Tag Archives: Cross Days

Cross Days

今日も攻略を見ながら「菊を愛でて」「姉」「自滅」エンドを見てようやくエンドについてはコンプ。途中のルートは色々あるらしく、シナリオ達成率は 88% 止まり。

タイトルの通りスクールデイズのお話に交錯した話ってことで、前提知識として少なくともスクールデイズはやっておく必要はあるかと思います。サマーデイズはサブキャラとかを知りたかったらって感じで。

メインのお話は主人公とヒロインが、周囲の人間が吹き込む壮大な勘違いと思い込みと伝言ゲームに惑わされるもので、よくある「擦れ違い」なんて可愛いものでは決してありません。勘違いした人同士が勘違いしたまま会話を重ねて、偶然にも会話が成立してさらに勘違いを深める、なんて状況がザラにあります。最早何らかの悪意が介在しているだろうってぐらいに。

そして登場するキャラは揃いも揃って脳内が桃色お花畑、しかも歯に衣着せない人達ですから不快とか不愉快に感じる言動なんていちいち数えるのが面倒なぐらいで。誠死ねとか何度言ったことか。この辺はスクールデイズの頃からそうでしたけど、ぬまきちは相変わらず人間臭い嫌なキャラを書くのが大好きなようです。

そんな愉快な人達に揉まれながらも不器用な恋愛模様が……なんて爽やかな話であるわけもなく、自由な発想で実に幅広い展開を見せてくれるのが本作というかこのシリーズの売りですと。

ただ今回は、どうもネタに走りすぎたというか「君らおかしいよ」ってぐらいに周囲が暴走していて突飛な展開で受けを狙いすぎたように見えます。誠無双でサブキャラ含めて食い散らかしっぷりが凄かったサマーデイズに比べるとエロは少ない、かといってスクールデイズのような三角関係や血みどろ展開があるわけでもない、とちょっと過去作に比べると弱いんですよね。

男の娘ネタが無駄に騒がれてたようですが、あれは「こんな可愛い子が女の子のはずがない」というネットスラングへの皮肉というかそれをテーマにしたお話と見れば、やけに深いお話だと思うのですが。

動画を大量に使う関係上、毎度毎度不安定になってきたシステムは修正パッチを経てようやく実用レベルになってきたかなあと。ただそれは安定してきただけの話で、プレーのしやすさや操作性といった意味でのシステムはまだまだ貧弱です。特に、セーブがシーン単位 (動画単位) 毎になってしまうので選択肢部分でのセーブやロードができないのは致命的。シーンスキップはできますが、素直に「次の選択肢へ」があった方が便利です。

ルートマップは付いてますが、現在位置の反映がかなり大まかなのと、選択肢が即反映されるタイプでもないのとで攻略の足しには殆どなりません。ルートマップ上の分岐点に選択肢があって、その選択でどちらかへ、というフローチャート的なものを期待してるのに。

アニメーションについては流石にもう手慣れてきたのか、基本となるパターンを作ってあとはひたすら合成したりカットしたりで使い回しです。このため、アニメとしてみるとやや不自然に見える繫がりになっているシーンも散見されます。どうしても、というシーンに対してはそのシーン用に起こしていますが少なめ。

よかったところ
誠は相変わらずだけど、言葉様がちょびっとだけ救われて安心しました
わるかったところ
普通にサブキャラを食い散らかすエロさが欲しかった

既存の枠に捕らわれない、自由闊達に展開する話が見たいなら恐らくお勧めです。話のネタにはなりますし。

Cross Days

攻略見ながらひたすら消化試合。「修羅は来たれり」「贄と成就」「偽りと偽りを重ねて」「すべてをあきらめて」「和解」「向き合って前へ」「天誅」「蜻蛉」「君だけを」エンドまで。これで残りは 3 つに。

今回は陰惨なエンドもなければ、えろえろなエンドもないようですね。後味悪いとか悪趣味とか、微妙な派生バッドエンドが多い感じで。

Cross Days

攻略頼る気満々でしたが、修正ファイルを入れたので試験も兼ねて適当に最初から再開して「陰に散る」「失意」「差し出した手をとって」「嘘と真実を重ねて」、素直に攻略を見ながら進めて「愛と勇気だけが」エンドまで。

確かに dll を入れかえることで分岐がちゃんと働くらしく、新ルート開発に成功したようです。あと exe の入れ替えで、ウィンドウ状態では落ちたりフリーズは無しに。フルスクリーンだと、以前よりは長くプレーできるもののやはり不意にフリーズすることがあるようです。

