Tag Archives: 恋ではなく

恋ではなく

最後に軽くまとめだけ。ややネタバレ気味。

タイトル通り、恋では無いけどそれに近しい何かというものをテーマにした群像劇と。こういう青春ものは早狩氏の好きなジャンルなのかわかりませんが、過去の作品を見る限りやっぱり青臭い、むしろ早狩臭いとでも言いそうな濃いキャラクタが出るんだろうなと思ってましたがちゃんと期待通りでした。

事前の告知通りヒロインは祐未のみ。お話として複数ルートが用意されてはいるものの、結局のところ本当にこの作品のテーマを全て凝縮したのは最後のグランドルートなんですよね。

典史との関係が恋では無いことを冒頭から強く主張し、そして何故、普通に恋していた扶ではダメだったのかということに一番明瞭に答えています。

一般にえろげで扱われる三角関係というと、刃物が飛び交うほどドロドロしてたり恐ろしく物分かりが良かったりと良くも悪くもテンプレ化が進んでいます。もちろん本作もそんなテンプレの一つ通りに進むように見えるのですが、「恋では無い」というただ一点にテンプレの枠を抜ける異質さがありました。

今はまだ恋じゃなくて、そのうち恋に変わるというような誰でも思いつくネタなわけは無く、最後の最後まで恋とは似て非なるもの、良きライバルのようで恋人のようでやはり不倶戴天の敵のようで、どれとも似ているけども違う関係。

じゃあ他のルートのはタイトルに反して恋だったのかというと、少なくともそのルートをプレーしている時にはそう感じませんでしたが終わってみるとやっぱり、恋だったのかなと。もしかしたら、恋では無い中で特別な形だったのかもしれませんが。糞小っ恥ずかしい、いちゃいちゃを楽しむだけの商業的意味合いのルートという見方はとりあえずしないでおきます。

群像劇らしく他のキャラ達同士のお話も重ねられてますが、それらが恋なのか恋では無いのかは解釈の問題でしょうかね。丁度まぜこぜにされてるような雰囲気がありますが。

そんな、いつもの早狩ゲーのような味わいが凝縮されてるので信者的には無問題、信者で無い人は体験版でよく確認した方が良いと思います。

全体は基本的には淡々と、心理描写の変遷で進むタイプなので丁度合うものがあれば集中してプレーできますが、合わないと多分苦しいものがあるタイプです。特にヒロイン固定という、業界では忌み子のような設定ですし。

システム面では普通、と言いたいですがちょっと今時からすると物足りない感じも。あと、群像劇故の複数視点なので、今の視点が誰なのかを常時確認できないのはシステム面でのサポート不足ですね。フェイスウィンドウとか名前とか、色々方法はあるでしょうに。

CG は恐らく水準レベルとは思いますが、逆に言うと突出したところが無い平均的なものとも言えるわけで。BGM も同様で、作中の雰囲気を悪くこそしなかったものの良い方向に貢献したとも言えないあたり、やはり弱さを感じます。

カメラネタは最早ギャグの領域ですし小ネタなので別に良いのですが、用語解説の未読がプレー中に確認していても反映されなかったりとやはりシステム的にいまいちさが。

  • よかったところ
    • いつもの早狩ゲーです
  • わるかったところ
    • シナリオ以外の部分で、もうちょっと強みが欲しいところ

ちょっと変わった毛色のシナリオで、青臭い青春群像劇に抵抗なければ良作…ではなく佳作と呼んでもよさげ。こうも素直に、タイトル通りにテーマを掲げられて貫かれると爽快です。

恋ではなく

コンプ。本当はこのルートがやりたかったんだよねと言いたくなるほどタイトル通り、そして今までのは何だったんだっけというような。一応はハッピーエンドというのもちょっと意外でしたが。

最後のルートが一番面白いというのはつまり、最後のが本当の本編だったということでもあるんですよね。

特典冊子もざっと読み終わり。特典もののよくある冊子としては普通でした。本編からの再録ネタとか、ラフ集と言いつつ収録数がさしてないとか、ちょっとどうかと思うけど特典ものとしてみれば本当によくある内容なだけで。むしろ読み物として楽しめる 8 月の特典資料集が普通じゃないということを改めて実感。

恋ではなく

三周目終わり。一本道とはいえ、抑えて欲しかったルートがちゃんとあるのは嬉しい。

最終ルートは途中まで。のっけから面白い展開になりそうで反則過ぎです。

恋ではなく

二周目途中。

なるほど、別ルートになるとまた違った面白さが出てきますね。コミュニケーション不全とかそういうレベルを超越した勘違いと思い込みのぬまきちゲーほど突き抜けてはいませんが、楽しみ方としては通じるものを感じるような。

恋ではなく

二周目途中。分岐当初こそ重複しているように見えますが、すぐちゃんと別れますね。

恋ではなく

一周目終わり。

端的に言えばクソッと言いたくなるいつもの早狩ゲーですと。そういう意味では期待通り。服脱がすまでのいちゃいちゃぶりなんか相変わらず小っ恥ずかしい。

CG が全然埋まらないあたり別ルートへの期待も高まりますが今回は基本、一本道なんですよね。ちょっと惜しい。

恋ではなく

恐らく中盤まで。先の展開が読めそうで全然展開が読めない。何となく僕夏を思い出してしまうような、微妙な関係にするのが好きですよね。

恋ではなく

安定の寝落ちでちびちび進行。大きな事件みたいなものは無く、どちらかといえば淡々な感じかな。

恋ではなく

体験版の部分を過ぎて島に行くあたりまで。これはひどい、女の子的な意味で。

恋ではなく

クリックを要する起動時の警告文にぐんにょりしつつ最初の選択肢まで。