Tag Archives: 人形の館

人形の館

ブランド: アトリエかぐや
紫苑エンド。これでまたらう゛らう゛展開なんてしたらもう笑うしかないと思ったのに笑うしかないようです。しかも位置付け的にはヒロインっぽいし。CG の枚数 (≒えちの数) も多めで内容も特殊というか何というか。外れ選択肢を選んでそのまま突き抜けるエンドの方が流れとしてはずっと自然です。
どんなに強引で無理矢理でもやっぱりハッピーエンドが好きかな、と。下手な恋愛もののハッピーエンドなんぞより、こういう正反対な作風からのハッピーエンドの方が不思議と面白く感動的にみえるんですかね。

人形の館

ブランド: アトリエかぐや
マリア、十羽子さん、紗英香エンド。
また無理矢理らう゛らう゛展開にしてしまうのは紗英香お嬢さんだけでした。いやぁ、えろげって本当にいいもんですねぇ。
そろそろ真面目に複数キャラの絡みも考えるかな。ここのはエンド見るの自体は楽な癖に、コンプを目指そうとすると妙に小難しくなるし。

人形の館

ブランド: アトリエかぐや
樹里さんバッドエンドと七海ハッピーエンド。殆ど選択肢なんて存在しないのにバッドエンドというのは納得できん…… 他キャラとの絡みが必要とかその辺かな。
七海ハッピーエンドはラストで無理矢理らう゛らう゛展開にしてしまう凄まじくありがちで安易なお話なのに何処か心温まる私は阿呆ですか。つぅかもう、(好みの) えろえろなら何でもいいってところに最近落ち着きつつあります。声の力の偉大さを久々に実感しました。

人形の館

ブランド: アトリエかぐや
何故だか十羽子さん寄り。
やっと入れさせて貰うのかと思ったらお尻の方ですた (´・ω・`)

人形の館

ブランド: アトリエかぐや
むぅ。思ったより面白いです。いいわこれ。むしろ大好きです。
一つ一つのシチュエーションを大切にしてるというんでしょうかね。挿入するだけが H じゃないだろというのをちゃんとわかっています。それでいて一定の尺をちゃんと確保。こういうの、何気ないことのようでいて案外少ないように思います。
作品のテンポもいいし日常シーンも軽く笑える程度に面白い。今までの、おバカシナリオと CG と汁に頼った作風から一皮むけたような印象すら感じます。というのは少々言い過ぎとしても自分的には良作です。
あぁ、久々に面白いと思ったのがこれというのもアレだというのは自分でも一応思ってます。

人形の館

ブランド: アトリエかぐや
凄い、アトリエかぐやなのに音声がマトモだっ、と一応言ってみる。下手とまでいかなくても微妙なライン上だった過去の作品を振り返るとちょっと感動します。
あからさまな抜きゲでもただの紙芝居にせず、ちょっとしたミニゲームを入れるのがここの流儀。今回はチェス……というよりは一種の双六かな。マニュアルでも簡潔にしか書かれてないので詳細は謎。ADV パートで一定のイベント起こすとそのキャラの人形を動かせ、そして上手く複数を動かすと楽しい展開に……なのか?
基本的な展開はいつも通りに素直にえろえろで良い感じ。