あと攻略を頼ることに決めてから気付きましたが、どうやらまだ完全な攻略情報はないようです。全エンドは出尽くしてるようですけども。相変わらず難易度高いなあ…。

Cross Days

今日到達したのは「想い重ねて」「マッシブ・ラブ」の 3 つ。

「想い重ねて」は三方丸く収まった珍しいハッピーエンド、「マッシブ・ラブ」はぬまきちの趣味というかある意味ギャグというか。そういえば、THE ガッツが好きだと言ってましたね……。ギャグにしても、ちょっときついですが。

達成率はやっと半分程度、ルートマップでは 4 話の下半分のエンドが全く見れてません。何周か、今までは違うルートを目指して適当にやってみたものの、単純に選択肢部分でセーブできるタイプじゃないこともあって、どうも上手く新規開拓ができない感じに。そろそろもう、攻略頼る時期ですかね。

と、今頃になって修正ファイルがあることを思い出しました。いや存在自体は前々から知ってましたが、応急的な配布だったのでオフィシャルに告知されてから入れようと思っていてすっかり忘れてたという。製品版のファイルは特定ルートに行けないようになっていたそうですから、ルートマップ下半分のエンドを潰せないのはこれが原因の可能性が。

Cross Days

2 周目は「恋破れて」エンド。

「こんな可愛い子が女の子な訳ない」とはよく言ったものですが、まさか 1 シナリオのテーマとして引っ張るとは。巷じゃネタ扱いのルートからの派生エンドだと思うのですが、何だかんだでこのルートは見応えがあります。というより、論ってるのはいつもの祭便乗組だろうに。

勿論、生理的に嫌悪を抱くのはわかります。何せ絡むのは誠だし、それなりに男の娘ネタが好きな自分でもちょっとうーん、に思うとこはありました。が、それに耐えてでも読み進める面白さがあったのが悔しい。

何の躊躇いもなく突然男の娘になったり、驚いてもすぐ受け入れたりする男の娘ではなく、嫌々ながらも受け入れて徐々に……という流れの作り方、それに対する戸惑い、ウザイ誠達の存在、とあまり見かけなかった視点で書いたのはやっぱり悪趣味ネタ大好きなぬまきちらしいなあと。

そして最後に付けた見事なオチ。素直にこれは上手いと感心しましたよ。

3 周目は最後の選択肢を変えて「淫獄」エンド。まあ、ある意味バッドエンドなのか。

4 周目は男の娘へ分岐する手前でロードしてやり直したら「闇に堕ちる」エンドに。路夏と完全に擦れ違うとこうなるよという、これまたバッドエンドか。

シナリオ達成率はまだ 30 % 程度なので、もっと色々な展開があるはずですがシステム的にどうにもやりにくいのと、不安定なのとがあってちょっと手間掛かりそうな感じがします。

Cross Days

ということで話題作を開始。謎のネットワーク不具合というか、どうも私の環境からは settec のサイトへ正常に接続できないのでアクティベーションに予想外の手間を掛けることになってしまいましたがその辺はついったに投げたので省略。

あとフルスクリーンでやると止まりまくってしまうので仕方なくウィンドウ状態でプレー。お陰でついったに投げまくってしまいました。

内容は端的に言うと、新しい主人公と新しいヒロインとの擦れ違いのお話にスクイズの誠たちを交錯させることで泥沼路線へと引き込んでやきもきさせられるものです。ぬまきちは本当に、こういう弄ぶかのような擦れ違いを描くのが上手いというか好きですね。腹黒い方達も猫を被ることなく 1 話から活躍してくれるので怖い怖い。本当にぬまきちは (以下略) 。

1 話あたりのボリュームはかなり長めに感じます。変に区切るのは止めて大きめの塊単位にしたってとこでしょうか。

誠氏ねと何度も呪いながら、辿り着いた一周目のエンドは「みなみの恋人」。無事、路夏とのハッピーエンドってことで気分的に救われたものがあります。いや本当に、誠を見ているとこう言葉にできないむかつきが溢れてくると言うか。明らかに狙ってるだろうという感じに誠が動いてくれるのでもう誠氏ねと何度言ったことか。

誠は本当に愛されてますね。

二周目は途中のセーブデータから開始して、気の向くまま思うままにやってみたら話題沸騰のルートに行ってしまったようです。そんな気はなかったのにこういう結果とは……これも狙っているように思えてなりません。

巷で伝え聞くほど、衝撃的というか誰得感みたいなものは無いなあと。むしろ普通に、男の娘ネタと思えばかなり丁寧に書かれているんじゃないかと思うほど。

まあ最後の最後にどう転ぶかは分かりませんが。