Tag Archives: 殻ノ少女

殻ノ少女

殻ノ少女 [Innocent Grey] 素直に負けを認めて攻略頼ってコンプ。ノート片手に出現キャラやイベントをメモったりする往年のプレースタイルなら何とかクリアできるのかもしれませんが、温いヒロイン選択後一本道ゲーに慣れてしまったこの身には少々辛いのです。敢えて難易度を下げるパッチ未適用の PureMail でコンプを目指したりしたのは遠い過去。
トゥルーエンドらしきものも見ましたが、何というか実にコメントしにくい。一見、全然纏まって無く色々とわからないまま放置しているように見えますが、ていうか事実そうですが、そんなことは結局些末なことでしかなく。あのエンドが示したいのはただあのラストカットだけだったのだと思えば、下手に描写するのはかえって余韻を阻害するように思います。
すっかり斜陽ジャンルとなった探偵もの……と呼んで良いのか相当疑問符がつきますけど、昭和中期の東京を舞台にしたサスペンスものという趣味が入ってないと企画自体通りそうにないシリーズ物三作目。作品間の関係はなく、登場人物が後付けで実は知り合い程度、の割に今回はカルタグラのキャラが割と出てます。やはり二作目は黒歴史なんでしょうか。
普通の作品では恐らくヒロイン級に近いキャラでもばっさばっさと容赦なく、しかもシナリオ上の必然として回避不能で殺されまくるというお約束は今回も踏襲。後味の良い、ハッピーエンドなんて期待してはいけません。それでも一応、生き残るキャラはいるのでそのキャラとの関係が深ければイベント CG が拝める程度のサービスはあります。ただ本当にそれだけで、キャラ別エンドと言うほど分岐することはなく、バッドエンドか幾つかの後味悪いノーマルエンドのどれかが基本。
システム面では、画面クリックによる捜査パートと収集された情報を元に推理を組み立てる推理パートなんてのがあります。古来より多くの先人たちが頭を捻っては叩かれてきた、推理系ゲームに見られる試行錯誤の中では割と健闘している……と思うんですが、もう一工夫欲しいなと。全コマンド総当たりといった無駄はないものの、逆に言うと重要フラグを回収しなくても先に進めてしまうところはヘタレた頭を鍛え直す意味で面白かったと思えるんですが。いわゆる古典的な ADV への先祖返りと見れば何も間違っちゃいないはずなのに、何かこう違う気がします。
単純な ADV のように選択肢の結果が即ルートに反映という生ぬるい構造ではない上に、分岐条件や立つフラグがわかりづらいこともあって難易度は高めです。特に CG 回収は相当辛いはず。一周がやや長いこともあり、これにはちょっと参りました。
手放しで喜べるような明確なハッピーエンドはないものの、多数の登場人物を絡めて収束していくお話は十分楽しめました。カルタグラは過去が重要な癖に掘り下げがいまいち足りず、PP は蓋を開けてみたらアレですかという凄まじいオチつき、やっと三作目にして、読めるテキストで面白い話がみれたなと。
魍魎の匣のオマージュとか以下略とか言われる程度にネタが被っているそうですが、幸いというべきなのか未読なんで何とも。逆に魍魎の匣というタイトルから、多分ああいうシーンとか展開があるんだろうなと想像はついてしまいますが。

よかったところ
希少な探偵ものの佳作
わるかったところ
紫エンドが無いのはどういう了見かと

後味は鬱ゲとかいうほど陰鬱なものでもなく、むしろ何かが残って何かが去るという奇妙な寂寥感ってとこでしょうか。安易なハッピーエンドなんてあったらかえって作風を乱す気さえしてきます。
ああでも、妹の紫エンドがないのは本当に何とかならんのかと思うぐらいに紫は存在感があったので、ちょっとしたエピソードぐらいは欲しかったですね。

殻ノ少女

殻ノ少女 [Innocent Grey] 途中からやり直していても埒があかないことに気付いたので最初から。頑張って織姫のイベント CG を拝もうとあれこれ試してみましたが、一緒に殺されるバッドエンドが関の山でした。所謂普通の ADV チックな構造じゃないので難易度高そうとは感じてましたけど、これはまた辛い。
幸か不幸か偶然か、透子の個別バッドエンドルートには到達。何処かでわざと推理をミスるとかの諸条件がフラグなんでしょうかこれ。

