Tag Archives: タペストリー

タペストリー

ブランド: light
詩、桜井エンドでコンプ。桜井はあまり期待してなかったりしましたが、予想したぐだぐだもなく後味良い終わりでした。詩さんは要するに三角関係やりたかったのかって感じだったのでちと損してます。
主人公が余命半年、ご都合という奇跡無しという設定からして泣きゲーっぽさが漂っていて、それだけで一種の拒絶反応みたいなのが出そうになりますがそこはそれ、今更鍵みたいなのをやろうとも思っていないようで、死に至るまでとその後の部分だけが半ば主題のような感じになってます。
そういう意味で、本来のテーマに一番近そうなのが一番蚊帳の外にいそうな部長だったのはちょっとした驚きでした。奇人変人のようなキャラなので有りだとは思いますが。逆に、一番近しい関係であるひかりシナリオがありがちな幼馴染みシナリオの枠に入ってしまったのが実に勿体ない。同様に詩さんも三角関係ものというところに強く引っ張られてしまってますし。
残る美那、桜井はどうせまた過去の傷が云々でトラウマではいはいなものだと半ば決めつけてましたが、ネタにしつつも拘りすぎず、はじめとの関係で描かれていてかえって好感を抱くような雰囲気に。
CG は 1920*1125 対応で特に不満はないものの、演出とか構図にもう一工夫欲しいです。吹き出しによるテキスト表示も本当に同じ形の吹き出しで、漫画のように台詞に合わせた変形とかはありませんし。そういえば、顔の陰の部分が青い色で表現されてるのは何でなんだろう。ぱっと見、かなり違和感あるような。
音楽は樋口秀樹なので文句なし。片思い日記帳なんて、歌詞含めて名曲。
システムは若干不安定さが見られました。極たまに真っ黒画面のままだったり、フルスクリーンとの切替時に落ちたり。あと、ロード画面でセーブデータの日付が確認できないのは非常に使いにくいので勘弁して下さい。

よかったところ
死生観を描くえろげってあまり見ないですよね
わるかったところ
セーブの日付が確認できないロード画面は最悪でした

設定からして微妙なので、広い心で受け入れられる人向けです、多分。

タペストリー

ブランド: light
詩さんルート終盤の続き。修羅場成分がもっと欲しい。

タペストリー

ブランド: light
多分、終盤あたり。ここまで来るとあとの流れは多分想像通りの筈。

タペストリー

ブランド: light
詩さんルートで 8 話だか 9 話まで。これ、ロード画面でセーブ日時とかの肝心な情報が出ないという仕様は何とかならんのか。

タペストリー

ブランド: light
次は詩さんルートで。

タペストリー

ブランド: light
ひかりエンドと遥海エンド。
ひかりルートは普通に幼馴染みっぽいお話になるかと思ったんですが、何かただひたすら精神錯乱状態だけだったような。あの終わり方とか見るに、主人公が錯乱する部分を主に描きたかったように感じます。
遥海ルートはやや意外というか、飄々とした人が飄々としている部分を突くのも何か珍しい。ちょっと纏め方はどうかとも思いますけど、漸くそれっぽい、ある意味ストレートなお話が出てきたかなと。

タペストリー

ブランド: light
次は普通そうなひかりルート狙いで。

タペストリー

ブランド: light
美那エンド。いつの間にかスキップしたとしか思えないワンステップ、美那の中で一体いつ、恋だと気付いたんだっけというところはフォロー無しでした。
ヤンデレ気味という断片情報でちょびっと期待してた修羅場については無し。ヤンデレと言うより、ちょっと度を超した依存ものって案配なので嫉妬とか修羅場とかを期待するのは程々にってとこです。

タペストリー

ブランド: light
9 話、無事ゆかり教育に。重要なイベントを一つすっ飛ばした感がありますが、それは後々わかってくる仕掛けなんでしょうかね。

タペストリー

ブランド: light
5 話まで、かな。各話毎にフラグを立てていくというシステムなんでしょうかね。
恐らくえろげ史上最高解像度の 1920*1125 対応ってのは、案外そう大きく変わるものでもないのだと思いました。確かに広さは感じますが、旧来のフォーマットが根付いてるのか見てくれが昔からの ADV スタイルだからか違和感なし。ただ、この広さを生かそうとしたと思われる立ち絵や吹き出しによるテキスト表現は、まだまだ改善の余地があるのかなと。
システムは毎度毎度の……じゃなくて、複数解像度対応と吹き出し形式対応のためにまた改良したようです。が、各機能にアクセスするためのインターフェイスは駄目駄目です。ボタンはアルファベット一文字のアイコンで円周上に配置される変形配列、何より瞬時にセーブの S かスキップの S かを判別できる人は希でしょう。Littlewitch のオサレシステムを学べとは言いませんが、もうちょっと研究して欲しいとこです。
特に、遠近感を出そうと拡大縮小した立ち絵と背景とのミスマッチはもう少し気を使って欲しかったです。立ち絵の動かしかたや背景との恐ろしいまでの一体感については、やはりすたじお緑茶に一日の長があります。