Tag Archives: パルフェ ~ショコラ second brew~

パルフェ ~ショコラ second brew~

ブランド: 戯画
里伽子トゥルーエンドとノーマルエンド。昨日のはただのバッドエンドだったようで。で、攻略見ながらかすりさんのノーマルエンドを見てコンプ。
評判良いだけあって、全体的にそつなく纏まってます。前作「ショコラ」のセルフパロディなようでいて、前作至らなかった部分をきちんと直した正統後継版。既読イベントは発生条件とルートまで明示する移動先選択画面、開き直ったかのようなイベントリスト、捨てキャラ・外れキャラを作らない配慮、選択肢はほぼ無しの明快仕様、ここまで来るとあとはシナリオ勝負になってしまうのにそこも抜かりなし。ケーキ喫茶が舞台のくせにケーキの CG は一枚も無し、はいつものご愛敬ってことで。
目立った欠点はないものの、特に突出した何かも無いのが敢えてあげられる欠点かもしれません。合格点を 20 点は越えているけど満点ではない、とヲタが好みそうな曖昧な言い回しで評したくなるようなそれです。「家族」との関わり方が話題に出たりしても、それがメインテーマになったりすることはありません。端々で彩りを添えてるなって感じです。
その無難さ故か、シナリオについてはほぼ全員満足いくものでした。そりゃ細かい不満はそこそこありますけど、あからさまな捨てキャラっぽい適当なお話しにならないだけ偉いものです。
まずメインの由飛はお気楽天然系と見せかけつつ実はなギャップを生かそうとしたものの結局は玲愛に食われ気味、そのツンデレ玲愛はツンが丸くなるのがやや性急 (元からツンが弱めというのもありますが) 気味。恵麻さんの甘やかせたがりの姉というキャラクタは多分というかほぼ確実に秋桜系の流れを汲んでいそうですが、あちらは軽妙にして諧謔の効いたテキストと相まってこそ出た味です。甘やかせの姉ってだけではちょっと弱いし、兄嫁という何処かのえろげのタイトルな設定もあまり活用されなかったのはちと残念。明日香は緩衝材キャラとして充分機能していて文句なし。かすりさんは耳年増のお姉さん、というキャラが生きていたのは前半部だけで個別シナリオに入ると普通の人になってしまったような。ていうかキャラ被ってるし。お姉さんネタ担当が恵麻さん、耳年増ネタ担当が明日香となってしまったのが敗因でしょうか。
ラスボス里伽子は前作で言えば香奈子さんネタ担当てことで見事なラスボスっぷりでした。一番痛いところ、それもどうしようも無いところをつっついてくる展開と、最後にはちゃんとハッピーエンドなところは変わらずです。ただノーマルエンドは果たして付ける意味あったのかどうかだけはちょっと気になりました。
声の方も、突出して上手いとかそういうのは無しでだいたいイメージ通りってとこかと。あ、前作でも思いましたけど男性キャラの声だけが妙に浮いてるように聞こえちゃいます。無駄に芝居がかってるとかでしょうか。
原画は三歩進んで二歩下がった……かも。褒めてんだか貶してんだかわかりませんが一応、褒めてるつもり。

よかったところ
ショコラの正統進化、もしくは後継版
わるかったところ
合格点は狙えても満点は狙えない今一歩さ、強烈に訴える要素の無さ

特に大きな不満はないし、ほぼ全員読めるお話だったし、制服とか押さえるべきところはほぼ完備してるし、と良いところは多いので少なくとも外れではありません。逆に、大当たりとまで思わせるほどのものもちょっと……まで求めるのは贅沢か。玲亜シナリオのベランダからの一連の流れはそりゃ 5 本の指に入れたくなるぐらいの名シーンぶりでしたけど、だからといってその一点だけで全体をどうこう言うのもちょっとアレですし。
喫茶店もの、ツンデレ、ちょっと痛いけど最後はハッピーエンドなお話し、といったあたりがキーワード。特に前作が嫌いでなければ、諸設定変更版ショコラとしても楽しめるので損はないと思います。

パルフェ ~ショコラ second brew~

ブランド: 戯画
恵麻さんエンドと里伽子ノーマルエンドというかバッドエンドのようなもの。恵麻さんの方は何だかんだで誤魔化されたような気はするけど、シスコンとブラコンと割り切ってしまえば良いだけか。落としどころは悪くないです。
里伽子の方はさすがラスボス、そつなく無駄なく手強い展開でした。

