Tag Archives: Flyable Heart

Flyable Heart

言うべき事はついったとか含めて書いてきた気がするのでざっと軽く。

ライターが 5 人もいる時点で妙な不安を掻き立てられましたが、案外と言うべきなのか雰囲気や方向性としてはほぼ揃っていて大きな差異みたいなのは無し。伏線を各ルート毎にばらまくだけじゃなく、他のルートでそれを回収してたりする構成はやっぱり面白く感じます。

とはいえシナリオによっては展開がやや急に見えたり、あっさりと片付き過ぎな感じはします。具体的には、茉百合さんシナリオでは何処に茉百合さんをデレさせる要素があったんだだとかラストのあれはああなってる筈なのにあれでいいのかとか、くるりはもっとこうデレさせておくべきじゃないのかとか。

桜子は狙い過ぎな感があるけど許容範囲、天音はイメージ通り可愛い女の子でよいですね、結衣は予想通りと見せかけてもう一捻りされていたところは素直に面白い。すずのは出番が限られてたのがちょっと不利に見える原因か。

あと気になったのは、設定は結構考えられてるみたいなのに殆どそれが活かされていない、作中で言及すらされていない、ってのがちょっと。少しぐらいなら良いんですが、そこは説明しておくべきだろうってところまで作中での説明無しってのは。制服が二種類ある事なんて、ぱっと見ですぐ気付く事なんだから作中でも説明しておいて良いだろうに。予備知識として Web とかファンブックとか読んでるのは当然だよねと思われてるんだろうか。

よかったところ
見かけに反して、しんみりというか切ない感じの後味が割と好き
わるかったところ
作中できちんと説明されていない設定が多いよね

手放しで喜べるような文句なしのハッピーエンド至上主義だと辛いものがありますが、多少の苦みがあってこそハッピーエンドは萌えると思える方だと楽しめるお話なんでは。たまにはこういうのも良いでしょう。

Flyable Heart

くるりエンド、すずのエンド、CG 回収してコンプ。

くるりシナリオはもう一捻りあるかと思ったら案外あっさり終わり。せっかくデレたというのに、何故短い……。過去の話とか絡める手で来るとみていたのでちょっと拍子抜け。

すずのシナリオはほぼ予想通り。お約束な展開なので、かえってしんみり感は薄め。最後のちょっとした演出が心憎い感じでよいですね。

全体として、細かい設定があっても作中で語り切れていなかったり、活用されてなかったりというのはちょっと気になるかなあと。予想以上に面白いとは思いましたが。まとめは別途。

Flyable Heart

天音、桜子、結衣の順にエンド。どのルートでもちゃんと、あの謎な伏線めいたネタを使ってくるようですね。別ルートに出てきた伏線を消化してたりするあたりも良い感じです。

お話はかなり意外な事に、やけにドシリアスかと思えばしんみりと、だけど重すぎないという危ういバランスを狙ったものでした。一つ二つのシナリオだけのものではなく、どうやら全体的にこの方向性で纏めようという意志を感じるので、こういう方向性で作られているのでしょう。

安易に重い話は逆に引いてしまうものですが、ただのお涙頂戴系に走らないよう気を付けて纏まってはいるんじゃないかなと。

しかしこれ、最後はどうやって纏めるつもりなんだろう。大体やりたい事は見えてきた気がするけど。

Flyable Heart

2 周目は天音ルートで。茉百合さんルートと違って、伏線っぽいのは匂わせない方向なのかな。ほぼ終盤まで進んでる気がするからこのまま無事エンドなんだろうな。

Flyable Heart

茉百合さんエンド。

良い意味で予想外というやつなのかはまだ判断付きませんが、なかなか先を読ませようとしない展開は素直に上手いと思います。

大体の材料が揃い始めてくると流石に気付きますが、長く引っ張るのでも適当に手抜きするのでもなく切りを付けたのは良い判断なのでしょう。あのまま続けてしまっても、それは主題とは関係のない正に蛇足というやつでしょうし。

振り返ればよくあるパターンの話ではあるのに、飽きさせない緩急の付け方とテンポが上手く作用した半ば反則技的な構成のようにも思います。あれはちょっと性急というか強引だと思いましたが、ああでもしないと進まないというのも確かでしょうし。でもちょっと狡い。

主人公を取り巻くネタは後回しとか徐々にってパターンらしいので、お楽しみって事にしておきます。

Flyable Heart

きみなごの前に崩さないと、ってことで先日発掘したのをインスト。

よくある学園ものの体裁を取りつつも、謎の転校生だったりあからさまに伏線ぽい事見せたりして、牽引力はあるお話です。少なくとも眠気は来ない。