Tag Archives: CHAOS;HEAD

CHAOS;HEAD

ブランド: NitoroPlus
ネガティブな妄想で一周してみたものの、別ルートに入れなかったので諦めて攻略頼って別エンド見てコンプ。いやだって自力だと氏ねますからこれ。
6 人もキャラがいるせいか、レギュラーに近いキャラがいる一方で殆ど絡まないまま終わってしまうキャラがいたりと激しい格差社会になっているのが何とも勿体ないです。分岐の作りにくいお話だとは思うものの、もうちょいシナリオに厚みが欲しい。電波な言動をするのは何かの伏線かと思ったら実はただの電波さんでした、はあまりにも……。
電波、中二病、メンヘラは当たり前、トンデモなネタだって使ってきますが細かい設定とかには深く突っ込んできません。無駄な裏設定とか胡散臭い理論立てとかを好む向きには多分合いません。
レーティングは 15 歳以上推奨の一般指定、メディ倫に R 指定に相当するものはないのか別な思惑か、倫理審査機関の審査を受審しない自主審査のようです。ささきむつみなので精々下着止まり、言動にしてもややストレート気味ってぐらいで深夜アニメ程度でしょうか。
しかし曲がりなりにも一般指定なお陰か、実力に富む声優陣で固められています。特に主人公のキモイ台詞等は、アレルヤさんボイスでないと色んな意味で耐えられなかったかもしれません。いや上手いからこそアレなんですが、ただの DQN にならない、だけどキモイという絶妙な機微を載せた演技が秀逸。
主人公はヘタレなキモヲタという設定なので当然のようにネトゲに入り浸るはネットスラングを口に出すは二次元の妄想に逃げるはとなかなか散々ですが、むしろそんな痛々しいところが愛おしい。
選択肢は皆無といって良く、お話もほぼ一本道。ただし要所要所で、ポジティブな妄想かネガティブな妄想か、何も妄想しないかを選べる妄想トリガーという事実上の選択肢的なものはあります。しかも大変タチの悪いことに、妄想トリガー部分で既読スキップは止まってくれません。こればかりは改善を望みたいところです。あとはフルスクリーン切替がコンフィグ画面からできないというのもちと面倒。
普通であれば明らかに架空と分かるように記述される作中の URL がさも実在しそうに書かれていたのはちょっと気になってましたが、どうやらドメイン取っているようです。さすがに本物と見紛うほど作り込まれてはいないものの、この芸の細やかさだけは感心しました。
予約特典として、立ち絵が下着になるという「主人公・拓巳の妄想力が暴走!! 女の子達が全員下着姿に!?」パッチのダウンロードカードがついてきますが正しくはこれ、女性の立ち絵が全員下着姿に、だと思います。どう見ても女の子とは呼べない精神的ブラクラまで下着姿ってご冗談にも程が。ダウンロード手順が猥雑だとか色々問題もありましたが、プレー中いつでも自由に変更できるのでネタとしてはまあ面白いかなと。

よかったところ
主人公の言動と、追い込まれていく精神状態の描写は好きでした
わるかったところ
周りのキャラが空気と化しているバランスの悪さがシナリオを必要以上に物足りなく見せているように思えます

一言で言えば七海かわいいよ七海。

CHAOS;HEAD

ブランド: NitoroPlus
「童貞の妄想力は、凄いんだ――」
ついつい徹夜して一周目終わり。ヘタレなキモヲタを自称する主人公が遂に目覚め熱いバトル展開にっ、なんてことはあるわけなく、最後までその愛すべきアイデンティティを失わずにいてくれました。存在が空気と化したキャラが多すぎだとか本当にただの電波さんだったのかとか、気になるところはありますが。
一周目はポジティブな妄想で進んだので、二周目は逆に妄想無しで。しかし単に妄想しないだけじゃお話に変わりはないようで。んじゃあどっちもバッドエンドなのかと思いましたけど、単に最後の最後でちょこっとミスってたようでした。
とりあえずネガティブな妄想で三周目。妄想のところでスキップが止まらないのは正直、糞仕様としか言いようがないんですが。

