Tag Archives: 乙女理論とその周辺

乙女理論とその周辺 (12)

思った以上に楽しめてしまったおとりろと釣り乙アフターをまとめてさらっと。

妹ルート追加という時点で大した期待はしてなかったのですが、FD でははなく続編、そして続編と言うよりは完結編に近いノリで十分楽しめました。前作ではあまり深くは触れられなかった大蔵家や衣遠兄様周りをメインに置き、そこにりそなを絡ませる事で上手く纏まってます。

りそなシナリオは次から次へと新たな展開を持ってくるのが面白く、止め時が見つからないほど。なのでやるなら一息にやりたいものです。相当に長いですが。

新キャラはキャラクタとしては凄く良いけど、シナリオとしては明らかにりそなより格下の扱いです。りそなに注力するのは仕方ないとしても、どうも締まりきらないオチ、あからさまに伏線っぽいのを残した「本筋では無い」終わり方がどうにも惜しい感じ。

むしろ特筆すべきは御大の絵が随分と垢抜け、癖の薄れた普通に可愛いレベルに進化していること。御大っぽさは勿論あるけど、だんだん御大の絵に見えなくなってくるんだから不思議です。なんでこんな急に変わったんだろう。

釣り乙アフターについては、ボイスパッチのお陰で朝日ちゃんが 5 割増し以上に可愛くて非常に困る。というのはさておき、基本的には釣り乙本編に準じるできという印象でした。

お優しいルナさまはやはりお優しいから一番本気、続いて緩しゅーる。瑞穂とみなとん? あ、そういえばいましたね……と。特に湊は本気で本編エンドを忘れていてどうしてこの状況? と一瞬悩みました。一応、色々立て直そうとしている気配を感じなくも無いですがなかなか難しいようで。時折どうしても、朝日ちゃんが別人になってるとしか思えなかったり。

あと何故か、釣り乙アフターだと御大の絵が「いつもの」御大の絵に見えます。髪の色の違い? じゃないと思うんですけど何なんだろう。

  • よかったところ
    • 朝日ちゃんマジ天使
  • わるかったところ
    • メリルとエッテにももう少し華を

おとりろ、釣り乙アフター共通しているのは衣遠兄様デレ過ぎってことなので、デレた衣遠兄様を楽しむ続編と思って問題ないです、多分。

乙女理論とその周辺 (11)

釣り乙アフターの緩しゅーる、瑞穂、みなとんまでで一通り終わり。

スイスの人は可も無く不可もなし、この緩さが本編同様で緩しゅーるっぽくて良いです。

瑞穂は無理矢理感のある本編の印象が強いせいか、朝日ちゃんの言動含めて世界観レベルで違和感がどうにも付きまといます。絵はおとりろで随分垢抜けた感があったけど、昔のキャラだと印象を引っ張られるのかいつもの御大ですね。

みなとんは本編どんな話だったか真剣に覚えてなかったのも原因だと思いますけど、瑞穂の上を行く凄まじい違和感が…… 衣遠兄様が既に別人というか何処から突っ込めば良いのかという。

乙女理論とその周辺 (10)

釣り乙アフターのお優しいルナ様、遊星で。

これ何気に選択肢の組み合わせに意味があったんですね。

乙女理論とその周辺 (9)

釣り乙アフターのお優しいルナ様、朝日ちゃんで終わり。

衣遠兄様がデレてる……のはおとりろも大概だからいいとして。残っていた懸念を綺麗さっぱり解消ハッピーエンドな趣でちょっと蛇足と思わなくも無い。ここから膨らませたらそれこそ、君名残みたいに 1 本できそうだしショートストーリーとしてまとめたのは良いのですが。

乙女理論とその周辺 (8)

釣り乙アペンドのルナ様ルート。

ボイス付き朝日ちゃんがあまりにメインヒロイン過ぎて可愛すぎる。もう何考えてんのこれ、どうしておとりろ本編にはボイス無しなの? とか問い詰めるどころの話じゃ無いんですけど。

勿体ないなあ。

乙女理論とその周辺 (7)

りそなエンド。

どうせよくあるオマケ話なんでしょ、という事前のイメージというか予想を大きく上回り、続編のような完結編のようなお話としてちゃんと満足出来るものでした。

兄様のデレっぷりがちょっと凄いとか色々あるけどそれ含めて楽しめました。長いだけあって見所も多い。

残りのモデルの人は夏コミ後で。りそな終わってしまうとやる気がなくなってしまうという説もありますが。

乙女理論とその周辺 (6)

やっとメリルエンド。純真無垢で純朴な子は可愛い。

概ね満足なのだけど、予想外に平和すぎてちょっと物足りない。いや、あまり酷いことされても嫌だけど。なのだけどこれはこれで何か抜けてる感じが。

あと、思わせぶりな伏線ぽいのはりそなルートやれってことですかね。

ということで 2 周目、りそなで4月まで。メリルに比べるとやっぱり気合いが入ってるというか、本筋な感じが。

乙女理論とその周辺 (5)

メリルの途中か終盤か。

メリルの反応については予想の範疇内だから良いとして。

あれ、まさかこういう方向になるの、という意味では意外性があって面白いかな。また適当に無難な話で丸めるイメージだったし。

乙女理論とその周辺 (4)

メリルの途中。

釣り乙ではメインヒロイン朝日ちゃんの首を切る構図にしてまで合作の CG を避けたのに、今回やっと朝日ちゃんが入る構図のイベント CG にしましたね。

さすがに全てというわけにはいかなかったようですが大きな進歩です。

乙女理論とその周辺 (3)

やっと選択肢。悩みましたが良い意味で純朴という言葉が似合うメリルで。

まさか悩むことになるとは。