Tag Archives: ヨスガノソラ

ヨスガノソラ

ブランド: Sphere
瑛エンドでコンプ。久々に 1 本、コンプした気がします。最後のケリをどう付けるのかが気がかりでしたが、まあこういうちょっとした一歩て感じの方が雰囲気的にも有りなのかなと。
最後にもう一度、穹シナリオをスキップしつつやり直してみました。流してみると、やはり他シナリオとは別人じゃないかと思うほど浮いてる感がちょっとあります。序盤からアクセル全開に近いのは良いとしても、その切っ掛けになる部分にはもうちょっと尺を割いて欲しかったような。
とはいえ穹シナリオの見所は、穹のデレっぷりと近親姦という背徳性。穹が攻勢に出たところからの一連の流れは文句なし。徐々に、しかし確実に詰めていく穹の一手一手が素晴らしい。世間様じゃヤンデレと評す声もあるようですが、兄を振り向かせるために世界をやり直したり外敵を排除したりする妹が基準になってると普通に可愛い言動にしか見えないんですがまあそこは好き好きで。
妹ものとしては基本中の基本でありながら、その踏み込む度合いには差異が見られる背徳感云々は、広く浅くを心掛けるならここら辺が目処であり限界なんでしょう。なので後ろ指を指されてこそ萌えるて人以外は要注意。ただここまで描写したのなら、最後までもっときっちりして欲しかったとは思います。世間様、というか友人達への告白は一番美味しいところだろうに。
一応、重要なキャラなのに散々な言われような気がする奈緒は、何かもう穹シナリオの力の入れようと比べると余りに不憫。やり過ぎても同情を誘うようで痛いキャラになりそうですが、言ってることとやってることが余りにも乖離しすぎ。修羅場シーンじゃある意味、穹の引き立て役ですし。
お嬢と瑛、メイドさんは可もなく不可もない、テンポの良さも相まって読みやすいお話だったかなと。メイドさんはギャグキャラとしてみればいい人ですし。

よかったところ
中盤、病的なまでに一途な穹は最高でした
わるかったところ
CG がもう少しあっても良いよね

色々と不安な風聞があったものの、穹に関しては期待通りだったので十分満足できました。

ヨスガノソラ

ブランド: Sphere
瑛ルート途中。やっぱり伝奇ぽいお話にはならないようでした。

ヨスガノソラ

ブランド: Sphere
ラストは瑛ルートで。色々と裏にありそうでいて、実は何もありませんでしたオチが付きそうな予感がもうしてきました。

ヨスガノソラ

ブランド: Sphere
お嬢エンド。うん、振り返ってみたらなんでお嬢がハルを好きになったのかよくわかりませんね。

ヨスガノソラ

ブランド: Sphere
お嬢シナリオをまたちょびっと。あの CG はこのためのものだったんですねー、何て紛らわしい、てのは難癖か。

ヨスガノソラ

ブランド: Sphere
お嬢シナリオの続きをちょびっと。まあこの展開になりますよね。

ヨスガノソラ

ブランド: Sphere
奈緒エンド。敢えて一番不人気のメガネを三周目にしたのは当然、穹との修羅場を拝むため。
一応、穹は期待に応えてはくれたのですが、育ちの良さか情緒不安定さか、臓腑を抉るような腹黒い攻撃はなかったので修羅場としては大人しい方かなと。どうにもこう、駆け足っぽくやっつけぽい感じが。いや空鍋やれとは言いませんけど。
メガネさんは色々不人気ですが、過去の行動云々よりも、いわゆる不幸属性キャラの割に背景の描写とかで不遇な扱いを受けているだけな気がします。穹の存在が大きすぎて割を食ってる……て程、穹が絡むわけでもないので、単にシナリオの不備って感じかなと。
次はお嬢で途中まで。

ヨスガノソラ

ブランド: Sphere
一周目はメイドさんな初佳エンド。狙った訳じゃなく、出てくる選択肢を全てネガティブな方を選んでいったらこうなったと。まあ穹ルートは一周目から不可だというのは半分予想通り、体験版部分をプレーしていた時点で残り半分確定ってとこなので仕方ないですが。
残りキャラというか限りなくサブキャラに近い人ですが、駄目駄目なところ含めて愛すべきサブキャラ……いやヒロインと思うのですが。ラストでもう少し決めて欲しかった気もしますけど、変に決めてしまうキャラでもないなと思えばあれもありか。
そして二周目は大本命な穹エンド。はい、もうこれで 9 割 9 分、元は取れました。実妹、依存、ツインテール、その他諸々の纏う記号の多さで発売直前になって話題をかっ攫ったのでポテンシャルは十分、あとは妹ものとして何処まで踏み込めるかが勝負の分かれ目でした。
キモウトって程はっちゃけてはいませんが、その片鱗を感じさせる程度に様々な姿を描いたのは及第点。特に中盤の盲目的な依存という攻め込みは反則的なまでに凶悪。お話はこの手の基本中の基本で典型的とも言える、お天道様から逃げた二人だけの世界じゃ社会でやってけませんよなものでしたが、人並みに悩んで人並みに堕ちて人並みに手を取ったというそんな流れが良いものでした。あと委員長が何気に美味しいところを。
穹ルートが終わってしまったので残りに期待できるのは、メガネと穹の修羅場、色んなものを見ていそうな巫女、その巫女とのただならぬ関係が噂されるお嬢ぐらいか、て何気に残りキャラ網羅してました。特に巫女はキービジュアルに起用された意地か企画当初からのメインヒロインの名残か、色々ありそうな気配がそこはかとなく漂ってます。それもこの手の、祭神の名前付きで神社とか巫女とか出てくる作品にありがちな展開の匂いが。