Tag Archives: 夏神

夏神

ブランド: アトリエかぐや
七瀬エンドでコンプ。最後の最後に超展開できました。別にこういうのは超展開ネタの中でも珍しくもないだろうに、やっぱりこう最後の最後に取って付けたかのように添えられるから変に浮いて見えちゃうんでしょうか。
似たようなお話にしても、演出とか伏線とか雰囲気作りとか、そういう下地作りが致命的に駄目っていうかありませんよねこれ。
納得いくような納得いかないような感じに終わっちゃいましたが取り敢えずまとめ。
因習と陰謀渦巻く……なんて雰囲気作りはあって無きが如し。いや、正確には本編にあたる七瀬シナリオに関してはそういう雰囲気が出ていました。が、そこに辿り着くための前振りがあまりにやっつけすぎる。前振りのために似たようなやっつけシナリオで 2 キャラも使いますし。せめて後に繋がる伏線の一つ二つぐらい残してくれればよいのに、小悪人が悪巧みしていたのを退治しました、めでたしめでたしで終わるシナリオを二本読まされても。
それなりのお話を付けようとしつつ旧来のファンにいい顔しようと苦心した結果なのか、十分に一回以上のペースで H シーンを挟むのも結果的にテンポを悪くしている原因のような。そういう気持ちはわかるんですが。
方向性としては、そこそこのシナリオでキャラを立てて濃ゆめの和姦と凌辱ってな感じかと思ったのですが、シナリオはやっつけだわ駆け足だわで存在感の薄いうちからあれやこれやになってます。
あとは、イベントの前後関係がおかしかったりするミスが地味に萎えさせてくれます。現在公開中の修正ファイルでは直ってるのかもしれませんが。

よかったところ
七瀬シナリオの中盤までは血と謎の匂いがして面白かったです
わるかったところ
複数ライターなせいなのかもしれませんが、七瀬シナリオとその他との落差がありすぎです

瀬里奈は評判良いらしいので同系統っぽい本作にはちょい期待していたんですが、結局は期待しすぎるものじゃないなという結果に。多分、基本的にはいつものかぐやゲーなんでしょう。

夏神

ブランド: アトリエかぐや
とりあえず七瀬シナリオ途中まで。何となく、こういう話をやりたかったようなものは感じていたものの、先行キャラの余りに余りにもなやっつけ振りで忘れてしまっていました。にしても何という扱いの違い。その他取り巻きとメインヒロインの格差をここまで付けなくても。
伝奇もの、若しくはその類は猟奇殺人とか死体とかの要するに血の匂いがないとやっぱり映えない気がします。いや偏見ですけど。このまま陰謀渦巻く連続殺人事件になってくれる……わきゃないですよね。

夏神

ブランド: アトリエかぐや
ここに来て漸く雰囲気ががらっと変わってということもなく透子先輩シナリオぽいです。多分下級生組はオマケと予想。

夏神

ブランド: アトリエかぐや
小夜歌エンド。一体いつ、どんなご都合も必然へと変えてしまう必殺の決め台詞「こんな事もあろうかと」が出るのかと思ったのですが。ミステリアスという設定のキャラでここまでミステリアスなんて言葉と無縁なお話というのは珍しい。
まあ最後の選択肢でバッドエンドというかみんな仲良く凌辱エンドなのはおきまりなようで。

夏神

ブランド: アトリエかぐや
今回は小夜歌ルートに。何かもう 10 分に一度まぐわうのも慣れてきました。
幾島先輩が校門で絡んでくるシーンを見ないようにすると、その後で初登場ってことになるようですね。なのに校門で絡んでくるシーンでは既に顔合わせ済みっぽいこの不思議。どうみても時系列がおかしいです、本当にありがとうございました。

夏神

ブランド: アトリエかぐや
とりあえず佳沙エンドとそのバッドエンド。
かぐやゲーは 10 分に一回以上まぐわう必要があるとかいう決まりでもあるんでしょうか。しかも抜かず 3 発とかデフォで。いや、コンスタントにまぐわうのが悪いとは言いませんけども全体のバランスとして物凄く偏っているような。
シナリオにうつろあくたの名があったんで、形ばかりのものでもその存在感ぐらいは示してくれるだろうと思っていたお話はやっつけ感が漂いまくる、肉を付けず骨格だけで繋いでみましたというような超要点抜き出し展開でした。しかも余りにわかりやすいというか薄っぺらい。そんな立派なのを期待していたつもりは毛頭ありませんが、それにしたって雰囲気ゲと呼べるぐらいの種蒔きはして欲しかったかなと思います。
見るからに死亡フラグっぽい選択肢で行けるバッドエンドの方がわかりやすい分、面白く感じるのは流石かぐやゲー、というのは一応褒め言葉です。

夏神

ブランド: アトリエかぐや
全く眼中になかった佳沙シナリオっぽいです。
とりあえず、やっぱこれってシナリオゲーじゃなくてかぐやゲーだよねぇといったとこですか。

夏神

ブランド: アトリエかぐや
で、優しい世界観だとか何だとか言った舌の根も乾かない間にかぐやゲー。まあ因習根深い片田舎の伝奇ものって好きだしっ。
今のところは会ったこともない先輩にあったことにされていたり、シーンの間がぶつ切り感漂うのが気になるぐらいでしょうか。背景は妙に堅いっていうか、テクスチャ貼り付け感があって 10 年前のレベルかなあと。塗りの雰囲気もあるんでしょうけど、もうちょい淡い方が最近の流行りな気がします。