Tag Archives: レコンキスタ

レコンキスタ

ブランド: コットンソフト
サブエピソードを拾ってコンプ。
雰囲気から抱いた印象やイメージ、つまりホラーとかサスペンスとか伝奇といったものは殆ど期待できませんでしたが (何せ首狩り女に神秘性がないし) お話しとしてはよく纏められていると思います。
ここでいう纏まっているというのは勿論、ちゃんとサブキャラの一人一人にまでその存在意義と目的がちゃんと描かれ、生きてお話しに関わってるという意味。非日常への足掛かりとしていきなり殺されるだけの人もいましたが、その死にも意味があることを思えば無駄ではないでしょう。
決して珍しいお話しではないものの、全体に漂う優しくももの哀しい雰囲気と広げた風呂敷を綺麗に折り畳んだ構成は良いものでした。
スタッフルームにやけに客観的なコメントを寄せていた (いや事実そうなのでしょうが) 片岡とも氏も言ってた気がしますが、建前上は二作目となる作品のジャンルとしてはやや意欲的に過ぎるかなと。蓋を開けてみれば全くそんなことはないのですけど、見た目の印象としては (口コミなどの起爆剤がない限り) 売れにくいジャンルですし。
保守に走れば凡庸と罵られ革新的な道を選べば一般受けしないのは世の常、だからこそこの匙加減をどう付けるかが腕の見せ所なのでしょうが、どちらも中途半端になってしまった印象を受けてしまいました。
構成としては、基本となるお話し一つを全体で共有する形を取り、選択肢や選んだ視点で分岐してゆく多視点型の ADV 。ただし視点選択ができるのはプロローグ、それも主人公二人のみで、あとは進行に応じてころころ変わります。ただしよくあるイベント重複とかの無駄はできる限り排除されているので、何度も同じテキストを読まされる苦痛はありません。
CG については概ね水準並みかと思いますけど、汁についてはもう帰っていいよというか石鹸の泡かと思うぐらいのやる気無さです。

よかったところ
最後のトゥルーエンドで救われた気がしました、あともみじ可愛いよもみじ
わるかったところ
さして追い詰められてもいないのに自供する犯人とか笑うところでしょうか

書き忘れてましたが北都南ゲです。ほぼ全編に渡って北都南ボイスを聴きたいならやっとけと。冒頭の通りサスペンスものではないけど萌えゲってほど睡眠誘導成分を含んでいるわけでもないので、このどっちつかずな中途半端さ加減に対する許容とお話しそのものに対する好き好きが評価の分かれ目でしょうかね。

レコンキスタ

ブランド: コットンソフト
取りあえずトゥルーエンドに。あとは選択肢潰しとサブエピソード。
最後の最後で漸く、ハッピーエンドらしいエンドになりました。いささかご都合過ぎやしないかってのはともかく。

レコンキスタ

ブランド: コットンソフト
詩菜の別エンドがある気配は無さそうなので次の章に。

レコンキスタ

ブランド: コットンソフト
詩菜エンド。遂にこう来たか、と。どうあっても普通に終わらせる気はないという一種の心意気のようなものを感じますね。

レコンキスタ

ブランド: コットンソフト
信哉視点の二周目。真帆子の方は無事なんですかねこのルートだと。

レコンキスタ

ブランド: コットンソフト
真帆子エンド。何というか救われないお話しですね。

レコンキスタ

ブランド: コットンソフト
麻咲エンド。予想の範囲内ですかね。
三周目は信哉視点で。
にしてもこのタイトルってまさかイベリア半島の失地回復運動に因んでたりするんでしょうか。ニュアンスは何となくわからんでも無いにしても原語の意味は再征服だからまた違うような気も。

レコンキスタ

ブランド: コットンソフト
暮葉エンド、なんですかこれは。OP後は槙野視点固定になって辿り着きました。
幾らえろげとはいえ実の娘を手にかけるとは何と鬼畜なとか期待してたつもりはありませんでしたけど、本当に何もないまま終わりましたね。あったらあったで多分困りますが。よくある、肝心なところは何もわからないまま迎える一週目エンドって趣でしょうか。追い詰められたわけでもないのに自分から名乗り出る犯人とか、盛り上げておいてそれかよとか反応に困るシーンには目を瞑って二週目行ってみます。

レコンキスタ

ブランド: コットンソフト
OP ムービーを越えると漸く面白くなってきた、のか?

レコンキスタ

ブランド: コットンソフト
やっと OP ムービーまで。