Tag Archives: リトルバスターズ! エクスタシー

リトルバスターズ! エクスタシー

どちらかといえば備忘録的にまとめ。

前半の日常描写をミニゲームで補うというスタイルは楽しめるかどうかなのでしょう。単純なバッティングと武器を適当に選ぶだけの自動進行バトルランキング、あとはイベント毎に幾つかというもので、イベント毎の単発になる後者はともかく毎日付き合うことになる前者の方は楽しめないと苦痛になります。

ミニゲームのオンオフで特に大きな違いが出るわけでも内容なので、さっさと見切りを付けて耐えられないと判断したらオフにするのが正解。シナリオ構成上とフラグの都合で何周もする必要があるので、リプレイでどうせオフにすることを考えると早めにやった方が得です。ちなみにオンからオフに切り替えると当然、その部分で未読扱いのテキストが入るので既読スキップが止まります。

沙耶ルートの方は目的意識があるだけまだマシでしたが、これも単純故にちょっと後半で邪魔に思えてきたりも。沙耶のツッコミテキストもあるし、オマケ的なエンドのために一応オンでやっても良いかなと。

CLANNAD 並に複雑なフラグ管理をしてくれてるようなので、ちょっとしたフラグ違いで一言二言、もしくはそれ以上のテキスト差分があります。これもキャラが好きなら頑張って程々に読む感じで。といっても自分はクドのルームメイト違いで進めたぐらいですが。

お話は、後半になるといつもの鍵ゲー節……だと思いますが、色々手を伸ばすというのか手広く色んなネタに手を出したような感じが。カラー的に、ああいうネタはあまり書かないんじゃ無いのかというイメージがあったからかもしれませんが。

お話の好みだと沙耶、佳奈多、美魚ってあたりですか。沙耶はまさか、追加キャラなのに力入れてくるとは思わなかったこともあってやっぱり好きですね。

逆に鈴のイメージがどうにも薄いのが困ります。もちろん存在感はちゃんとあるのだけど、どちらかというと恭介たち男キャラと同じ意味での存在感で、メインヒロインなのにそのイメージはどうなんだという微妙な違和感みたいなのが。

  • よかったところ
    • いつもの鍵ゲーってことで。鍵のイメージっぽく無いネタにも手を出していたような感じがします
  • わるかったところ
    • 前半のミニゲームと日常シーンがどうにも。あとイベント回収で何周もする構造は、もうちょっとすっきりさせる工夫があっても良いような

予想以上に手間と時間を食われましたがそれだけのことはあったかなと。敢えてこの世界観を、鍵がお話に使った意味は何気に大きいように思ったりします。次作ではどうやって奇跡を起こすんでしょうかね。

リトルバスターズ! エクスタシー

スクレボエンド、筋肉エンド、ルームメイト違いでクドルート 2 周までやってようやくコンプ、のはず。

ルームメイト違いは差分としては大したものじゃないけど、ちゃんと後半で影響しているあたりは細かい。こういう手間の掛かる小ネタは大変だろうに、全体のフラグ管理の複雑さから見ると楽な方なのでしょうかね。

さすがに多様なフラグに応じた全テキストまでは制覇しようとは思わないのでこれで終了になるはず。

前半ではあまりのオーラの無さというのか、ミニゲームがどうにも馴染めなくてアレでしたが後半はいつもの鍵です。前半のミニゲームは楽しみたい人だけ楽しんでというスタンスに見えることもあって、どうもこうもにょっとするものが。

鈴は全体として強い存在感があるのに、メインヒロインとしては何故か目立たない印象が。もっと目立っても良いはずなのに何でだろう。沙耶の登場で元々少なかったメインヒロイン的な部分を殆ど持って行かれた気さえします。

リトルバスターズ! エクスタシー

鈴ルートとクドルートをやり直してイベント回収。

なのにまだ見れてない CG があるので攻略頼ってみると、どうやら選択肢の方向性で
微妙にテキスト差分があるルートなんてのがあるんですね。沙耶ルートをもう一周するのは精神的に厳しいものが有りますが進めてやっと CG 100% 。

このお馬鹿さんなルートのテキスト差分はそう多くないものの、やっていて面白いとは思うので続きと他のオマケエンドも一応ざっとやりますか。

リトルバスターズ! エクスタシー

佐々美エンド。ある意味、いかにもなシナリオ追加キャラシナリオ。別に手抜きとかじゃなく、ちょっと本編から離れつつも関係している外伝的な匂いというのか。

普通に選ぶと気付かない選択肢にちょっと悩まされてイベント回収。単純すぎても面白く無いのは分かるけど、駄目な選択肢に見えて実は正解ってパターンは難しい。

リトルバスターズ! エクスタシー

あとは佐々美さまだけのはず、ということで何周かしましたがルートに入るための糸口さえも使えない有様なのでついに攻略を頼ることに。選択肢が多くなるとやはり、「これはこっちを選択して当たり前」みたいな固定観念が根付いてしまいますね。

切っ掛けだけ掴めたので以降は攻略無しで。

リトルバスターズ! エクスタシー

沙耶エンド。追加キャラというと、優遇されたとしても何処か疎外感 (と言う名の違和感) のある存在で外様的な印象を受けるものなのに、むしろそれを逆手に取ってきた上に力入れすぎてませんかこれ。

ギャグとはいえちょっと姑息なプレー時間稼ぎのようなのはともかく、まさかこうも本気出してくるとは。良い意味で前半と後半のイメージが変わりました。

やや特殊なルートではあるけど、その特殊さがかえって上手く働いてるのですかね。他キャラルートのミニゲームには意味を感じなかったけど、沙耶ルートのはちゃんと意味と目的がある。この手が使えるのは沙耶ルートだからだとは思うけど、ミニゲームに飽きることが無いこともあってか予想以上に印象良いです。

で、続いて佳奈多エンドも。シナリオ上、他のキャラと被るところもあるだけにどうやって補完するのかと思いましたが無難に上手く穴を塞ぐ感じに。やはりこういうタイプは後付け感が薄いというか殆ど感じません。

リトルバスターズ! エクスタシー

ようやくトゥルーエンド、のはず。

それっぽい伏線は終盤で色々ありましたけど、なるほどねと。いまいち、ミニゲームの面白さに気付けなかったので鍵も試行錯誤してるのかなと不安になりましたけど作りとしてはやっぱり鍵ゲーですねと言える安心感。

こういうタイプだと当然、追加があるという予想通りに個別エンドの未読も解消。来ヶ谷さんが一番わかりやすいですね。

あとはルート回収ってことで、EX での追加キャラ? なのかはよく知らない朱鷺戸さんルートに入ったところまで。

リトルバスターズ! エクスタシー

狙い通りに鈴バッドエンド、と見せかけてあとは最後のネタバラしルートというパターンのようで。

続けてやる気力ももう無いので明日以降に。

リトルバスターズ! エクスタシー

再度の鈴ルート途中。所々で差分があるのでなかなか進まないのは良いとしても、この行動の違いは妙に違和感が。いやどっちが本来のものなのかもよくわかりませんけど。

リトルバスターズ! エクスタシー

来ヶ谷さんエンド。

何処かで見たようなオチですねこれ。まだいまいちわかるようなわからんような、って感じですがこれでやっと本筋に入れるらしいのでそろそろ終盤か。