Tag Archives:

ブランド: rouge

気合いを入れて再開。大丈夫、もう泣かない。今更ガソリン浣腸ごときじゃびびりませんよ。

頑張って結奈エンド以外を回収。これ、毎日 3 回 (たまに 4 回) の部屋移動と強制イベントの選択肢だけで地味にフラグ潰さないといけないので非常に難しいです。攻略サイト探そうにもコンプしてるのは無いので仕方なくセーブデータ改造して回想で見ました。こういうのによくある適当なハッピーエンドでした。

スカっとしてる方面については 12/10 のでだいたい書き尽くしてしまったのでそれ以外のところ、と言ってもシナリオはあって無きが如し。伝奇ものっぽく見えるのは錯覚です。そもそも話の発端として主人公が悪霊に取り憑かれ、その悪霊の力を駆使して凌辱……のはずなのに殆ど自力でやってますよこの主人公。

悪霊の力使うといっても、精々トイレの覗きか憑依程度。憑依といっても対象は脇役男で一回きり (全員喰うエンドのを入れても二回) 。どうも、アイデアと言う名の思いつきを次々入れていったはいいが最後の方で収拾付かなくなって削りまくった印象です。

結奈が巫女の力持ってるとか云々なことに関する説明も一切無し。どっかに書いてないかと探してみたら Web のストーリー紹介にありました。「新月の儀式」「生け贄」「巫女の末裔」なんて本編は勿論、マニュアルにも書いてません (マニュアルに書かれてるのは力を貸す、のくだりまで) 。どうせ誰も気にしないとはいえ、どういう経緯で諸設定が見事に切り捨てられてしまったんでしょうか。

まとめ。不特定多数を相手にせず、特定嗜好の人をピンポイントに狙い打ちする作品です。残念ながら私には理解不能の世界ですが好きな人にとっては恐らく良作かと思います。奥深さとゆうか、人の業の深さを思い知りました。

美味い美味いと倒錯した感想を連呼されるよりも、臭い不味いという一般に共有できる感覚でものを言われながら嬉しそうにする姿の方がより不気味に映るというのは盲点ですね。

出てくるシーンではしっかり出てまき散らされます。そのもの自体はモザイクで隠されていても隠されるとその下を逞しい想像力で補完するのが日本人、かえって何も無い方が視覚的にマシと思えることも……あると言い切れる自信は流石にありませんごめんなさい。

一種の素敵に狂ったおバカゲーかもしれません。属性を持たない人に勧めてどんな感想を抱くかで楽しむのもきっと有りでしょう。とりあえず私はもうお腹一杯です。

ブランド: rouge

訂正。主人公、ちょっと強烈どころか相当に強烈に格上げ。凄すぎるよ主人公。

本作品は最近の H ゲームとは異なり (当社比) 大変ショッキングな行為・リアルな音が表現されています。生温い凌辱に飽きた方にオススメです。

パケ裏には確かにこう書かれてます。でもこれって、以前のイリュージョンの雑誌広告「すごいものを作ってしまった」云々な自画自賛と同じく、他とは違うことを主張するための広告としか受け止めないのが普通なんですよ。えぇもうそりゃ今までのとは一味以上違いましたとも。もう泣きたくなるぐらいにスカっとしていてトロけそうです (頭が) 。

主人公の数々の奇行の中でも「比較的」マシそうなシーンから「比較的」マシそうな部分を以下引用。前後と略部分は 9 割方、想像通りです。

僕は、まるで神々しいものにでも触れるかのように、もはやほとんど吐き出されたキュウリを、そっと手に取った。

直哉「くんくん……うえええっ……なんて臭さだ」

(略)

妃奈子が信じられない目で僕を見つめる中、僕は無我夢中でそのキュウリを食べ続けた。サクッとした歯ごたえと、ベチョッとした表面の粘膜状の汚れが、なんともアンバランスだ。そして……まずい。それはまさに妃奈子の直腸の中の味だ。

確かに食べ物を粗末にしてはいけません、だけどこういうのもどうかと思う……。ちなみにこの他、大根とマヨネーズと生卵を併用してます。どれをどう使ってるかも多分想像通り。

