Tag Archives: ゆりね ~おねえさまがおしえてくれた~

ゆりね ~おねえさまがおしえてくれた~

ブランド: CAGE
光琉エンドと差分回収でコンプ。
密かに流行の兆しがみえている女装主人公ものです。が、そこは CAGE ですから百合などではなくてショタ。ボーイズラブだって標準装備という充実ぶりです (見てくれ上は、の話ですが) 。設定や背景が中途半端に重かったり何だかんだやりつつ入れるのは割と後半だったりそれでも卑語多めだったりとかの CAGE らしさもちゃんと押さえています。
というかですね、主人公の奈月の声が素晴らしい。正にまきいづみ時空。天然なのか意図的なのか、舌足らずだったり鼻に抜ける声だったり大人っぽい声だったり心持ち低めの声だったりを 1 キャラにここまで自然に織り込める人を他に知りません。頭を抜けるというか脳髄が融ける声だとは思ってましたけどここまで響くものだとは。ある意味新境地と思いきや、代表作と言っても良いぐらいにまきいづみの魅力が詰まっています。お陰で他のキャラが喘いでいるより奈月が喘いでいる方が遙かに萌えるという有様です。
ただ、まきいづみという特例要素があったにしてもショタを平然と受け入れられたのは自分的にちょっとショックでした。ふたなりとなら萌えるけどショタ同士は流石に……と線引きして生物学的感覚だけは逸脱していないと信じていたのにあっさり侵されました。どちらかといえば気持ちの問題だから見てくれとかの問題じゃないよねー、何て言えたのは遙か遠い日。引き込むのが上手いなあ CAGE は。

よかったところ
まきいずみ最高、だけかと思ったらショタでも萌えられる事に気付かせてくれました
わるかったところ
CAGE にしてはマトモすぎ

まきいづみ、ショタ、女装主人公、あたりのキーワードに引っかかれば買っとけと。逆に百合やおとボクのような女装主人公のラブコメ調学園生活を期待するならやめておくべきです。

ゆりね ~おねえさまがおしえてくれた~

ブランド: CAGE
ちゃんとした双子エンドと光琉シナリオ終盤で 9 割方終了。あとは選択肢回収とかのはず。

ゆりね ~おねえさまがおしえてくれた~

ブランド: CAGE
双子エンドと渚エンド。
雌雄を異にする哺乳類の端くれとして、一応は抵抗感を持っていたはずなのに気付いたら全く気にしてませんでした。さすが CAGE クオリティ。

ゆりね ~おねえさまがおしえてくれた~

ブランド: CAGE
紗耶香エンド。まさか CAGE 作品でちょっぴり良いシーンありましたね、なんてなるなんてっ。

ゆりね ~おねえさまがおしえてくれた~

ブランド: CAGE
おねえさまシナリオ途中。何だかんだと H シーン多い割に、未だ入れずに引っ張ってるんですよね。そんなことを感じさせないテンポの良さと卑語の多さこそが CAGE クオリティ。

ゆりね ~おねえさまがおしえてくれた~

ブランド: CAGE
カレンエンド。エロ、卑語、炉理、ショタが揃ったいつもの正統派 CAGE 作品ですね。垣間見えるバックグラウンドが妙に重かったりアレだったりするせいか、H シーン主体な構成でもシナリオが何となく気になってしまったりするのもいつもの作風。
途中、「おちんたま」という聞き慣れない言葉が出たのでぐぐってみると、どうやらそれなりに使われている言葉のようです。こんな言葉も知らない自分のあまりの一般人ぶりに涙が出てきちゃいそうです。
とりあえず次はおねえさまで。

ゆりね ~おねえさまがおしえてくれた~

ブランド: CAGE
作品の傾向でいえば、Rune よりは CAGE の方が好きだったりします。CAGE が、というよりは武藤礼恵シナリオ作品に代表される何とも言えない微妙さが好きなだけなんでしょうけども。
ということで引き続き女装主人公もの。ただしこちらはお姉さまが他にいる、平たく言えばショタものなわけですが。しかし今回は主人公だけあって、CAGE がこれまで培ってきた Boy’s ヒロイン (さながら「清純派 AV 女優」のように矛盾した単語ですね) の集大成のようなキャラです。手慣れてるだけにやっぱり上手いです。
特に、まきいづみによる声なんて見事の一言。かないみかとこおろぎさとみの区別が満足に付かない私でさえ聞き分けられる特徴的な声質と確立された演技力は、やはり中性的なキャラにも十分適応してます。多少の贔屓目は否定しませんけど。でも声のイメージから結びつけられやすい天然系キャラ以外の方が実は萌えるのは確か。
カレンシナリオっぽいあたりまで