Tag Archives: 処女はお姉さまに恋してる ~2人のエルダー~

処女はお姉さまに恋してる ~2人のエルダー~

淡雪、香織理さん、ケイリ、そしてオマケを一通りやってほぼコンプと。オマケのその 3 は手間掛かりすぎるのでちょっとスルーで。

淡雪、香織理さんは共通ルートの時点でネタ振りしてくれていたのですが、神秘的というイメージだけしか作れてなかったケイリは流石に個別ルートの唐突感が大きい。唐突なのは今さらだけどこれはまた大きく出たなと。

さて纏め。

前作をきちんと踏襲した、今時珍しささえ感じる正統派な続編です。同じ舞台、同じ設定を使った本当の二番煎じ物でこれほど違和感無く、前作キャラに引っ張られない新作としてキャラを動かせるのはこの独特な雰囲気作りの巧さ。当然、前作キャラの名前やイベントを軽くちらつかせるファンサービスだって心得ています。

しかしそれだけに、前作と全く同様の問題に陥っているのが口惜しいところです。女装して潜入した学園社会での生活が主題であるため、共通ルートは学園でのイベントが主。するとどうしても個別のイベントを挟むタイミングが限られていき、結局個別ルートが分量的にかなり短く、また唐突としたものになってしまう……というのは致し方のないところではあるのですが、もうちょっと妥協点を見出して欲しかったとは思います。

以前にも書いた気がしますが、端的に言うとやっぱり、ショートストーリーだと上手いのに中編や長編になると纏めきれないというパターンに嵌ってるように見えます。雅楽乃や淡雪、香織理さんといったあたりは中盤でも少しずつネタ振りしていたお陰で、それほど唐突感はなかったのですが薫子さんとケイリはちょっと急展開に過ぎる物が。

あと何気に、重いテーマを色々扱っているのにそのオチの付け方がちょっと甘く、弱い物をもの感じます。もっと掘り下げられる余地はあったと思いますが、それやっちゃうと明らかに個別ルートのボリュームが倍になりそうなので敢えて見送り……ってわけでもないよなこれ。中盤あたりから、どうも力尽きたっぽい雰囲気を僅かに感じるので色々な制約の中でベストを尽くした、ってとこでしょうか。

2 人のエルダー、という重要なテーマについてもちょっと掘り下げが甘い。むしろ薫子さんルートではそれをネタにしても充分面白くなりそうだったのに、実に勿体ないものがあります。

今回は多くのキャラが大変魅力的に描かれ活躍しますが、サブ含めたキャラをできるだけ平等に扱おうとして、かえって誰も目立てなくなってしまってるようにも見受けられます。エルダーである薫子さんだけは、千早の相方として特別扱いされても良かったと思うのですが。個別シナリオのあるメインキャラ達の中で、特に秀でたキャラが今回は不在だったという指摘は興味深い。

一応、このジャンルのお約束として学びの園に咲く百合の花を期待してたのですが、結論から言うとそっち方面は素直に期待しない方が良いですよと。本当にオマケ程度、女装主人公が正体を明かせず百合っとしてしまう倒錯的なもの無しと。

千早お姉さまは基本、H シーンのとこじゃ男声、男言葉に戻ってしまいます。絵の方は一応、女装した千早ちゃんが無理なく入る構図にしてくれているのに。

選択肢は中盤あたりに散在しており、選択結果により分岐するという構造ですが一つ二つで即分岐というほど甘い作りにはなっていません。一応のヒントとして、選択結果で好感度がプラスになるであろうキャラの SD 絵が出てきますが、それだけが条件ではないあたりが曲者です。

恐らく、1 人ずつではなく予め決められた 2 人セット単位でフラグを潰していく必要があるのでしょう。途中の通過イベントでの登場キャラも分岐の判定条件になるようなので、一箇所でミスると史エンド直行です。というか史エンドはやっぱり汎用エンドみたいな扱いで、ミスると行くようになってるようです。

