Tag Archives: ツンな彼女デレな彼女

ツンな彼女デレな彼女

ブランド: PeasSoft
アカネエンドでコンプ。まあ予定調和のお話でしたね。
幼少の砌に結婚の約束をしたけど引っ越しで別れた幼馴染み、手術の成功を願って結婚の約束をした幼馴染み、親同士が勝手に決めた許嫁、毎朝起こしに来る隣の幼馴染み、って一体何人幼馴染みがいて何人と結婚の約束フラグを立ててるんだと設定からしてツッコミ入れたくなるところが最大の魅力であり、早々に個別ルートに入ったかと思わせて他の幼馴染みに邪魔されて嫉妬したりと互いに足を引っ張り合う前半部分が一番楽しめる作品でした。他ヒロインの恋路を妨害するために、ものを隠したりするのは基本だよねっ! と言わんばかりのブラックな言動を割と平然とさせるところとか特に好きす。
その一方で個別ルートに入ると、ヒロインを空気にしてサブキャラの恋愛を応援したりだの譲り合ったりだのと保守的を通り越して誰が喜ぶんだよこれな展開だったり、あまりに普通すぎて印象に残らなかったりになってしまうのが残念です。料理の仕方によっては、ハーレムゲーの亜種として結構良くなりそうな雰囲気はあるのに。この中途半端なチープさが B 級どころの味なんでしょうけど。
キャラデザはちょっと、皆さん同じ表情に見えなくもないかなという気がしますがこれは多分慣れの問題かなあと。原画の人の同人誌は好きなんですが。やけに髪飾り、リボンとか紐の類をがお好きなのはちょっと知りませんでした。
音声は多分一番金かけてるんじゃないでしょうか。それなりにえろげやってりゃ誰でも一度は聞いたことはあるはずの面々で実力的には申し分なし、キャラ立てに一番貢献しています。プレーし続ける意欲を持たせる意味で、ここまで有効的に音声って働くものなのかと久々に実感してしまいました。
テキストは良くも悪くも特徴的です。何せ、H シーンを除く日常会話の 99% が会話文でモノローグだの情景描写だのがほぼ皆無。これは演じる声優もさぞ大変だったろうに。あと 2ch 系ネットスラングやコピペを中心としたネタがやや多めです。ああいうのはちゃんとギャグを書ける人が隠し味に使うから面白いのであって、そのまんまコピペネタで会話されても面白くはないんですよ、とか気になる人はちょっと辛いかもしれません。
CG や音楽とかは水準並み、演出はちょっと古臭いけどまあ普通、音声は金かけてる、と他作品をよく研究しているようでいて、会話文ばかりのテキストとかヒロインが空気になる個別シナリオとか、他作品とずれているちぐはぐさを感じます。

よかったところ
前半、フラグ立てまくったり嫉妬したりといった部分は楽しかったです
わるかったところ
普通に、とは言いませんが方向性はもう少し定めた方がいいかなと

無難とか普通ではなく、ピンポイントに楽しめる人向けです。

ツンな彼女デレな彼女

ブランド: PeasSoft
アカネルート途中。一番ストレートにものをいうキャラということで、好きな筈なんですがいまいちやかましい系のキャラ付けをされているので何となく最後になってました。

ツンな彼女デレな彼女

ブランド: PeasSoft
美里エンド。諦めきれずに告白されるのは一応、前振りとして繋がってたのか。とはいえ相変わらずの B 級テイスト、期待を微妙に外してくれるところに新たな発見がある……のかもしれません。

ツンな彼女デレな彼女

ブランド: PeasSoft
美里ルートで 17 話まで。なるほど、今回は周りの幼馴染みとかが諦めずに告白してくるのを返り討ちにしていくと。振るシーンってのは基本的に希少価値でステータスなので好きなんですが何かこう、主人公の態度が相手に失礼っぽく見えるなあ

