Tag Archives: ヤミと帽子と本の旅人

ヤミと帽子と本の旅人

ブランド: ROOT
初美エンドとリリスエンドでコンプっと。落ち着きが無くて早合点してしまいがちな私にはちと難しいです。正解・不正解をもう少しはっきりとしてくれないと。
コンセプトは面白いと思いますよ。終始、軽い調子で楽しめてクリアするだけならそれほど時間もかからないお手軽なお話、そして何より既に実売 4 k 切りというコストパフォーマンスの高さ。イメージサントラも素晴らしい。
これであとは、ネタにした作品群が順調にリリースされれば良いのですが。

ヤミと帽子と本の旅人

ブランド: ROOT
未回収の CG は結構あるのに埋まりません。基本的に一本道、選択肢自体も少ないのにどうしてこう詰まるんだろ。

ヤミと帽子と本の旅人

ブランド: ROOT
エンド。何エンドかは謎。児童文学"的"な文学作品かのような纏め方。BGM を基本的に廃し、常に (えちも含めて) 会話主体で語られる"おはなし"。と、体言止めの多用はよろしくないですね。
環境音の狭間でたまーに流れる BGM って何処か、いや言ってしまうと顔月で聞いたような覚えがあるのは気のせいか聞き間違えのどっちなんでしょ。手としては許されそうだからそれも有りかな。
こういう異世界ものは数あれど、世界の行き来に意味と面白さを持たせてまたその外側にまで拡張させた世界観をも巻き込んだお話ってのはそうそう無かったかと思います。長すぎず短すぎずのお話を上手く分けて、また謎解き繋がりで構成してるのが良いです。でもこの作品のネタってあと 1 年ぐらい後でやった方がずっと面白いんじゃないかとも。殆どがまだ出てない作品じゃ見覚えのあるキャラを見て笑みを浮かべるという楽しみがありませんし。さらっと世界を覗き見するのもまた面白いもんですけどね。
ただ不安なのはまた顔月のように後で完全版とか出るんじゃないかということ。作品的にはずっと完成されてて、幾つかの実験的要素も概ね成功してるので可能性は薄そうですがフルボイスではないというただ一点がどうも気になります。世界の雰囲気が良かっただけに全キャラにボイスは欲しかった。
初回特典のイメージサントラは見事に好みでした。こういう西洋的だとか民族的なのは大好きです。

ヤミと帽子と本の旅人

ブランド: ROOT
中盤か終盤? ざっと全体像が見えてきてアイテム集めに奔走中。複数の異世界を渡り歩く系の作品にしてはちゃんとそれぞれに関わり合いを持たせて、無理なく存在させているのは印象良いです。行き先や重要な決定をプレーヤにさせないお話主導型の構成だから好きってのも勿論あります。
にしてもまだまだネタの肝心なとこは伏せたまんま。

ヤミと帽子と本の旅人

ブランド: ROOT
銀河鉄道の夜? じゃないけども、星々瞬く大海を汽車で渡るというのは人類普遍の夢なのか単に視覚的に映えるというイメージから来るのか。雰囲気は明るめ、会話も軽快で飽きない程度の面白さはあります。先が見えないだけに後半でのネタ収束の手法に期待しておきます。