選択肢ジャンプ、直前選択肢戻りといった機能はありますが、結局ミスるとやり直しになるのでクイックセーブ、クイックロードも欲しかったとこです。

よかったところ
ちゃんと学園での生活が主となっている、雰囲気の良い学園もの
わるかったところ
個別ルートによっては、ちょっと唐突に過ぎるものがあります

舞台は勿論、サブキャラ含めて本当に魅力に溢れていただけに、ちょっとした粗がどうしても目立ってしまいますが、前作が面白いと感じたならやっておくべき一作です。

処女はお姉さまに恋してる ~2人のエルダー~

薫さんエンドと雅楽乃エンド。

薫子さんの個別シナリオはやっぱり唐突感があります。多少の前振りはありましたけど、ちょっと急展開過ぎる。

逆に雅楽乃は序盤から好意を持たれているという事もあり、不思議と無理なくまとまった感じが。淡雪とセットに近い事もあって、丁度良いボリュームだったように思います。

処女はお姉さまに恋してる ~2人のエルダー~

一周目は史エンド。1 話完結型のショートエピソードを概ね順調に消化していたところに、唐突に降って湧いてきました感が物凄い。切っ掛けは分からんでも無いけど、それをやるならもっと中盤あたりに関係するイベントとかを入れて種蒔きはしておくべきなのでは。

物凄く楽しめていただけに、この失速感はかなり痛いものがあります。しかも、史ルートって選択肢で他のキャラのフラグを立てられない場合に自動的に流れる一種の汎用エンド何じゃって感じがひしひしとするのもちょっと。

二周目は素直に薫子さんにでも、と思ってやってみてもやっぱり史ルートに流れてしまって結局この予想がほぼ正しい事に気付いてしまうのですが。

どうやら選択肢が少ないだけあって、ちょっとでもミスると自動的に史エンドって事になるようです。しかもこれ、選択肢のある話と全く無い共通ルート的な話があり、ルート判定は結構後半になるようなので次の選択肢までスキップしても結構な手間が掛かります。
ああ、何か思いだしてきた。確か前作でも似たような問題を抱えていたような……。こういう構成だと避けにくいのは分かるし、大きく個別シナリオを取るのもまた魅力を損ないかねないってのもわかるんですが。各話単位で見ると良いけど、それらを纏めるような総括的なお話はパターンになるのかなこれも。

とりあえず薫子さんルート確定して 8 話まで。

処女はお姉さまに恋してる ~2人のエルダー~

8 話途中まで。

時期的にはそろそろ佳境、と言って良いと思うのだけどまだ個別ルートっぽい展開は無し。とするとラスト 2 ~ 3 話が個別仕様になるのかな。

処女はお姉さまに恋してる ~2人のエルダー~

4 話まで。エルダー選が終わった後のお約束、今回はどう乗り切るのかと思ったら、あー、やっぱりと。しかし不思議と、ちょっとぐらいこういうネタもありかなと思わせてしまえるのがこの世界観の上手くもあり、狡いところか。

あと何気に、前作と前作のアフターストーリー関係のネタがちらほらと出てますね。前作は流石に記憶が朧気、アフターストーリーの櫻の園のエトワールはそのうちにと思っていて忘れていたらどうやら文庫本版は絶版状態らしく尼とかでは完売。全く無いという状態ではないようなので、アキバで探してみて無ければ他の何か一緒に買って確保、ってとこですか。

処女はお姉さまに恋してる ~2人のエルダー~

3 話まで。まだまだ本当に序盤だろうに、どうしようもなく面白くて困ります。男の娘ものというか、この種の女装ものに求められるものを本当によく分かってますね。

処女はお姉さまに恋してる ~2人のエルダー~

2 話途中まで。まだまだ冒頭だけあって、相変わらずツボを押さえたイベントを出してきますね。いや、需要を本当によく分かってるというか流石というか。

処女はお姉さまに恋してる ~2人のエルダー~

2 話冒頭まで。

期待は勿論していましたし、違和感無く仕上げてくる事も十分に予想済み。前作のドラマ CD の時点で、このあたりの巧さは実感してましたし。一度構築した世界観を、そのまま流用して違和感無く、前作のキャラにも引っ張られないようなお話が書けるというのはよくわかってました。

ということで、お見事です。

初回特典のケースが恐ろしく取り出しにくいというイベントでかなり苦労しましたがそれだけのものはあったと思います。何でわざわざ、トールケースを紙パッケージに入れてサイズギリギリのポーチに入れてさらに薄手でふにゃふにゃの PP ケースに入れてるのか本気で疑問ですが。