CHAOS;HEAD

ブランド: NitoroPlus
7 章まで。相変わらずのヘタレっぷりでお話はまた怪しい方向に。

CHAOS;HEAD

ブランド: NitoroPlus
サポートから返信ありました。日曜の日中に、24 時間以内に返信あるのはまあ頑張ってますねとは思いますが、認証キーのリマインダ作ればこんな余計な仕事しなくて済むのにと普通に思います。
で、期待の下着パッチは文字通り、立ち絵が下着になるだけというお馬鹿すぎる (褒め言葉) ものでした。まあシュールと言えばシュール。
本編の方は取り敢えず、全キャラ一揃いした 5 章まで。メンヘラと厨二病だらけで痛すぎるのが面白いです。

CHAOS;HEAD

ブランド: NitoroPlus
予約特典の下着パッチ適用後のセーブデータ互換性について、最初からやり直し推奨という何とも不安な記載なので先に落とそうとしてみたら痛い目に遭いました。
製品のシリアルと特典パッチを落とすためのコードの入力を促すフォームまではまあ普通です。しかしその次、混雑を避けるために現在時刻から 3 時間以降の時間帯を選択、指定の時間に再度フォームにアクセスし、時間帯選択時に表示された認証キーを入力してダウンロードという何とも面倒な手順になっています。
私の場合、最短だった 26 日の 23 時を選択したところ、その時間帯は制限数を超えたんで他を選べとのメッセージが表示されました。そして当然のように時間帯だけを一つずらして 0 時を選択してみると、日付のところを変え忘れたからか 26 日の 0 時で受け付けたとの表示。26 日の 0 時って常識で考えると 25 日の 24 時、過去の時間だというのに受け付けるなんて何ともお間抜け、この程度のバリデーションもやってないってどこの初心者ですかと笑いつつ再度やり直し。
2 回目だからか今度は指定日時とコードを入力するフォームでした。なんで 2 回もコードを入れなきゃならんのだと思いつつ入れてみると 1 桁足りない。というかダウンロード用のコードが 9 文字なのに対して入力文字数制限が 8 文字。おいおい、どこまで手抜きなんだとよーく見てみると、入れるのはダウンロード用のコードではなく「前回のダウンロード認証キー」でした。
なるほど、よく読めば確かに説明ページに書いています。「時間指定が完了致しますと、画面に「ダウンロード認証キー」が表示されます。パッチダウンロードの際必要となりますので、必ずメモ等をとり、控えて下さい。」の後に、「ダウンロード時間を逃してしまったり、指定時間を変更する場合前回の「ダウンロード認証キー」が必要となります。認証キーは再発行等できませんので必ず控えをとって下さい。」と。
つまり一度でもダウンロード認証キーを表示させてしまったら、何があっても必ずメモれということですね。しかもメモを取らなかった場合の救済手段は一切無しという漢仕様。表示されるのは POST のレスポンスなのでブラウザのキャッシュにも残りませんよこんちくしょう。
ユーザインターフェイスを設計する上での大原則は「ユーザは救いようのない馬鹿である (訳:ユーザは常に斜め上を行く)」。ショッピングサイトで「2 回クリックしないで下さい」といくら書いたって何度でもクリックするし、必ずメモれといったパスワードはすぐに忘れる。だからこそ作る側は多重 POST をチェックしたりスクリプトでボタン無効化したり、パスワードのリマインダやリセットといった仕組みを作り込んであげる訳で。日時チェックの甘さもどうかと思いますが、この程度の予防策も取れずによくこんな糞面倒な仕組みを取ったもんだと思います。
しかもこれ、下着パッチというから精々 100 MB 程度かと思ったのに 512 MB て。このサイズなら普通に特典として媒体付ければ良いものだろうに、何がしたかったんでしょう。取り敢えずサポートフォームにとっとと何とかしろと文句垂れておきましたが、2 営業日目処を考えると連休明けがいいとこでしょうか。
で、本編の方は OP ムービーが終わったとこまで。