Tag Archives: Coda

Coda

ブランド: Over
コンプ。
期待したものはラストにちゃんと補完されたので一応は (その部分だけは) 満足しました。オチはすぐに想像つきそうなのでインパクトは無し。こういう妙に刺してくるシナリオがメインの方が凄く萌えるのに、何故こうも二面性に拘るんだろうか。こう言っちゃアレだが、今更ありふれた恋愛ものシナリオを書こうと思うならそれなりに捻って (それか萌えキャラ用意するか) くれないと眠いだけになってしまう。少なくとも今回は失敗に近い。
というのも、シナリオの為のネタですら殆ど生かされてないように思われる。特に一番重要なはずの彼女の事故死という事件をあんなあっさりと捉えてしまっていいのか主人公。ついでにあの人、主人公の事なんて実は何とも思ってないぞ絶対。
OP の I’ve 提供の曲は OP ムービー (AVI) にしか入ってないのでそっち方面を期待する人は要回避で。フルコーラス版の歌詞を掲載してる癖にどうしてショート版すら単体のファイルで用意されてないんだよ……
作品内容については流通の特集ページを参照。オフィシャルサイトを作らないのはまたすぐにブランドが変わるという暗示か?

Coda

ブランド: Over
春香エンド四つ。
ああ、やっぱりこれ陵辱ルートの方が面白いわ。表ルートがそれほど面白くないのも相まって。
表の基本的な流れは素直になれない後輩どもの恋愛成就を手伝ってやるうちに意中の彼女とも以下略というもの。ベタすぎて古くささを感じてしまい楽しめず。しかも一年前に死んだ彼女との向き合い方がどうにも希薄で修羅場とかどろどろしたのが無いのも残念です。
かと言って陵辱ルートの方も肝心の陵辱シーンがそれほど萌えなかったのでちょっと弱いか。このルートでもエンドはハッピー / バッドと二種用意されており、ハッピーの方はかなり救いの無さげなものが用意されてるようでいい感じです。これは期待通り。
やはりこのチームのシナリオは救いようのない場所へ平然と追い込んでしまうところに面白さがあると思われ。一作目の「Blow」の真ヒロインなんて虐めから自分を救ってくれなかった片思いの主人公を怨みながら自殺 (主人公に自覚無し)、実兄は妹の無念を晴らす為に復讐、でもって主人公発狂という切なさ炸裂ぶりが最高に良かったのですが。
ここのは最後まで何があるか解らないからまだちょっと期待してる部分はあり。

Coda

ブランド: Over
何故かソフトを一本出す度にブランド名と販売元が変わってしまうチームの三作目。今回は OP 曲を I’ve に発注するぐらいの事はできる状態なようです。ちなみに曲は中沢氏 + KOTOKO たんコンビ。CD-DA 無し。
内容は彼女が交通事故で死ぬという「またか」な設定ですけど割と普通。というかまだ綾エンド見ただけなのでよく解らない点がありすぎ。ついでに前振りが長すぎなので (君望の一章程ではない) ちょっとダレ気味。さらに選択肢でセーブ不可という非常に萎える仕様。静止画と BGM とテキストで構成される ADV をゲームたらしめる最も基本的な要素である選択肢でセーブ不可っつーのはどういう了見ですか。
バッドエンドルートの方に期待。多分そっちの方が面白い。