Tag Archives: ウィッチズガーデン

ウィッチズガーデン (18)

遅くなりましたがさらっと纏め。

とりあえず一番目を引く、E-mote について。確かにぬるぬると動くのは新感覚だし、小首を傾げたりする動作は可愛らしいしたゆんたゆんと揺れるのも面白いのだけど、見慣れてしまうと殆ど目が行かず空気です。

実際、この程度の演出なら従来の立ち絵演出でも十分カバー可能なものでは。確かに独特ではあるのだけど、視線をコロコロ変えてまで見るほどのものでもなし。むしろ見れば見るほど、口パクとボイスのズレ、髪の動きの不自然さ (個別にオンオフが可能ではありますが) が気になります。もちろん試みとして面白いことは確かです。

お話。いつも通りキャラゲーですよね (終了) 。

誰も傷つかない不幸にならない悪い人なんているわけがない、そんなご都合ハッピーエンド世界はどみるのお家芸です。しかしだからといって、無駄に引き延ばして詰まらない話をさらに詰まらなくしてしまうのは脱力感しか得られない。

締めになるはずのトゥルーエンドのルートには幾つか盛り上げるべきポイントがあったはずなのにどれもこれもあっさりスルー、なら一体どんなオチを持ち出すのかと思えば……の脱力感は酷かったです。まさかラストのあれが一番盛り上がるシーンとか言わないでね、最初っから掌を全部明かしていてどう盛り上がれと。正に茶番ですね。

お話の駄目さ加減もあるけど、そもそも設定からしてさすがにファンタジー過ぎるところが大きいと思います。城塞都市型のテーマパーク、というかむしろ一つの行政区画ですという時点でもうツッコミどころが……普通にファンタジー世界にした方がまだ良かったんじゃ。

やっていて一番違和感があったのは「騎士」の存在。そういう役割のアバターってことまでは理解してますけど、だとすると騎士には当然、忠誠を誓う主君が居るはず。この街の騎士達は誰に忠誠を誓ってるんでしょう? 立場的には長老のお姉さん? だとしても全然そんな気配が欠片もないというか団長の下に集まったようにしか見えないわけですが。

それで騎士としてとか心構えがとか説かれても……いや貴方、それって騎士じゃなくて戦士だよね? ていう。日本人的ファンタジー観では、やはり騎士には忠誠とか主君っていうのがキーワードになると思うのですが。

そういえば、えくれあのルートって内容的に必要なのかなあと。どうせ入れるなら雪村姉妹の姉妹丼を入れようよ。

  • よかったところ
    • 涼乃さん可愛い
  • わるかったところ
    • ひたすら眠いです

ライターが誰であっても、どみるはどみるという実に分かりやすい一品ですね。そろそろ一皮剥けて欲しいところなのだけど。

ウィッチズガーデン (17)

あやりトゥルーエンド。

えー、これで終わりですか。色々思うところはあるので、ちょっと後日にまとめる時に。

ウィッチズガーデン (16)

あやりトゥルーの途中まで。

そろそろ結論に向けて解決策を出すためのネタ振りをして欲しいところだけどなかなか進まないなあと。というかトゥルールートでまで H って必要ですかね。

ウィッチズガーデン (15)

あやりトゥルーの 1 回目途中。

イベント CG になると、あやりってこんな顔だっけ? みたいな違和感がちらほら出てくるのは何でだろう。

ウィッチズガーデン (14)

えくれあエンド。

お話のネタ的には共通で、分岐してのオマケという匂いがひしひしと。オマケなら雪村姉妹の姉妹丼の方が需要があるだろうしそっちをお願いしたいのですが。

ウィッチズガーデン (13)

えくれあ 1 回目終わるところまで。放尿を浴びて喜ぶ主人公って……。

ウィッチズガーデン (12)

06/22 までで冷温停止。中盤に H シーン入れられると何かこう、やる気が削がれるみたいなのはあるよね。

ウィッチズガーデン (11)

続きを少し。

ここから何かするのだとは思うけど、他のルートを見る限り本格的に動くのはもうちょい先かな。

ウィッチズガーデン (10)

涼乃さんルート、と思ったらまたりり先輩ルートに入ってしまい、やり直してたら何故かあやりルートに。

なるほど、こうきたかって感じですが意外と面白くなりそうな気はします。でも何処かで見たような……は抜けないので、話の流れが分かりやすくてしかも予想しやすい、ある意味安心して楽しめる感じになるのかな。

ウィッチズガーデン (9)

りり先輩エンド。あれだけ脚、脚、と言っておいて足コキが無いとか舐めてませんか? お話はまあこんなもんだよね、というところで。

3 周目、ようやく涼乃さんの選択肢が出たところまで確認。やっと捗る。