Tag Archives: 腐り姫

腐り姫

ブランド: liar-soft
コンプ。あぁ疲れた。何も無さそうでしっかり影響してる選択肢は勘弁。
四日という短い期間を繰り返しプレーする (そして主人公はそれを知覚する) 、最早使い古された感のあるビューティフルドリーマー系の構成を用いた和風伝奇モノです。システム面の不満点は多々ありますが、背景画そのものにキャラクタを入れたり、徐々に浮かび上がる記憶の断片の挿入など細かな演出は良かったです。
ただ、お話としてはちょっと細部が曖昧なのが気になりました。明確にすると祖父倫に確実に消されそうだけど…… でもこれでも祖父倫通ってその後の文句も無しというのがちょっと驚き。確かに解釈は色々できるけど不味そうな感じになる点では変わらんような。
エロは濃い方かと思いましたけど、どちらかと言えば声優さんの熱演によるところが大きいです。まぁそれだけ技術的にも演出的にも上手いということです。私はシナリオもエロもちゃんと両立できてるように思いました。
……いいじゃないですか、単に近親ネタが好きなんですから。

腐り姫

ブランド: liar-soft
やっぱり分岐が難しい。選択肢が、その直後ではなく後々密かに響くという感じっぽいし。
あと。ああいう逃げ道も祖父倫的にはいいんですね。単に見かけなかっただけで。やたらと実の妹だとか血が繋がってるとか連呼しながら喘いでましたけど。

腐り姫

ブランド: liar-soft
うーん、やっぱり遊びにくい。一端、フラグ立ってルートが確定してしまうとセーブデータクリアを伴うイニシャライズしか戻る手段がありません。作品内容に合わせた面白い試みではありますが、リプレーを何度も繰り返さなきゃならんのはちと。
ヒントだかオマケだかな「盲点」はやっぱりライアーらしいというか。面白いけどさ…

腐り姫

ブランド: liar-soft
どうやら一周目クリア、らしい。これはちょっと変わったことに、一端イニシャライズして再開しないと新展開に流れないんだとか。CG 閲覧や回想とかは受け継がれるのに既読判定やセーブデータは全てクリアされます。元から既読判定は甘くて使いもんになりませんでしたけど…… テキスト量が多い作品なのだから、やっぱりしっかりした既読スキップが欲しい。
内容は意外とあっさり目という印象です。YU-NO や痕でも思いましたけど、どうもあぁいう展開は枠を超えた異質な要素なように感じてちと受け入れにくいです。和風ホラーなら和風ホラーのままで行けと。けどライアーってこういう作品も作れるんですね。
あの祖父倫的に極めて際どいどころかラインを明らかに越えてしまっていると受け取られかねないシーンは…… 大丈夫なんですか? それともちゃんと逃げ道用意済み?

腐り姫

ブランド: liar-soft
うーん。正直お話はまだよく分かりませんけど面白いです。どうやら妹ゲーのようなんですが。

腐り姫

ブランド: liar-soft
ギャグゲーメーカーというイメージのあるライアーの新作。Win2k との相性が悪い事もあり、ライアーのをやるのはこれが初めてだったりします。
冒頭だけでやられました。ごめん、こういう雰囲気好きだから弱い。もしかして 2 月は地味に (本来の意味での) 佳作が出る月なのかも。
システムも安定動作中。未読部分できちっと止まらない事もある既読スキップがちょっと気になる程度。