Tag Archives: 黙って私のムコになれ!

黙って私のムコになれ!

真壁さんエンドでコンプ。

バグゲーではなく、一応真面目にやろうとしているように見えるのに「これはひどい」と言いそうになってしまう展開やオチが酷い。

見た目から想像される王道的ラブコメゲーっぽく見えるのは中盤まで。個別ルート以降については狙っているのか天然なのか、わざとユーザに受け入れられにくい展開や言動がこれでもかと入り、これは本当にヒロインといちゃいちゃするゲームなのかとちょっと疑わしく思えてきます。

いわゆる萌えゲ的な意味で無いだろそれはと言いたくなるような展開の後に、一応くっつくわけですからそういう意味では新鮮なギャップ萌えなのか…? と思おうともしましたがちょっと無理があります。

良く言えば予想の斜め上を行く展開、悪く言えば中途半端な思いつき展開。どうせこんな展開でこんなオチでくっつくんだろう、という読みを微妙に外したり擦ったりするのは飽きないという意味で面白かったですが、一般受けは狙えないと思います。

変な展開を狙うのも別に良いのですが、大した深掘りもせずに書くと萌えないまたは萌えにくいヒロインになってしまうわけで。王道が好まれ流用されるのにはそれなりに理由があると言うことを認めないとダメですね。

  • よかったところ
    • 佑里恵さんは好きだったんですけどね
  • わるかったところ
    • 中途半端に王道を外すとかえって酷いことになるんですね

ぱっと見はよくある極々普通の王道的ラブコメゲー、しかしその実態は萌えない萌えゲもどきという不思議な作品です。多分シナリオに力を入れようとした結果だとは思うのですが、どうもわざとなのか真剣に気付いていないのか、受ける路線を見事に外しているような節があります。

ちょっと重そうなテーマで重厚なシナリオを……とか考えるのは良いとしても、方向性とかオチへの持って行き方、ネガティブイメージの付いたキャラに対する補正措置、とか色々手当は必要だとは思うんですよ。そういうアフターケア的なものが見事に抜け落ちているから、思いつきでキャラを動かして色々やってみたような酷さを感じるのだと思います。

ちょっと毛色の違う作品を敢えてやってみたいと思えるなら良い作品です。普通のがやりたいなら避けた方が無難。

あと本作に対する批判的な意味で言われているらしい「騙ムコ」という略称はなかなか上手いと感心しました。何気に深い意味がある、ようにも受け取れるし。

黙って私のムコになれ!

小鳥エンド。これはひどい……

唯一まともそうなキャラで、ちょっと手法がアレだけど無難なシナリオになるのかと思ったら何もこんな酷いギャグにしなくても。ギャグはギャグでも、あまり笑えない方のギャグだと思うんだけど意図的に狙って書いてる……んだよね?

黙って私のムコになれ!

遥、玲央奈、佑里恵、凜、妹とラブレター少女とかのオマケエンド、まで。

予想の斜め上を行くという意味では楽しめました。突飛というのか、この発想はなかった……いや普通やらないだろ、という感じで。意外性に富んでいてネタ的には面白いと思いますが、逆に言うと一般受けは著しく困難な内容に思います。

頭大丈夫ですか、と不謹慎ながら思いたくなるような行動を取らせるのは、普通に期待していた人にはちょっとハードル高いんじゃないかと。

黙って私のムコになれ!

微妙な評価を聞いてますがネタ的な意味で面白そうではあるので崩してみることに。投票云々のところまで。

主人公の言動やノリ、テンポがいまいち好きではありませんが、凜が出てきてからは面白くなり始めてる……とも言いきれないですね。良くも悪くも評価無し。

残り時間で適当にイベント消化して仲良くなってデレて、って予定調和な感じが見え透いているのがあまり気を引かない原因なんですかね。

ヒロイン候補は 6 人? てのはちょっと多めだけど大丈夫なのだろうか。