Tag Archives: チュアブルソフト

アステリズム -Astraythem-

三章とエピローグを終えて名月エンド、美々エンド、くーりんエンドの順でコンプ。

名月さん一筋、一途、と言われれば確かにそうなのだろうとは思うのですが設定上の制約とか都合合わせ的な収め方とか、ちょっと粗が目立つなと。

時間軸関係を図示してくれるチャートも、ぱっと見ではわからないチャートになっていくし。

美々は見るからに当て馬なだけあって、ご都合解釈しても無理がありすぎる勢いでまとめちゃってるのがちょっと。これじゃオマケ ED 扱いというべきか。

逆にくーりんエンドは上手く分け入った感じで、このぐらいなら別 ED ってことでちょうどいいと思えます。

悪くは無いのですが、ちょっとばかし ED が物足りない気がします。

アステリズム -Astraythem-

二章終わり。

全部お外でですかという突っ込みはともかく、期待通りに楽しめました。三章でさらに一捻りが入るのかな、と期待したいところです。

アステリズム -Astraythem-

二章途中。

やっぱり学園ものっぽい感じだからなのか、名月の側から好意を寄せられるという構図だからなのか、一章は何だったんだろうというぐらいに良い感じに。

アステリズム -Astraythem-

一章終わり。

ジェットコースター展開というのか、最初の山を登るのは遅いくせに越えたら一気にあれよあれよと進んでいくこの展開は正直どうしたものかと。もうちょっと、リアリティとは言わないまでも説得力を持たせるネタ振りを入れて欲しいです。

当て馬さんもあの扱いは本当に当て馬でさすがにちょっと可哀想というか。

続いて二章、名月さんが若返ったからなのか急に面白くなった感じが。

アステリズム -Astraythem-

07/28 まで。当て馬がそろそろ当て馬を自覚する流れかな、

伏線というのか、今後のシナリオが読めてしまいそうなぐらいわかりやすい見せ方をしてくれるので、それをどう裏切るか斜め上に越えるかが気になるところ。

それでも、1/2 summer よりは苦痛さを感じないのでこのまま進める予定。

アステリズム -Astraythem-

1/2 summer がちょっと辛いので、箸休め的に。番長出てきたとこまで。

今更ですが、いかにもよくいる適当な親友キャラと金髪ツインテールが付き合ってる設定になってて驚きました。サブヒロインかとばかり。

アステリズム -Astraythem- 体験版

体験版 1 終わり。

キャラ紹介的な導入部なのかな。

主人公は無愛想だけど鍛えていてまつろわぬ方々から人気、というだけで何故かヒロインが人質に取られて云々みたいな展開があるんだろうなあと思うのは偏見でしょうか。

姉ものということで気にはなる、気にはなるけど決め手にはまだ欠けるかな。