Tag Archives: 僕と、僕らの夏 完全版

僕と、僕らの夏 完全版

ブランド: light
D.C. バージョンと PC オリジナルバージョンをスキップ使ってクリア。やっとシーン回想と CG 枠が全部埋まりました。
本作はご丁寧にも旧作のオリジナル版、D.C. 版、そして両者を統合した Special Merge の 3 バージョンが用意されてます。多くの人は今回の Special Merge をまずやるだろうに、わざわざ 3 つ用意したのはシーン回想でバージョン違いのシーンを回収させるため。やり比べると微妙な差異を楽しむことはできますがその為だけにわざわざ 3 つ全て真面目にやろうって人はいないでしょうから、この辺は一種のファンアイテム的なものがあります。
収録されている D.C. 版は当然ながら D.C. 版のシナリオと CG が用いられているわけで、プレー時には気付かなかった CG の差し替えがあることを今頃知りました。移植時の CG 修正なんて精々、パンチラの度合いを下げた (見えている事に変わりはなくても必要らしい) こととグラスの中身が酒以外の液体に見えるようにしたことぐらいかと思ってたら、缶ビールのキリンロゴとペットボトルの「POKARI SWEAT」表記といった小物の類似商標が消されてしまっています。シナリオでは連携排砂への言及がカットされてるし、やっぱりコンシューマてのはえろげに比べると色々と制約あるんですねー。
Special Merge は PC オリジナルをベースとして D.C. 版で追加されたシナリオと CG 、さらに書き下ろしの新ルートを全て統合して細部に修正を入れたものでこれがタイトルの完全版にあたります。差異を纏めるとこんな感じに。

  • D.C. 版との統合 (D.C. 版と同じシーンの他に、混ぜ合わせにされたシーンも有り)
  • 一部台詞の追加
  • 恵エンドの変更
  • 新規ルート 3 編

描き下ろしの CG やイラストの追加は一切ありません。light の次作と一緒に収録して貰ったという音声が新規ルートに付いているだけ運が良いと喜ばなきゃならんのでしょう。
新規ルートは後付感が極めて強く、内容的にもこれはファン向けかなという印象を受けました。オリジナルや D.C. 版をプレーしたファンの人にとっては嬉しいけど始めての人にとってはどんなものなのかと。有夏は悪女のイメージでこそ有夏だよなぁとか思うので。
よもや出るまいと思っていた完全版、出ただけでもありがたいのに新規ルートまで楽しめたので十分満足できました。ようやくこれで一応のケリは付いたかなと思います。

僕と、僕らの夏 完全版

ブランド: light
ちょい訂正。今回の新規追加ルートは先日プレーした貴理シナリオに準じたルートだけでなく、有夏シナリオについても用意されていました。これならばちゃんと意味があります。全体的には有夏の腹黒さを和らげるお話で、D.C. 版に引き続いての優遇っぷり。
取り敢ずはこれで Special Merge バージョンは全クリア。まだ残っている CG 枠とシーン回想は残り二つのバージョンで回収しろってことで決定らしいです。

僕と、僕らの夏 完全版

ブランド: light
真打・冬子さんルートクリアでエピローグへ、の予定だったのにまだ条件不足らしい。D.C. 版で差し替えられたシーンとかも一応拾えたのに何がまだ足りないのだか。
そいや D.C. 版にあったエンディングリストはシーン回想へ統合されてました。なのでシーン回想の数だけはやたらとあります。が、悪くても全体の 8 割以上はクリアしてるはずなのにまだまだ歯抜け状態なのは他のモードでもクリアしろって事のようで。確かにここ数年の中では一番気に入った作品の一つですけど、あともう 2 ~ 3 周もやるのは流石にちょっと辛いものが。

僕と、僕らの夏 完全版

ブランド: light
一番素直で一番嫌われる役回りの有夏ルート、百合は好きだけど寝取られと考えると苦手な百合ルートをクリアして最後の冬子さんルートへ行こうとやり直してみるとあら意外、ここで今回の新規追加ルートが出てきました。
新規追加ルートとはいっても要は別視点から見た本編であり、しかも既出のシナリオ (ラジオドラマ) と一部重複していたりする為にまあたらしさはありません。そもそもオリジナル自体の完成度が高く、もの足りなかった箇所も D.C. 版で補完されたのでこれ以上の本編に対する追加は蛇足の域に達してしまうのではないかというのもあります。いや仕掛けとしては面白いのですが、どちらかというとこれは最後の最後に見せるオマケ的側面が強いと感じました。本編中に入れてしまうのはちょっと、てのが正直なところ。音声の指定ミス、台本用コメントの消し漏れ、BGM 指定の違和感、呼称の不一致といった部分が明らかに目立つのはご愛敬で。
オマケに走るのならいっそ、きちんとした恵ルートでも作ってくれた方が受けはよろしいかと思います。キャラ紹介の何処にも小学生とは書いとらんし。

僕と、僕らの夏 完全版

ブランド: light
さて完全版。オリジナルをベースに DC 版の分岐や差し替えを入れて + αしたものかと思ったのに、タイトル画面で「PC オリジナルバージョン」「ドリームキャストバージョン」「Special Merge バージョン」の 3 つからの選択でした。マニュアルにも各々についての詳細は無く、この時点でもう素人お断りって感じです。今更オリジナルや DC 版をリプレイするのも時間の無駄ってことで Special Merge で開始。新規追加部分だけをプレーさせてくれる親切さなんて勿論あるわけはなく、オリジナルと同様の内容でした。つまりは三度目の全エンド制覇をしろと。滅多に一度クリアしたゲームのリプレイなんてしない私ですから、こんなの好きでなけりゃやりません。
オリジナルで一番叩かれたシステムはきちんと改善され、ほぼ DC 版同等に。DC 版にあったエンディングリストやルート確定直後からのスタートは残念ながらカットされた模様。内容はオリジナルに準じつつも DC 版追加のルートや CG 、見覚えのない台詞や独白が入っていました。流石にオリジナルをプレーしたのが 1 年以上前なので CG については不確かですが…… 頭身の低いのがオリジナル、逆に高いのが DC 版という記憶はあるのでオリジナルと DC 版追加 CG が混じって用いられているのは確かなはず。
一周目は貴理エンドで。貴理シナリオの見所である区切り無しの長台詞と事に至るまでのバカップルぶりにちと癒されました。