Tag Archives: ましろ色シンフォニー

ましろ色シンフォニー

軽くまとめ。

ジャンル的にはキャラ萌えゲー、てとこなんでしょう。いわゆるテンプレシナリオで、気がついたらよくわかんないけど好き同士になってました、なぐらいに乱暴ではないですが、大したイベントもなくくっつくので傍目にはそう見えても問題なさげです。

こういうのは言動に一喜一憂できるキャラがいればそこそこ楽しめ、そうでない場合はただただ退屈というのが相場です。私もアンジェはちょっと合わなかったので、やや退屈気味でしたし。

テンプレシナリオから外れる道もあったろうに、敢えてそれを見逃している節もあるのでこのストレートさは素直に狙い通りのものと受け取るべきでしょう。ぐだぐださせないでまとめちゃった方が手頃ですし。紗凪がサブキャラなのはどうしようもない事ですね。

いちゃいちゃ分なら愛理、妹分なら桜乃、変態分ならみう先輩ってことでバランスよく楽しめました。

よかったところ
愛理のいちゃいちゃっぷりはまあ見事
わるかったところ
あまりにキャラ萌えゲー過ぎる

凝ったシナリオとかの複雑なものを求めず、手頃なキャラ萌えゲーを望むなら丁度いい一つになるかと。

ましろ色シンフォニー

アンジェエンドでコンプ。

メイドさんとは何なのか、という意味ではメイドさんのお話と言えるのかなと。いちゃいちゃ分でいうと愛理があまりに強烈すぎたのか特に目立ったものはなく、地味と言えば地味に感じますが、地味さ加減が丁度良いというのか。

母親とかもっと色々絡めてくるかと思ったのに、今回もあまり複雑にならないようテーマを絞るのは元々のコンセプトっぽい感じがします。

全体を通したものはまた後日で。

ましろ色シンフォニー

みう先輩エンド。

シナリオはおるごぅる担当ということで桜乃の言動が明らかに面白くなってるのはともかく、紗凪を絡めつつもシンプルに纏められてます。変にゴタゴタさせないで、紗凪を見守る立場に置くって言うのは一種の英断のような気も。

あと地味にエロ担当というか、やけに気合い入ってるのは流石ですね。

ましろ色シンフォニー

桜乃エンドと愛理エンドまで。

桜乃シナリオはちゃんと妹ものの醍醐味である背徳感をちょっとは出そうとしてくれたあたりは好印象です。とはいえ柔らかい、優しい表現ですが。

普段の反応が薄いので、くっついたらその反動でさぞいちゃいちゃしてくれるものだと信じて疑わなかったのですがどうもその辺も薄いというかわかりづらい。もっとストレートを投げてくれても良かったのに。

愛理シナリオは、凛々しく高潔であらんとする女の子は可愛くて格好良いよね、と。こういうのを安っぽいツンなんて言葉に帰着させたくはない。きちんと自分の信じた筋を守り、通そうとする姿はそんな上っ面なものじゃないんですよ。

そしてこちらでは、桜乃の方で足りなかったいちゃいちゃ分が一気に。ついて回る子犬っぽいのは元から好きなこともありますが、大変よろしい。

ましろ色シンフォニー

まずはましろ色から。順当に桜乃シナリオ途中まで。しにきすの妹とちょっと印象被りますが、あっちほどアグレッシブじゃないようです。

ましろ色シンフォニー 体験版

一通りのプロローグまで、な感じで。

ぱんにゃかわいいよぱんにゃ、はいいんけども序盤の掴みが肝心なこのジャンルの作品にしてはちょっと弱い感じが。