Tag Archives: G 線上の魔王

G 線上の魔王

G 線上の魔王 [あかべぇそふとつぅ] とりあえず時間も空いたのでとりあえず纏め。
タイトルはメインヒロインであるハルルートのお話。他のキャラは各章で順次脱落に等しい形で分岐。この手のシナリオ構成で複数エンドをやろうと思うと完全一本道にするか末尾でちょいと弄るしか無くなるわけで、キャラ毎に別物としてしまうのは適切でありながらある意味英断です。それでいて、根底のテーマだけは共通しているあたり直球でいながら割とやらしい球筋だなと。
なので総合的には何とも難しい。伏線は回収していない、ご都合万々歳主義、魔王との頭脳戦って要するに追いかけっこしてるだけ、キャラ個別ルートに入ると魔王の存在皆無、と美味しく見せるために装飾に凝りすぎてしまった感があります。肝心のハルルートにしても、あるといいよねというか不足している的なシーンが思い浮かんでしまいますし。あのラストそのものは好きですが、やはりタイトルである「G 線上の魔王」を乗り越えられたのかを明確に示すのも有りかなと思う訳で。
何にせよ巷の期待作だっただけあって楽しめました。魔王の声とか、一体いつ「間違ってるのは俺じゃない、世界の以下略」と言ってくれるのかとか期待してしまいましたし。
CG はまあ昨今で言えば水準並みなんでしょうけど、どうしてかアイキャッチで使われる鉛筆書き風の方が有葉氏の絵には合っているように思います。多分もっと淡い感じの方が良さげというか。背景についてはお察し下さい。いや ef と比べること自体が問題なのは重々分かってますが、あの立体感と遠近を目の当たりにした直後だとあまりに平面的なのっぺり感に泣きそうになります。背景は他でもアレなのはよくあるのでそのうち慣れるんでしょうけども。
音楽はクラシックをベースにアレンジした曲を含めて約 60 曲。当然ながら G 線上のアリアもありますが、メインテーマと言えるほど印象的に使われていたかというとやや疑問。

よかったところ
何だかんだ言っても追いかけっことハルの変人ぶりは面白かったです
わるかったところ
ご都合容認派でももう少し説明が欲しくなるご都合万々歳主義と水羽の扱い

そこそこ面白い雰囲気があるだけに、粗は目立ってしまいましたが箸休めには丁度良い 1 本かなと。あとは 1 年後を中心とした水羽の追加シナリオ FD があれば満足します。

G 線上の魔王

G 線上の魔王 [あかべぇそふとつぅ] ハル、水羽、花音、椿姫エンドでコンプ。
ミスリードを誘う釣り針があまりにわざとらしく、ブラフかマジか判断しかねていた訳ですけども。まあ正直どっちもよかったんですが、ご都合容認派でもあの投げっぷりと言うしかない伏線――いや回収されない伏線をそう呼ぶのか疑問ですが――はどうにかならなかったんでしょうかね。
無理矢理とも言える個別ルートの展開、それでいて根底のテーマは各キャラ共通というところからして些末なことはあっさり切り捨てる作風……なのかなあと。車輪の方が面白いというのが割と「大きい声」というやつらしいんで、そっちにも近々手を出せればと思います。どんなに荒削りでも、貫きたいテーマがちゃんと見えている作品って好意を持ってしまうんで。世間一般の声なんて何処吹く風と言わんばかりの個別ルートは意外すぎて面白かったですし。
とりあえず我が儘で甘えたがりの水羽をもっと見たいだろってのが世間一般の大多数だと信じてます。

G 線上の魔王

G 線上の魔王 [あかべぇそふとつぅ] 4 章途中まで。
3 章で花音シナリオに流れそうになりましたが断腸の思いで続行。いやだから私は別に妹という記号が好きなんじゃなく、高くて低い壁というか距離感が好きなんですって言い訳するところでした。

G 線上の魔王

G 線上の魔王 [あかべぇそふとつぅ] 3 章途中。
なるほど、今回はあまり穏やかじゃない方向のようで。この調子で進むのなら、最後のオチ次第で良くも悪くもって感じですか。

G 線上の魔王

G 線上の魔王 [あかべぇそふとつぅ] 3 章途中。
とりあえず 2 章の展開から考えるに、各章毎に魔王様大活躍で誰かを不幸に陥れようってことなんでしょうか。

G 線上の魔王

G 線上の魔王 [あかべぇそふとつぅ] 2 章途中。
悪趣味な展開大好き、ということでほいほいと釣られてみたもののそういうオチかよ、と毒づいてしまうのは性根が歪みきってるからなんでしょうか。
どうでもいいですが、クロスバ式交換機なんて前世紀末にとうに全滅しますよねとか中継交換機を幾つ介したところで発番号と着番号は共通線で着側交換機までは到達する実装じゃなかったけとか色々思う訳ですが。

G 線上の魔王

G 線上の魔王 [あかべぇそふとつぅ] 2 章途中。
いわゆる釣り針ってやつだろうなあと思ってたのにマジだった場合ってどう反応すれば。まあ敢えて手中を見せてより意外な方向へ持っていくネタ振りだと思うことにします。

G 線上の魔王

G 線上の魔王 [あかべぇそふとつぅ] OP の後まで。ってこれは 2 章ってことなんでしょうか。
私の中であかべぇそふとつぅは既に黒歴史化された魂響で止まってしまっていますので、今回が初るーすぼーい作品。
奇抜なえろげキャラのネタも出尽くした感がありますよねーとはつくづく思ってましたけど、メインヒロインが鬱キャラできも可愛いってどういうセンスしてるんですかこのライターは。
二癖はありそうな主人公の境遇とか賢しら以上衒学的未満なネタとか、受けそうなポイントは抑えているなあという感じですが。