Tag Archives: 夕緋ノ向コウ側

夕緋ノ向コウ側

ブランド: BaseSon
エピローグ、おまけシナリオでコンプ。
通販申し込んで回避不能だったのに体験版をやってしまったのが辛口になってしまう元凶。外野キャラのシナリオとはいえ、体験版でその大半まで到達してしまうので体験版をプレー済みだと本編が非常に短く感じます。日付でみると、本編開始が 04/20 で体験版の終わりが 04/26 、エンディングは基本的に 04/29 になるので実質 3 日という時間の中に詰め込まれたシナリオが (外野キャラに限れば) 製品版でプレーした部分ってことになります。
ただし、プレー時間で言えば数時間はありますから全体を通せば丁度良い感じになるはず。問題は体験版部分のやや遅い展開と、体験版後の急展開の落差の激しさにあります。何せシナリオを進めるイベントは夢頼み、他キャラとの絡みも僅かな共通パートのみ、殆ど主人公の自問自答と推理で占められていて、突然閃いて解決してハッピーエンドてのはちょっと乱暴ではないかと。
お話については ONE もの……とジャンルとして確立しているのか怪しい形容が一番近いように思います。「えいえんのせかい」へ旅立つ理由とか背景とかを並べて、さらにそのバックグラウンドまで用意してみました、なお話です。都市伝説がどうとか伝奇系だとかそういうのは気にしない方が良いです。世間はどう呼ぶか分りませんけど私の中ではこれの裏タイトルは「ONE 3」に内定済み。

よかったところ
前半部の盛り上げ方は良かったと思います
わるかったところ
後半部の展開の早さ、夢でしかネタ振りをしない点

買う気があるのなら体験版はやらない方が良いです。逆に体験版をやった人は買わない方が良いのかもしれません。

夕緋ノ向コウ側

ブランド: BaseSon
信乃、沙雪、美朱の順でエンド。573 でも何処でもいいんで、主人公が見る夢が伏線になったり真相のヒントだったりする「だけ」のシナリオ手法の特許出願してください。
基本的な展開は全てほぼ同一。美朱はまだマシな方だとしても、外野にあたる方々はやっぱりボリューム不足を感じます。というのも、毎夜夢を見て日中はそれについて推理、最後の夢の後に閃いて解決してハッピーエンド。しかもその夢はたったの 3 つ、体験版にはその 1 つ目まで入ってますから余計に物足りなさと展開の早さが気になります。
残るはエピローグのみ。

夕緋ノ向コウ側

ブランド: BaseSon
静香エンド。とんだ茶番ですね (© minori) 。
シナリオ構成は昨日の予想通りでした。全体の構成も、伏線と疑問を残しながら先に外野キャラを埋めたらやっと最後のネタバレキャラというよくあるもののようです。
だからといって外野キャラをここまで手抜きするのはどうかと。外野キャラの個別シナリオに限れば、体験版だけで全体の約半分ですよ? しかも「進みすぎ」とかそんな感じは全く無く、舞台のためのネタ振りに過ぎません。肝心の部分がわずか数日、しかもそのイベント進行の中心が夢ってのは幾ら何でも性急すぎです。体験版で感じた「都市伝説っぽさ」も何処かへ消えちゃいましたし。
こんなあまりにもな高速展開なので、密かに流行のツンデレキャラでも狙い澄ましたあざとさだけが目に付いたように思います。記号とか属性「だけ」でキャラを作った気になるのはそろそろ止めません?

夕緋ノ向コウ側

ブランド: BaseSon
今回はメーカー通販なので。
体験版部分はテキスト上の差異は無し。なので重複部分をスキップ、体験版の終わりから 3 日目あたりまで……なんですがもうエンディングの空気が漂ってます。多分これ、天野以外は体験版のラストと同様に夢で狙いキャラの問題認識、最終日にふとした切欠で気づいて危ういところで救って円満解決ハッピーエンドなパターンだと思います。こういうのは妙に形式を揃えたがるものですから。
何処が都市伝説なんだよっという指摘に対する答えは最後の隠れキャラにあると思いたい。