パルフェ ~ショコラ second brew~

ブランド: 戯画
恵麻さんシナリオ。立ち位置というか、シナリオへの過程が何というかアレかなあとか思ってしまうのは拘りすぎでしょうかね。

パルフェ ~ショコラ second brew~

ブランド: 戯画
明日香エンド。
定番通りなお話しになるかと思ったのに全く違いました。示されたのは切欠とその結果、抜けている部分は全てこれまでの何気ない積み重ねで補えちゃいます。あまり見ない構成ですが、こういうのも有りなのだなと。

パルフェ ~ショコラ second brew~

ブランド: 戯画
明日香シナリオちょびっと。
やっとというか今頃というか、シナリオの共通項っぽいのに漸く気づきました。方向性というほど強くは感じませんが、無個性・無味乾燥・人畜無害なだけの主人公よりは面白いです。
平たく言えばただのシスコン主人公でも。

パルフェ ~ショコラ second brew~

ブランド: 戯画
由飛エンド。
無難にして奇を衒わない王道が求められるのがメインヒロインのシナリオです。由飛もそんな御多分に漏れず、天然お馬鹿系キャラを装いつつラブコメもしっかりこなすメインヒロインっぷりでした。
教科書通りに済まされる大多数のメインヒロインシナリオとちょっと違うとすれば、本作に於ける家族ネタがしっかり織り込まれていたことです。たったこれだけで趣も完成度も一味違って感じられるんですからつくづくやられてます。
ずっと気になっていた ED の謎も解決。

パルフェ ~ショコラ second brew~

ブランド: 戯画
「男の胸に飛び込むにも、身だしなみってもんがあるのよっ!」
玲愛ノーマルエンド、由飛ノーマルエンドときて玲亜トゥルーエンド。金髪ツインテールにツンデレって強そうだなあとは思ってましたけど。
いやもう凄いの一言。負けました。全てを詰め込んだベランダからの一連の流れは神の御業かと思うほどの見事さです。ツンデレを性格反転と履き違えた派生系も見受けられる中、ツンとデレの絶妙なバランスを終始保ったツンデレぶりを見せつけつつ、そこを最大限且つ的確に突くシナリオで何処に文句を付ければ良いのやら。イベント CG の一つに原画中のコメントが混入していることなんて些末なことと思えてきます (できれば修正願いたいですが) 。
H シーンのテキストも期待を裏切らない見事なものです。というか、H シーンでの「会話」って案外少ない気がします。卑語でも嬌声でもト書きでも定番台詞の応酬でもなく、独特の色ボケた会話こそが最も難しくまた最も萌える要素の一つと考える私には強烈すぎました。玲愛かわいいよ玲愛。
恋愛ものだったら一番力を入れろよって感じなのに、どうも嬌声主体でルーチンワーク臭さ溢れる描写の作品が多い気がします。恋愛ものでも卑語を入れる作品だと台詞を一応考えてる分 (ネタ的に) にまだ読めますがそうでないのは睡眠誘発剤でしかないような……とか思うのは知らぬ間に年食ってしまったからか。
と書いてから、最近の恋愛ものが単純にギャルゲ化してるだけってことに気付きました。カットされる運命にあるんだったら適当にもなるわな。

パルフェ ~ショコラ second brew~

ブランド: 戯画
恵麻さんノーマルエンド。多分かすりさん狙いのはずだったのに中途半端にイベント消化してしまったせいです。
二周目は無駄なイベント発生を避けてかすりさんエンド。一度みたイベントはマップ画面で種類から発生条件までちゃんと出る、前作とは天地以上の差があるユーザフレンドリーっぷりに驚きました。
今回はマップ移動のある前半が前振り、ルート決定後がメインな構成です。雰囲気で言えば横の繋がりが見える前半部の方が好きです。後半も一応及第点レベルではあるのですが。

パルフェ ~ショコラ second brew~

ブランド: 戯画
12/23 まで。やっぱり期間はもうちょいありそうな雰囲気が。

パルフェ ~ショコラ second brew~

ブランド: 戯画
12/18 まで。クリスマスがポイントになりそうなのはお約束、でいいとしても年末年始を越えるのかはちょっと怪しげ。
個別シナリオに入った感じが全くしません。