ツンな彼女デレな彼女

ブランド: PeasSoft
美里ルートで 15 話まで。さて、今回はどうぐだぐだになるんだろう。

ツンな彼女デレな彼女

ブランド: PeasSoft
凪エンドと莉奈エンド。凪の方はまた定番のぐだぐだ展開ってやつですが、それなりに纏まっていた気はします。ちょっと長いですが。莉奈の方は双子の姉妹でぐだぐだもの。罵り合う修羅場ならまだしも、譲り合うタイプなのでちょっと刺激が足りず。

ツンな彼女デレな彼女

ブランド: PeasSoft
凜彩エンド。分岐は前半の選択肢でルートを絞り込んでいく感じのようで。
黒髪ロング、引っ越して別れた幼馴染み、結婚の約束とくれば普通ならメインヒロインだろうに、そんなのはザラというこの作品ではちょっと二番手ぽい雰囲気です。
凜彩シナリオは狙い所がかなり疑問な気が。どんなハーレムゲー仕様であっても、サブキャラ同士の恋愛を見て喜ぶ人は多分そう多くないと思うのです。それこそ漫画や小説のように十分な時間と描写で意味を持たせられるなら別ですが、えろげでこれをやろうとすると大抵失敗に終わってますし。ストレートに姉妹丼……じゃなくて姉妹での争奪戦でもやった方がまだ面白かったんじゃないかと。
実力に裏打ちされた演技力を持つ声優陣の力が大きいだけに、変に外してしまうシナリオでのマイナスが勿体ない。

ツンな彼女デレな彼女

ブランド: PeasSoft
適当に進めていたつもりだったのに、妹っぽい幼馴染みのつぐみエンドになったのは何かの啓示でしょうか。
H シーンになると、それまで皆無だった地の文が出てきました。書けるなら、他のシーンでも普通に書けばいいのに……。
ヒロインの半数以上が幼馴染み、しかも当然結婚の約束といったフラグを立て済みという、メインヒロイン属性をヒロイン全員に付けちゃいました的な発想は確かにありそうでいてなかった、斬新な設定です。しかも主人公は幼馴染みという関係を維持したいという逃げ口上の元に付かず離れず。一歩踏み込もうとしたヒロインがいたら他がそれを邪魔したり、一人が告白したら次々に告白してきたり嫉妬したりというのはやはり萌えます。まあ食傷気味を通り越して殆どそればっかじゃないかというぐらいな調子なのはちょっとどうかとも思いますが。
あと、上述のような前半のノリも関係するのかやけに腹黒いというかブラックな言動が結構見られます。誰かを選んだら進んで身を引くエロゲ的慎ましさを敢えて抜いてますよねこれ。
ちなみに個別シナリオそのものは、まあ何というか普通ですよねな感じです。

ツンな彼女デレな彼女

ブランド: PeasSoft
猟奇 2 とどっちを先にやろうか迷ったんですがまあ雰囲気だけでも掴んでおこうとインスト。5 話まで。
まず全体的に数年遅れてます、というか古臭い演出が幾つか見られます。一日の始まりにカレンダーが出るとか、時間経過をアナログ時計のアニメーション (しかも遅い) で表現したりとか、各話ごとに OP / ED ムービーが流れたりとか。確かに数年前にちょっと流行った気がしますが、最近は少なくなってませんかね、こういう演出。
最大の特徴にして問題なのが、シナリオが殆ど会話文主体でいわゆる地の文、モノローグとか情景描写の類が皆無に近いって今時どうなんですか先生。ネットスラングを交ぜたりするのはギャグと思いたいですが、ネタが下品だったりすると、ああ主人公は鈍感なだけじゃなくて頭の弱い人なんですねとしか見えないんですが。
といった不満点とか問題点はかなり気になるものの、何処の結婚詐欺師だと言うぐらいにあちこちで結婚の約束をヒロイン達としていたり、そのヒロイン達が互いに足を引っ張ろうと権謀術数……とまでは言えない邪魔を仕掛けるのを見るのは正直楽しいです。