Tag Archives: ひぐらしのなく頃に

ひぐらしのなく頃に

ブランド: 07th Expansion
暇潰し編終了。これでミニゲーム以外は全てコンプ。
選択肢無しのサウンドノベル、ストーリーを元に推理する余地こそがゲームとしての側面をもつというコンセプトは悪くないと思います。元を辿れば人間か祟りか、または両者かとはっきりさせないところが狡くもあり面白くもあり。
書くと情けない話ですが、怖い話ってのはあまり読みませんし見ません。映画とかにしても、怖いのは精々その上映時間中のうちの一時です。だからなのか何なのか、後半部の畳み掛ける展開と恐怖感は本当に上手く煽られたなと。えろげとかのように誰それと恋愛関係になるというある意味制限とも言える展開が無いので、疑心暗鬼に陥ったり豹変したキャラに追い詰められていく様なんてもう怖い怖い。「嘘だっ」とか「あはははは」とか「くけけけけけ」とか、字面じゃ何てことはない言葉でも読んでる時にはつい後ろを振り向かせるだけの怖さがありました。
各シナリオとも、ギャルゲのような日常展開の前半部とおどろおどろしい後半部という二部構成が基本になってます。前半部で書かれる日常は主に部活関係で、駄目ってことはなくとも食傷気味にはちとなります。綿流し編のようにもう少し展開に幅が欲しい。これは後半部の印象が強い分、前半がどうしても霞んで見えてしまうからかもしれません (伏線として重要ではあるんですが) 。
音楽はもう少しノイズが無ければ。あと SE の種類も増えれば臨場感倍増って感じでさらに怖くなりそうかなと思います。
あ、ちなみに私は過去については人間、最後のものが人間と祟りとのハイブリッドかなとご都合な予想たててます。

ひぐらしのなく頃に

ブランド: 07th Expansion
祟殺し編終了。本当に最短であっさりと駆け抜けられました。
「ありえない」ってふと気づいたら妙に耳にする言葉になってるような気がします。ぐぐってみると何だか若者言葉みたいな雰囲気もありますし。そういえば「ありえない」を連呼してたえろげキャラがいたよなとか思い出してしまう自分がちょっと嫌。

ひぐらしのなく頃に

ブランド: 07th Expansion
あれれな方向に話が進んでどうなるのかな、と思ったのも一瞬。今回の恐怖はこういう方向で来ましたかと気づきました。確かにこれはちょっと悪趣味かも。

ひぐらしのなく頃に

ブランド: 07th Expansion
綿流しの前日まで。
この主人公って何だかんだいいつつ、自分で墓穴を掘ってるとしか思えません。

ひぐらしのなく頃に

ブランド: 07th Expansion
まだ綿流しの夜まで行ってないのにもう怪しげな空気が漂い始めてます。

ひぐらしのなく頃に

ブランド: 07th Expansion
祟殺し編開始。綿流し編のパターンを踏襲するとしたら、今回の中心か餌食となるのは……と考えると後半部は相当に嫌な展開になる予感。
怖いだけで済めば良いんですけど。

ひぐらしのなく頃に

ブランド: 07th Expansion
綿流し編終了。
今回は痕のバッドエンドのような雰囲気で、呪われた運命と因習に囚われた人の哀しいお話として綺麗に終わるのかと思いきや。最後の最後までネタ振りを忘れてません。本当にこれできちんとオチが付くのか不安なぐらいに上手くかき回してくれてます。今回のも巧妙なミスディレクションに見えなくもないし。

ひぐらしのなく頃に

ブランド: 07th Expansion
綿流し編、綿流しの夜を過ぎて 2 日ほど……なあたりまで。
鬼隠し編と同じく、綿流しが雰囲気を分かつ分水嶺となってます。ギャルゲ風な前半部と徐々に恐怖を煽る後半部のギャップはやはりお見事。どちらも水準以上に楽しめます。前半部のオチ部分とかで萌えたりしたら後が怖いのはよく分かっているはずなのにっ。
ただ今回は割とオーソドックスな煽り方かなと。よくあるホラー映画と同じく、よくある追いつめ方ですね。

ひぐらしのなく頃に

ブランド: 07th Expansion
いざ雛見沢へ。
体験版の鬼隠し編はスキップできる親切仕様なので綿流し編から。体験版の鬼隠し編と違いとかは無いよね、よね? (二回言うな)
序盤のこの長閑な雰囲気はいつまで続くかな。