殻ノ少女

殻ノ少女 [Innocent Grey] 選択肢を変えて別ルート探し。もうちょっと関係を深めておけば未だ見ぬハッピーエンドに、なんて甘い幻想は所詮幻想でしか無く、やはりあの大筋は変わる気配が欠片もないご様子。現実って厳しいですねっ。
リプレーで既読スキップしていると、推理シーンとか情報収集が結構厳しいです。フラグは自分で潰すもの、なんて古典的 ADV のお約束だろと思うのですがやっぱりヘタレてしまったんでしょうか。
あとどうもこれ、ミスるとバッドエンド直行推理イベントをどう通過したかでエンドのルートが別れている気配があるような。まあどっちも救われないんですが。

殻ノ少女

殻ノ少女 [Innocent Grey] 他ルート探し。てことで終盤の選択肢をかえて別エンド……といっても救いもスタッフロールも無し。やっぱりあのやりきれないエンドが今のところの正式エンドってとこなんでしょうか。いやあ生きてるって素晴らしいですね。
前半の事件まで遡って選択肢をかえてみても案外進めるようです。当然、代償として被害者が増えてしまいますが。

殻ノ少女

殻ノ少女 [Innocent Grey] 何とかスタッフロール付きのエンドに。無関係だと思われていた人物が繋がっていき、やがて「殻ノ少女」に収束していくくだりは結構よかったかなと。血縁関係ごちゃごちゃネタはミステリーのお決まりですしね。
しかし終わってみるとハッピーエンドなんて冗談でも言えない……鬱ってことはないし、すっきりしないってこともないのに、ただただ重いものが残ります。いやちゃんとしたエンドはまた別に存在すると信じてますけど。
そういえば特に手を出そうともしなかったからか、サブキャラとの閑話休題的な H シーンしかなかったような……。

殻ノ少女

殻ノ少女 [Innocent Grey] 続きを本格的に。にしても起動の度にディスクチェックで数秒待たされるのは何とかならんか。
聞く限りじゃどうかなと思っていた捜査パートとか推理パートも話のアクセントって感じで案外手頃かなと。ただ推理の方は時折、関門に等しいチェックが入るのでちゃんと状況を追っておかないとわからなくなります。作中、進行に合わせて得た情報はメモとしていつでも参照可能ではありますけど、整理して纏めるというもう一歩進んだ配慮があると尚良しでした。
途中、何度か期待通りにバッドエンドというかゲームオーバーに。その悪趣味ぶりはカルタグラ並み。登場人物が多い分、本当に容赦なく殺されまくりです。このノリで本当にどのルートでも殺されないキャラなんているのかと。
で、一つの事件が終わって後は冬子か……て、この手のシナリオでそんな簡単に全部解決なんてするわけないだろうということを失念する程度には楽しめていたっぽいです。
フラグのチェックポイントらしいところで引っかかり、どうにも殺されエンド直行だったので途中からやり直して気付きましたがこれ、ただ惰性で進めとけば最低限のフラグ回収を自動でしてくれるなんて温い仕様は全くないんですね。ちゃんと選択肢を選ぶだけでなく、行くべきところへ行って情報を集めておかないと文字通り死にます。
とりあえず関係者全員死亡エンドぽいバッドエンド。自分が死ぬ場合がゲームオーバーなのに対し、生き残れば「END」と表示してくれるようです、一応。

殻ノ少女

殻ノ少女 [Innocent Grey] とりあえず再開。といってもほんの序盤までしかやってなかったし念のためということで最初からやり直し。いやあ、期待通りにグロイですねっ。
たしか声優をプロアマ含むオーディションで選出、メインヒロインの冬子はアマからなんで正直ほんの少し警戒していましたが杞憂だったようで。呼吸や発声はいたって自然、ただ声に感情を乗せる演技という意味ではちょっと堅いかなとも思いますが、甘く優しい声色でいて何処か凛とした響きは確かにキャラのイメージを考えるとなかなか上手い。今後、場数を踏んでこなれていけば化けそうな感じはします。
で、「あじ秋刀魚」というハイセンスすぎる芸名の由来って何なんだろう。

殻ノ少女

殻ノ少女 [Innocent Grey] とりあえず始めてみることに。物凄く後味悪い鬱ゲらしいですが。