Tag Archives: Garden

Garden

Garden [CUFFS] さよなら アイの庭
てことで愛ちゃんエンド。いやもうこれは反則過ぎるだろと。ただただ、だだ甘でふわふわで、涼ちゃんは相変わらず変態で最高でした。やけに台詞の一つ一つが長めに感じるのは元々のものだったのか 1 ワードにとにかく詰め込もうという大人の事情なのかよくわかりませんけど、最初からこれがあれば溜飲も多少は下がっただろうにと思えるものだったのは確かです。
これであとは、瑠璃と鈴村三姉妹ルートと彩ちゃんルートが揃えば完全版ですか。

Garden

Garden [CUFFS] おかえり アイの庭
約 4 ヶ月ぶりの再開でしたっけ。当然、愛ちゃんルートで。追加の影響で既読スキップが効かないんじゃ、と不安になりましたがそんなこともなく、追加になったらしいシーンの頭まではちゃんと飛ばせるようです。

Garden

ブランド: CUFFS
落ち着いたのでざっと纏めでも。
評判は散々ですが、ふと見たパケ裏の粗筋に惹かれて崩してみるかと手を付けたのが運の尽き。まさか、未完と叩かれた最大の要因であるシナリオカットが、どう見てもメイン級のキャラのことだったなんて夢にも思いませんでした。少なくとも途中まではルートの存在を予感させる選択肢や CG 付きのイベントだってちゃんとあるので、てっきり選択か条件が悪いのだとばかり。消すなら全部消せばいいだろうに中途半端に残して、その後は無理矢理絵里香ルートて。これで整合性が、っていうといったいどんなシナリオを予定してたのか不思議でなりません。単にプロットの時点で矛盾が生じていたんじゃあ。
お話はメインの絵里香が一番重くなりそうでいて、終わってみるとちと厚み不足。せっかくの持ちネタを生かし切れていないように感じました。かといって音川先輩はエンドが投げっぱなし気もするし、あざみんは無難と言えば無難すぎるし。双子のシナリオが意外と面白かったのが本当に意外。まあ基本的な前提が顔さえ良ければ以下略なので、適度に距離を置いたキャラの方がより自然により面白く見えたのかもしれません。
テキストはえろげにしてはかなり冗長な、癖のような特徴のある方です。淡々と流れる BGM に乗せて読み進む雰囲気はなかなか良く、気分良く進められました。音川先輩ルートでの、技巧に凝るのではなく文字通りに言葉を選んだ描写は結構好き。
イベント CG 枚数はやや少なめ、なのにキャラの立ち絵は異常なほど多いです。というのも季節や時間、気分に合わせて服装と髪型が数パターンあるというオサレっぷり。特に絵里香なんて、デフォの髪型というのがないんじゃないかというぐらいランダムに変わっていたような。
音楽は BGM 含めて素晴らしいの一言、サントラが欲しくなります。特に OP は歌詞も……ってそういえば最近の作品にしては珍しく OP ムービーが一切流れません。デモ用のを見る限り、瑠璃の未使用 CG を思いっきり使ってるから急遽お蔵入りとかそういう話なんでしょうか。
どうでもいいですがお漏らしはもれなく完備。ここまで来るといっそ清々しい。

よかったところ
双子シナリオは良かったです、まきいづみの二役というのも珍しいし
わるかったところ
瑠璃と竜胆先生シナリオはどこですか?

例の未完部分と、お漏らしに拘るあまり変態にしか見えない主人公さえ気にしなければ、優しい旋律に乗せて読み進む雰囲気は決して悪いものではありません。ただ失ったものの大きさがあまりに大きいので、終わった後にやりきれないものが残る欠点はありますが。

Garden

ブランド: CUFFS
あざみんエンドでコンプ。瑠璃のCGラストがまだ埋まってませんが、どうも埋まらないみたいなので気にしないことにします。
終わってみると、そんな言うほど悪くはない……のに、どう見てもメインヒロイン級のキャラが何も無しというのがあまりに痛い。シナリオ整合の問題としても、作品としての整合性を失っては本末転倒でしょうに。

Garden

ブランド: CUFFS
桜子エンドと撫子先輩エンド。絵里香も小夜先輩もいまいちしっくり来ませんでしたがこれはきた。撫子先輩エンドでの桜子がキャラ変わりすぎなのはともかく、こっちの方がハッピーエンドに見えるような。撫子先輩に関してはしーしー無しか、と思ったらしっかり入れてくるのは執念か。
今度こそ瑠璃ルートを、と思って初めからやり直してみたけどやっぱり絵里香に流れますね。この選択肢の数でスルーされるって事は他のキャラを潰してからとかの制限があるものだと思いましたが、メインは役回り的にも絵里香っぽいので瑠璃をそこまでして隠そうとする意図が不明。試しにあざみんルートはどうかというと、選ぶところでちゃんと選べばあっさり入れるようですし。
全体のボリュームとかが分かってしまうのが惜しいので、基本的に CG モードとかはコンプするまで確認しない主義だったりしますが一応念のため、「鑑賞」を開いて進捗を確認。うん、やっぱりまだ微妙に埋まってない。
じゃあいったい何が……と思い改めてよく見てみると、瑠璃については回想の欄はあっても Empty の表示すらない。ていうか瑠璃の CG で埋まっていないのは最後の 1 枚だけでした。
竜胆先生については泣く泣く認めるにしても、瑠璃が個別シナリオすら用意されないサブキャラて。いやお知らせは発売当時に読んでいたし未完成だシナリオカットだのという話も耳にはしてましたが具体的なキャラ名なんてとうに忘れていた訳で。それも、どうせ撫子先輩みたいないかにもなサブキャラっぽいキャラがカットされたか、H シーンだけありませんでしたとかそういうオチだとばかり。キャラ紹介でも絵里香に次ぐ二番手、その存在感も登場具合もそれこそ絵里香並みの瑠璃がまるまるカットって普通は思いません。パケ裏の粗筋にもある、人の心を読めるという美しい少女がサブキャラって……ねぇ。このくだりで興味を持っただけに何ともやりきれないものが。
と改めてみてみると何て時代に取り残されたコメントなんだろうという気が。

Garden

ブランド: CUFFS
音の歪みもなくなったことでやっと再開。学園祭の 1 日目まで。

Garden

ブランド: CUFFS
春日ルートで海に行くところまで。ここまで来て絵里香に流れるって事は流石にないと思うのでまだまだ中盤なんでしょう。

Garden

ブランド: CUFFS
詰まったら最初からやり直せ。てことで最初からやり直して竜胆先生に再挑戦、したもののやっぱり絵里香ルートに流されました。割合的にひくい、かるい、うすい、ぺったんこ揃いだからこそ竜胆先生のだだ甘やかしに期待してるのにっ。
とりあえず春日さんルートには入れたっぽいのでこちらで。

Garden

ブランド: CUFFS
竜胆先生は一旦諦め、姫宮に矛先変更。なのに何故かまた無理矢理絵里香ルートに流されてしまうような。先に、容姿が酷く既視感に襲われる委員長か、春日にしとけってお告げでしょうか。

Garden

ブランド: CUFFS
久しぶりに再開して絵里香エンド。穏やかな旋律が印象深いせいか、正にその旋律通りに、優しく穏やかに流れていったような。要するに案外、あっさりではないにしろ割と早めに吹っ切ってしまったように見えます。
にしてもこっちの主人公の方が、催眠凌辱学園よりもずっと変態じみて見えるのは何故なんだろう。
3 周目は竜胆先生で。が、2 回ほどやってみたものの何故か無理矢理絵里香シナリオになるような……。いやまさか、ねえ?