければすぐロードするだけの単調作業を見越した親切仕様に感動します。あははーっ。
あまりにつまらんので赤い方に期待したのに、あーこのために木葉楓さん起用したのかという感じで。これってやっぱり選択肢でさらに分岐するのか、それとも純粋にマップでの移動先だけでイベント起きるんですかね。素直に突き進んでくれるならまだ面白いだろうにどっちつかずなまんまで結局「いつもの (それも悪い方の) F&C 作品」てとこに落ち着きそうな。

だぶるまいんど

ブランド: F&C FC-02
今年の年越しえろげはこれに。一番手元に近くて探す手間が無いというだけの理由。
えぇっとですね。テキスト枠を二つ用意するってのは視点移動を伴うのでリーダビリティを激しく損なうのですよ。同じような発想をそのまま実現したミンクの Fu・shi・da・ra や内面描写だけノベルタイプのように全画面に展開するケロ Q のアレとか、たまーにこういう本当にデバッグ時に疑問に思わなかったのか主題歌が 2 周する間問い詰めたくなるのがえろげの不思議且つ面白いところです。さらに立ち絵が妙に荒くて汚い、しかもポーズ切替え無し、セーブできるのがマップ移動時だけとやる気を殺ぐ要素は揃ってます。
まだ 2 日ほどやったとこですが、どうも当初イメージしていたものとはかなり違うようで。「管理人さん」という甘美な響きから未亡人で犬を飼っててエプロン姿で竹箒持って玄関前を掃除しているというイメージを抱くと痛い目に遭いそうです。