Tag Archives: 魂響 ~たまゆら~

魂響 ~たまゆら~

ブランド: あかべぇそふとつぅ
久々に踏んでしまった騙しゲー。
物の怪退治を生業とする姉妹と主人公。しかしある日の戦いで、妹の一人が命を落とす。惨劇に何も出来ず呆然とする主人公に対し、僅かに口の端を上げるもう一人の妹。多分体験版はこのプロローグ部分までなのでしょう。宣伝要素としてはなかなか魅力的です。死んだのは甘えたがりの実妹、生き残ったのは素直になれないツンデレ義妹。このシチュエーションで萌えない腹黒好きはいません。
一応、そんな期待に答えようとした形跡はあると思います。でも最後の落としどころがあまりに最悪、いやご都合過ぎていて救いようがありません。最後に綺麗事並べて納得して何が腹黒か。生の感情を出すようでは俗人を動かすことは出来ても我々には通じんなぐらい言えよ腹黒妹。
メインシナリオの別視点とも言える双子ルートはどうでも良いのでノーコメント、メインとは独立した藍シナリオは問題外、学園生活を描くためだけに設定を改変したオマケシナリオは論外。
お話の内容以前に、テンポや構成がひどく退屈なもの問題です。伝奇ものっぽい妖怪退治があるのはプロローグだけ、本編自体は謎の仮面を追ったり追われたりで、これを伝奇ものと呼ぶのは何か違う気がします。つまらない日常シーンとの繋ぎ部分では、数日後とか一週間といった単位で時間が経過してるのに全くそれっぽいことをしてる気配がありません。日本は平和ですね。
無駄に長い戦闘シーンは Fate のパクリだとか言われているっぽいですが、太刀筋を挟む剣戟というだけでパクリ呼ばわりするのは流石にどうかと。どちらかといえば劣化コピーのように思います。Fate は体験版しかやってませんけど、あちらは単に太刀筋のカットを入れるだけでなく、剣劇音や無駄に派手なエフェクトで見てくれよく誤魔化していた記憶があります。しかし本作の方は太刀筋の他は忘れた頃に音が入ったりアニメーションが挟まるぐらいで、無意味な引っ張りが退屈さを煽るという悪循環に陥っています。ただ読むことすら苦痛なオマケシナリオよりはマシですけど、燃えない戦闘シーンに意味はあるのでしょうかと思うので。
そういえば主に戦っているのって妹とか双子とかで、主人公は片手でお釣りが来る程度の回数しか戦ってないような。そりゃ確かに 1 年程度で何年も鍛えてきた連中を追い越すのはアレですよ、でもそれを可能にするのが主人公特権てものじゃないのかと。こんな妙なところで現実路線を走らなくても良いでしょうに。
Elements Garden による OP と挿入歌は素晴らしい。フルコーラスと一緒に別ボーカルによるアレンジ版も特典マキシ CD (サントラではありません) に収録っぽいです。ただし歌詞や正式なトラック名といった情報は一切無し。作詞作曲者名とかもスタッフロールぐらいでしか確認できません。

よかったところ
中途半端なのが残念な腹黒妹と OP ・挿入歌
わるかったところ
何百歩か譲ってご都合を認めるとしても、最低限のけじめは付けて欲しいものです

予約特典冊子と初回版のマキシ代として、3.9k が現実的な相場でしょうか。店頭分はかなり余裕がありそうなので、放っておいてワゴン行を待つのが賢い消費者だと思います。
最初から同人ソフトで 2k 程度だったなら許せたのに。

魂響 ~たまゆら~

ブランド: あかべぇそふとつぅ
オマケシナリオの残りエンドクリア。お話しは同じ、読むのが辛いテキストも相変わらずです。
話がただつまらないこと以上に、テキストの駄目さが本当に辛いです。たとえば昨夜帰ってこなかった妹と登校時に会った時の会話。

「おま、那美、どこ行ってたんだよ」
「えー? お兄ちゃんには関係ない」
「あーあー、まあいいや今日は先に行くぜ」
「あれれ、行っちゃうの?」
「那美! 元気か?」
「え? うん!」
那美がいつもの笑顔を見せた。
「じゃーねー」
「おう!」

納得するなよっ、ちゃんと突っ込めよっ、唐突に話変えるなよっ、とツッコミたくなる会話が何度も何度も繰り返されます。文自体も、かなり高い割合で台詞の冒頭に入る感動詞たちが素人臭さと安っぽさを際立たせてくれます。読点を「wwwうぇwwっうぇwwww」とかに置き換えて VIP 板風にした方がまだ読みやすい。
テキストだけはオマケシナリオよりマシな本編の方も攻略見て藍エンド、コンプと。かすみ達の話には全く関わらない独立展開で、つまらない日常シーンが無駄に延々と続いてくれたのが実に苦痛でした。

魂響 ~たまゆら~

ブランド: あかべぇそふとつぅ
オマケシナリオでかすみエンド。お願いですから 10 分で済むお話しを引き延ばさないで下さい。事が起きる → 詳しく知りたかったら後で会いましょう → 話はやっぱりまた今度、のループを何度も繰り返す意味も必要性も理解できません。しかも面白くも何ともない壊れた会話が余計に疲れさせてくれます。本編も同レベルでしたが、会話文が壊れている分こちらの方が本編以上に苦痛です。

魂響 ~たまゆら~

ブランド: あかべぇそふとつぅ
何故かバッドエンドに行ってしまったのでオマケシナリオをやってみました。自ら、新人養成だか育成だかでアレだとか何とか言うだけあって想像以上なアレっぷりです。笑いどころなのか天然なのかスルーした方がいいのか判断に困るネタが多すぎ。でも実は本編と大差ないのは公然の秘密。
設定もキャラも別物な二次創作がオマケシナリオってのは斬新ですね。

魂響 ~たまゆら~

ブランド: あかべぇそふとつぅ
真咲さんエンドと真散エンド。お話しは殆ど重複、姉妹丼ぐらいは期待したのに。主人公は相変わらず見せ場無し。
本編はこれ以上、展開しそうにないのでとりあえず頭からやり直して藍エンドでも探してみますか。

魂響 ~たまゆら~

ブランド: あかべぇそふとつぅ
かすみエンド。いきなり憑きものが落ちたような爽やかなツラで爽やかなことを言われてもご都合にしか映らない私の心は曇ってるんでしょうか。腹黒ツンデレ妹なんて通常の 3 倍は萌えそうなのに、最後のご都合で全部駄目にしちゃってます。ていうか別エンドあるんですかね。
二周目は多分真咲さんルート。大まかな流れは同じで似たようなエンドに行きそうな気配が既に漂ってます。

魂響 ~たまゆら~

ブランド: あかべぇそふとつぅ
発売直後に叩かれてた、自動起動でいきなり自己解凍を初める素敵仕様すっかり忘れてました。
プロローグは妹に何か恨みでもあるのかと思うような良い展開ですね。とりあえず双子姉妹登場のあたりまで。