Tag Archives: カルタグラ ~ツキ狂イノ病~

カルタグラ ~ツキ狂イノ病~

ブランド: Innocent Grey
通販特典の残りショートシナリオを終えてコンプ。
ただただ、惜しい作品としか言い様がありません。シナリオの骨格自体は良いのに肉付けの仕方がお粗末で、折角の素材を無駄にしてしまっています。そこさえ何とかなっていれば相当良い作品になっていただろうに実に勿体ない。
粗筋は書けてもそのバックグラウンドが書けない、キャラクタを立てられても深みを持たせられない、この二つで物凄く損をしています。たとえば主人公周辺のキャラ、「昔世話になった」「昔のちょっとした事件で知り合った」「古い付き合い」な感じで設定を一言で語るなよっと言いたくなるような薄っぺらさです。具体的なエピソードを入れる他にも、それとなく関係を匂わせる伏線仕込むとか色々方法や活用はあるでしょうに、そんなのは飾りですと言わんばかりの無視っぷり。お話しもこの調子ですから、語られる通りに動くキャラクタを想像できません。ところどころに抜けがあるような気がするってのもありますけど。
この扱いは同系統の他作品だと確実に真ヒロイン扱いになる由良も例外ではなく、話の中心にいるキャラなのに印象の薄いキャラになってしまっていました。立場的には凄く好きなキャラだけに、萌えるイベントが無いのもやはり勿体ないです。
一応は探偵ものといっても主人公が主体的に動くタイプではなく、むしろ巻き込まれてタイプです。なのでどうしても受け身や後手に回ることが多く、探偵ものの主人公らしい格好よさというものがあまり見えません。もう少し見せ場とか元警官を感じさせる行動とか取って欲しいもんです。
その他は基本的に水準以上のものです。彩色は素晴らしいし、Little Wing による BGM はサントラが出たら買ってしまうようないつものクオリティ、デザイナが噛んでるだけあってシステムデザインもそこそこ。気になるとすれば崩れた表情や体勢でやや違和感があるのと、戦後の雰囲気があまり漂っていないことぐらいですか。

よかったところ
粗筋やキャラは好きです、ただその魅力を存分に生かし切れなかっただけで
わるかったところ
もう少し主人公にも見せ場を

一番萌えるキャラが凛だったのは意外でした。

カルタグラ ~ツキ狂イノ病~

ブランド: Innocent Grey
今日は通販特典ディスクのショートシナリオ 2 つ。
特典ディスクの内容はショートシナリオ 3 編、スタッフインタビュー、壁紙、OP 曲「恋獄」のフルバージョン、デモムービーの高解像度版。ショートシナリオのうち 2 編は雑誌収録済み、オリジナルは 1 編で全て音声無し、壁紙は 3 サイズ用意されているものの jpg のみ。何というか、ショートシナリオの描き下ろし CG と「恋獄」のフルと描き下ろしっぽい壁紙ぐらいしか良さげなのが無いような。

カルタグラ ~ツキ狂イノ病~

ブランド: Innocent Grey
未見エンドと残り CG 潰してコンプ。
選択肢の数は決して多くないのに、何気ないものが後で効いてくるのがちと厄介です。

カルタグラ ~ツキ狂イノ病~

ブランド: Innocent Grey
最初からやり直してみたものの、残り CG がまだ埋まりません。残り 20 枚。

カルタグラ ~ツキ狂イノ病~

ブランド: Innocent Grey
とりあえずエンディング。
お気楽ハッピーエンドにはならない話だとは思ってましたけど、何というか燻ったものを感じました。未来に希望を持たせるという意図なら、何かしらの示唆ぐらい欲しいなと思うのは贅沢でしょうか。
CG の抜けは結構あるので別なエンドがあるのかもしれませんが想像しにくいです。

カルタグラ ~ツキ狂イノ病~

ブランド: Innocent Grey
02/22 まで。話が進むに従ってかなり複雑になってきたような。これは見え透いた設定だよね、と安心させてしっかり裏切っていたりとか。
でも最後はミステリーの基本にして王道の「犯人はヤス」になっちゃうんでしょうか。

カルタグラ ~ツキ狂イノ病~

ブランド: Innocent Grey
また途中退場エンド。そこそこ話は進んできてるのでオチの付け方にちょっと期待し始めてます。
サブキャラが殺されまくるのがちょっと何というか。

カルタグラ ~ツキ狂イノ病~

ブランド: Innocent Grey
思うままに進めてみたらバッドエンド。選択肢を選び直して 02/18 まで。
漸く面白さが見えてきた気がします。話自体はあまり進行してないのですけど。

カルタグラ ~ツキ狂イノ病~

ブランド: Innocent Grey
気付かぬうちに初音エンド、要は途中退場エンドです。
何となく面白そうなのにいまいち入り込めないのは、事件に関わってるとか調べてるとかといったものをあまり感じないからでしょうか。この手の話で序盤の盛り上げが弱いと後が辛い。

カルタグラ ~ツキ狂イノ病~

ブランド: Innocent Grey
02/07 まで。テキストに戦後の雰囲気とかそういう気配は全くなし。雰囲気ゲーとしてはちょっと弱い。
ところで数行ごとに「剛棒」「淫棒」「肉竿」「肉棒」「陰茎」と複数の呼称を使い分けているのは何故ですか。最初は「剛棒」で途中から「淫棒」「肉竿」、出した後は「肉棒」「陰茎」って意味わかりません。