Tag Archives: Hello good-bye

Hello, good-bye

コハルエンドでコンプ。褒賞という実績システムがまだ残っていますが、全部埋めてもなにもないので放置で。

一応、纏めのお話と言うことで今までの伏線を全て回収してネタばらしということのはずですが、いまいち盛り上がりに欠けるわ、裏側の解説は全部用語辞書参照という凄まじい投げっぷりだわで不完全燃焼なものを強く感じます。

この不完全燃焼な感じはメイルート、すーちゃんルートにもあったわけで、結局お話としてある程度すっきりさせてくれたのは棗ルートだけという印象が。

設定や世界観をそれっぽく作ってはみたけども、雰囲気ゲーと呼べるまで昇華できていないのもその一因かなと。張りぼて感があると言いますか、そもそも主人公が軍属と思えないような平和っぷりなので無理がありすぎです。

用語辞書はよくあるアレで、特にお遊び的要素や雑学的要素無し。普通すぎて、別に要らないんじゃあ……。

システム上、選択肢ではセーブができない仕様になっています。セーブしなくても、バックログからのジャンプ機能を併用することでそれっぽくできることはできますが、何でまたこんな仕様に。

あとアニメーションもどきの影響なのか、全体的に動作が重いような。そんなに凝ったエフェクト掛けてるように見えないのに。

グラフィックはいつもの角砂糖ですね。男キャラの絵になると途端にじわじわくるのもいつもの仕様。

BGM はコーラスがやたらと耳につく曲が多く、BGM として相応しいかどうかはなかなか難しいところ。軽い音でメロディラインを奏でる曲調とかはどうも安っぽく感じるのでちょっと苦手かなと。

  • よかったところ
    • すーちゃんは素直で可愛かったですね
  • わるかったところ
    • 上滑りした感のあるお話が

普通の萌えゲじゃ物足りない、ちょっとは頑張ろうとしているシナリオが読みたいって意味なら楽しめるかもしれません。残念ながら滑ってしまったようですが。

何か、滑り止め的なものがあれば印象変わると思うんですがそれは何なのでしょうね。

Hello, good-bye

すーちゃんエンドとメイエンドを経てコハルルート途中。

すーちゃんシナリオは色々と端折りすぎ、メイシナリオはメインヒロインっぽい感じなのにそれでいいのって流し方がちょっと。何処の学園異能バトルだよってノリになりそうだったのは、突っ込むべきなのか。何だかんだで棗シナリオが実は普通に普通だったような。

最後に期待してもいいのかなこれ。

Hello, good-bye

まずは、なっちゃんエンド。よくあるお話ですね、な感じで。ラストには H シーン回収イベント付きと。

途中、さり気なく真相のヒントっぽいことが出てましたがこのルートに閉じた話のようにも聞こえるので何処まで信じたものやら。

続いてはすーちゃんルートで途中まで。あっさりルート確定なのかな。

Hello, good-bye

恐らくなっちゃんルート。

選択肢でどうやってセーブするのか謎でしたが、どうやらセーブはできない仕様のようです。その昔、選択肢でセーブできない方が緊張感があって良いとかいう話を見ましたけども、このジャンルって制約を課される事による緊張感っていうのは期待されている要素なのかなあ。

Hello, good-bye

気になっている作品ではあるので開始。まずは体験版部分を。

Hello,good-bye 体験版

終了。なるほど、確かにこれはループものっぽい感じですね。

ループものは好きだしキャラも悪くない。だけども妙な割に一応の意味がありそうな世界観設定、主人公が軍人、そしてそれ関係が多少なりとも関わってくるあたり、温いノリに寒さを感じます。硬派とか軟派とかそういう話ではなくて、軍人らしさを欠片も感じさせない自称軍人が潜入とかギャグじゃないですか。お堅い軍人気質の主人公が徐々に柔らかくなる……とかならまだわかるんですが、注意力も警戒心も散漫なお間抜け主人公が軍人とか言われてもある意味シュールなだけです。

そして体験版終盤の展開を見る限り、そういう要素はお飾り以上に関係してくるっぽいらしいので、ああこれは寒くなりそうだなと。日常シーンとかその辺に別に不満はないのですけども。

Hello,good-bye 体験版

続きから再開。まだいまいち方向性が読めないから、面白いのかそうでないのか判断付かないところです。

ただこの遅さを鑑みるに、のめり込むにはちょっと弱いものは感じます。

Hello,good-bye 体験版

プレー途中。いつの間にか角砂糖の演出も結構細やかになったものだと冒頭のシーンでちょっと驚きました。

お話は何故か軍人さんが留学してあれこれなものらしい。どうも軍人な主人公というと eden* の印象が強く、こんなお間抜け軍人とかちょっと……と多少思ってしまいますが生温かい視線でスルーしておかないと辛いんですよね、きっと。