Tag Archives: 螺旋回廊 2

螺旋回廊 2

販売: ruf 開発: âge
コンプ。全ての選択肢には意味があるということを忘れると詰まりますね。
続編ものが前作を越えるのはやはり難しいのでしょうか。良くなった点もあれば悪くなった点もあります。しかしどちらが好きかと問われればやはり前作と答えます。作品としての体裁はよりよくなったのに、肝心な部分が伏せられてしまっていてあからさまにまた続編が出るような終わり方をするのは好きではありません。広げた風呂敷はもう少し畳んで欲しい。
きっついのや怖いのや猟奇的なのとか色々と素敵な要素が溢れてますがそれらは結果的なものとして描かれ、その内容よりは雰囲気やシチュを魅せるためのものとして使われてるので想像力逞しい人でもなけりゃ大丈夫なラインです。部分部分のきっつい描写やよりどりみどりの性倒錯者も前作程のインパクトはありませんでした。
期待していた女性視点が今回は無かった (あるにはあるけどサブキャラ) のも残念です。あの身を引き裂くような絶望感と恐怖感に彩られた心理描写がもの凄く好きだっただけに。……そうか、私って精神的陵辱が好きなのか。そういう気は無いと思ってたけど。けど CG だけかもしくは情景描写だけにしては量的に短すぎる。その分がシナリオに回ってしまったのか。
形骸化した倫理規定に対する当てつけのような描写は健在です。「匂わせている」だけで「表現」はしていないので問題ないのでしょう。あ、でも実妹で抜くってのは祖父倫的に OK なんですかね。少々微妙な表現で一応の気を遣ってるようでしたけど。
初回特典のドラマ CD は本編を補完するような内容でぐーでした。#3 とかもう凄い凄い。
CG 枚数は少な目、精神的に多少きっついネタが少々、多分抜きには向かない、サイコホラーとかサスペンスな雰囲気が好きなら押さえておいても良いのではないかと。

螺旋回廊 2

販売: ruf 開発: âge
圭一グランドエンディングとかおり編まで。つまりは表舞台は恐らく終了、後は裏方のネタばらし編かな。きっついのは纏めてくるらしい。
主な主人公は二人、シナリオはそれぞれ導入部とも言える前編と解決編に当たる後半の二部構成。この計 4 シナリオが話の中心となり、前半部のクリア状態で後半部の展開が変化するタイプなので上手くやらないと詰まりやすいです。さらに選択肢は全チェック必須と。難しそうに聞こえますが、私はこのぐらいが一番丁度良い。
内容としては、前作より作品としての完成度を高めてしまった反動で尖ったところが丸まってしまったような印象です。Kanon よりも One の方が面白いと感じるような感じでしょうか。見えない何者かに追い詰められ、一方的に奪われるだけだった前作とはちょっと趣向が違いますね。救いがある、というのは良いことのはずなのですけど。
さて。最後はどうなるんだか。

螺旋回廊 2

販売: ruf 開発: âge
むぅ。昨日のはプロローグのようなもんでした。タイプとしては前作同様、クリア毎に最初から初めて視点となるキャラを選択していくもの。んでフラグ状況により選べるようになるのが増えていく、と。シナリオ途中の選択肢による分岐を削って複数視点による厚みの方を優先したような感じです。
パターンとしては前作のを踏襲。世界観のみを継承した別物ではなく、それとなく関係を持ってたりする続編って位置づけらしい。今回はちょっと情報が先に一部見えてたりして (伏線なのだけど) あの差し迫るような緊迫感や恐怖感は得られず。慣れとも言うか。
タイトルの由来としてちらつかされただけだった「ローシュタインの回廊」ネタは……今回も似たような扱いなんだろうな、きっと。
今日は圭一シナリオまで。つまりはまだ周りの人間なわけで、名物とも言えるきっついのは後半戦で一気にきそうな。

螺旋回廊 2

販売: ruf 開発: âge
エロいというよりはエグい描写と恐怖感を煽るシナリオ、多視点で構成されたサイコサスペンス系作品としては珍しく成功した部類に入る前作のテイストを引き継いだ寝取られ鬱ゲー……だと思う。
「Satirize」は KOTOKO たんじゃなかったのか。好みは分かれそうだけど曲調は気に入った。
一周目はネタ振りの演出か、無意識で避けるような選択肢を選んだからか予想通りに拉致られエンド。二周目からは真面目にいきたいけど気が重い。鬱だけど萌え、という複雑な心境……