この程度で頬を引きつらせてしまっていた私にはあまりにきつすぎました。指を入れ、付着したのを舐め取るだとか匂いを嗅ぐだとかなんて可愛いもんです。そんなのはさも当然の行為であるかの如く何度も何度も出てきます。この嗜好っててっきり肛部に対する執着とセットだと思ってたので汚物・汚れ系への拘りの深さにはかなり驚きましたというか引きました。

よって必須属性は当然スカっとしてる系、追加として Wet&Messy の Messy 方面と汚物全般 (ここ重要です) に対する耐性が必要です。何かもう真性なのか末期的なのか、挿入行為そのものはただの右手代わりに過ぎないという感すら漂います。

描写そのものは微に入り細に入るようなものではありません。趣味と勢いと思いつきだけで突き進むテキストです。いくら思いつきでも逆立ちして挿入てのはどーかとも思ったりしますが。時間的にそう長くはなくとも勢い任せの奇行は本当に強烈です。蝋燭の火のついてる方を挿入なんてアロマ企画でもやらんぞ。

きついと言ってもその度合いがキャラによるのが唯一の救いであり、また罠でもあります。このお陰で油断しました。結那が恐らく唯一のノーマル、妃奈子と葉月が入り口程度、花がボディブローで瞳美がテンプルを打ち抜く右フック。残りは不明。

ただし、女の子の部屋を覗けるという一種のオマケイベントが今のところ例外なくトイレシーンしか無いことを考慮すると恐らく全員分そういうのは用意されてると言えるので、そういうのが大好きな人も多分安心していいと思います。しかも揃いも揃って真下からの構図というわかりやすさです。もう泣きたい。

最近はすっかり「積んだ数>プレーした数」になってしまったとはいえ、それなりに色々やってはきたつもりです。でも無意識的に忌避していたのか本格的なのは今回が初めてでした。それだけにきつい。文字通り上手く水に流せない (自分で書いてて最低のオヤジギャグだと思いました) のは嗜好の対象物が直接的に女性と結びつけにくく単体でみてしまうことからくる抵抗感・嫌悪感が理由なのかな。

下着のシミ (あぁ、もちろん主人公も大好きなんだそうで) とかいう程度ならまだしも、汚物や吐瀉物てのはもはや「汚す」という目的のための道具でしかないわけで。その道具が精液なら恐らく受け入れられるのに何故汚物だと駄目なのかといえば単純にイメージとしての嫌悪感が勝るというところに行き着いてしまう。

かの有名な「えねま」でもプレー済みで免疫ができていたならまた違った印象を抱いていたんでしょうか。いや、あれとはまた嗜好が違うのかな。

WINTERS 作品を思わせるぐらいに激しく趣味に走ったシナリオを書いたライターの名は是非とも知りたかったのですが、残念ながら個人名ではなく「有限会社オフィスブレーン」名義でした。あ、Google で検索して真っ先に出てくるところとは流石に無関係かと。

そうそう、広報の人は次から専門外の人が間違って手にとって泣くことの無いように、もっとわかりやすくそういう人向けであることをアピールしてください。

ブランド: rouge

手頃そうかなという印象でこれにしてみました。原画の人好きですし。外注ではなく Will 福岡開発室。

導入部なんて飾りですと言わんばかりのおざなり振りで本編突入、あとは即凌辱と思いきやどうもいちいちキャラと会ってフラグ立てが必要なタイプなようです。どうせ適当で済みそうでも勝手にそういう流れになってちょこちょこと選択肢、ての方が私は好きだったり。

こういう凌辱ものの主人公というと、最初はマトモだったのに何かのきっかけでぷっつんと根っからの外道さんの二種に大抵分けられます (そういや淫内感染の坂口先生も最初だけはマトモだったのにねぇ) 。密の主人公も前者、ただしちょっと強烈。一瞬のパンチラに妄想を膨らませて射精までする主人公つーのはそうそう見かけません。単に欲望一直線の頭弱い系とも見られますが、テキストに溢れる独特のノリが何とも。

これでいざ手を出したら何をしでかすのか楽しみなような嫌なような…… (多分後者) 。