Tag Archives: キミとボクとエデンの林檎

キミとボクとエデンの林檎

書こう書こうと思って先延ばしになっていたのでさらっと纏め。

いわゆる”男の娘もの”と”女装主人公もの”は似て非なるものです。求められる要素が微妙に違うという意味で。

女装主人公ものとしてはある程度基本を押さえているように思えるので割と気に入ってます。といっても、どちらかというと抜きゲ的な観点であることは否定しません。女装主人公補正とか夏野こおり補正とかかわいいは正義補正とか、かなりバイアスかかってる自覚はあります。

具体的には主人公自身が一番可愛くてヒロインを兼ねている、男装状態でも一応可愛い、H シーンは殆ど女装状態、全脱ぎとか男装とかありえない、というあたり。特に下着の差異について時折思い出してくれるのは何気に萌えます。

また構図にしても、ずり下げた下着やガーター、制服のスカラップ、胸元等の主人公の身体の一部や顔を入れて、百合百合だったりふたなりだったりっぽい空気を出してるのは素晴らしい。H シーンなのに主人公全裸とか男装状態とかやってたりする作品は大いに反省すべきだと思うので、この妙な徹底振りは嬉しい限りです。

が、ここまでやっておきながらどうしてか主人公は声無し。一応、双子のようにそっくりという設定なのだから夏野こおりの二役で良いでしょうに。

絵はぱっと見、練餡っぽさもあって可愛いというか割と好み。ただ、横顔に違和感があります。多分すぐに直るぐらいのものだと思うけど。

絵というと何故か CG 一枚だけ制服の袖模様とスカラップに彩色漏れがあったのが残念、というか直してくれるのかなこれ。

お話については、クリスマス公演の扱いの軽さとか全体的な起伏の少なさとかシナリオゲーとして見たら気になるところはあるのですが冒頭の通りバイアスかかってるので敢えてスルーで。

ただし不快になるほど酷い事も無く、下手に大風呂敷広げてないしボリューム的にもこんなもんですよねと。できればもうちょっと美味しいシーンを入れるとかの頑張りは欲しいと思いますけど。せっかく女装主人公、双子のようにそっくりな従姉、とさり気なく売れそうなキーワードを折り込んでいるのだし。謎の超展開ネタはちょっとアレでしたが。

  • よかったところ
    • かわいいは正義、半脱ぎは至高
  • わるかったところ
    • 主人公声無しなのが残念すぎでした

シナリオとか深く気にせず、萌えるポイントを明確にできるのなら女装主人公ものとしては割と良いかなと。FD が出ても妹とは何も無かったアレとかただ流行に乗っただけにしか見えないソレとかのよりは女装主人公ものとしては好印象です。

キミとボクとエデンの林檎

何となく超展開の匂いを感じて最後にまわしていた、かれんエンドでコンプ。

懸念が見事的中というのか何というか。なんでこういうネタを入れるのかなぁ、と考えるとやっぱりおとボクの影響ですか。何もそこまで見習わなくても良いでしょうに。

あと、イベント CG で袖口のチェック模様とスカラップの塗り忘れがありますね。あの模様が見えているのが好きだったというか萌えるだけに惜しいミス。

全体的にはシナリオ的な意味では特に見るべきところはないのだけど、かなり甘々に見てるので割と好きな作品です。

キミとボクとエデンの林檎

ゆきのんエンド。

ゆきのんかわいい、かわいいは正義。七海との分岐確定は選択肢たった 1 つだけだったようで。えろ担当キャラっぽい割にはちょっと足りない気もするけど半脱ぎ可愛い。

キミとボクとエデンの林檎

七海エンド。

琉奈が関わらないルートだと終盤は退場状態になっちゃうんですね。下手に関わらせても複雑になるだけだし仕方ないのだろうけど。

キミとボクとエデンの林檎

七海ルート終盤まで。

選択肢はゆきのん狙いにしたけど、どうも強制的に流された感じが。ルート制限そのものは良いんだけど選択肢と乖離しまくるのはちょっと。

キミとボクとエデンの林檎

諸般の事情でブランドデビュー作がそのまま遺作になってしまいそうなのが残念ですが、久方振りの期待できそうな女装主人公ものということで。

琴音エンドと琉奈エンドまで。なるほど、下手に広げすぎないというバランスを考えるとこのあたりが丁度良いのかな。特に大きな何かだけがお話のエッセンスでは無いと言うことで。

男の娘的に欲しいシーンは概ねカバーしているというか、むしろ主人公ボイスがないという最大の問題以外は目立つ不満は無し。ちゃんと制服姿のままで、とか本当によくわかってると思います。もちろんそんな簡単なことさえわかってない、流行に乗っただけのものの方が問題なのですけども。