Tag Archives: minori

12の月のイヴ(7)

改めて終盤をもう一度プレーしてました。睡眠時間削りすぎで眠気に悩まされてましたし。

いつも通り、いつもの実りらしい作風です。前作、夏ペルはコンパクトに纏まってはいたもののどうしても性急な印象を受ける面があったのですが、今回は幼なじみ設定とシナリオ構成で上手くワンクッションを作った感じ。

みずかと杏鈴のルートで描かれるのは由紀に対する示唆であり、それは同時にプレーヤに対してもテーマの提示となっているのは分かりやすくて良いです。決して、意味のない踏み台でも、ただの前段ではないと。

一方で、一見必要ではないかと思われてしまいそうなところは大胆なまでに削っています。これはそういうもの、それの理屈や意味を語ることに必要性がないという判断でしょう。実際、何か語られたところで印象が大きく変わるとも思えませんし「そういうもの」の存在は今更感がありますし。

ただ少し、現実的な部分との兼ね合いで実感を伴いやすい部分に関しては、雰囲気ゲー的な意味で「それっぽさ」をもう少し演出するための何かが欲しいかなと。サブキャラがその辺を担っているのは勿論分かるのですが、少し大雑把かなと。

お話については、何となく話の筋は途中途中で見当が付きそうな感じですし、意外性を求めるものでもキャラゲー的なノリでも無いし、万人向けではない (“minori” なだけに) のですけど、夏ペルの時よりは「実りっぽさ」が増して帰ってきた感じがしました。

キャラ的には、ストレートにみずかかなあ……と体験版時点では思っていたものの、杏鈴ちゃんが予想外に可愛らしい。物凄く複雑で繊細で、とにかく面倒くさい女の子って可愛いですよね。杏鈴ちゃんルート、抱える根深いコンプレックスに纏わるお話として心に残るものでした。

みずかは、まさかの定番通りな展開でどうしたものかと思ったもののちょっと捻りもあり、ちゃんとハッピーエンド的で導入部としてこういうのを狙ったのかなと。

由紀はもう、色々とあったのだけどやはり一番印象的だったのは、みんな大好きなあの展開というかネタというかジャンルを、この場合において正しい選択ではなかったと否定したところ。もちろん否定したのはこのお話に於いてのものなのだけど、膨らませると色々と気になるキーワードもあったし、それ自体を暗に否定しているようにも読めなくもない。これはトゲとか毒と言うほどはっきりしたものではないのだけど、魚の小骨のように気になる刺さり方をするなあと。

こういう微妙な刺さり方をするのって何か気持ちいいですよね、ということでこういうネタの仕込み方自体が凄く好きです。他じゃまず見かけなさそうだし。

下手な抜きゲよりずっと丁寧に作られてるエロ方面、今回はどうも変態方面に手を伸ばした感じがして大変よろしいと思います。胸は毎度毎度しつこいぐらいに揉むわ掴むわ挟むわ、年頃の娘さんが言っていい言葉じゃないよねそれ的なものが頻繁に。

CG の彩色はいつもの、光源を強調したあれですね。汁表現も相変わらず美しいのだけど、もうちょっと白濁感があった方が好みですね。ちょっと透明過ぎるというか。

  • よかったところ
    • いつもの実りなのだけど、より実りっぽさが増して帰ってきました
  • わるかったところ
    • 残念というか気になったのは、由紀の名字の漢字間違いが数カ所あったところ。ただの誤変換でしょうけど、名字でやられると凄く目立つというか気になりますね

ちなみにいうまでも無く、好きなブランドということでどうしても贔屓目に見てしまうのは否めません。しかし、実りっぽいシナリオで、さらに無駄にえろいよと考えると凄くお得っぽいので次作が出るぐらいには売れて欲しいと願うところです。

12の月のイヴ(6)

睡眠時間を削って終了。

久々に見ることができた実りの本気というか。まだ全然まとめ切れてないけど凄いところを突いてきたなあと。シンプルなお話でちょこっと尖るところを見せるこの上手さが実りというか。

12の月のイヴ(5)

由紀ルートの途中で時間切れ。やはり平日えろげは捗らない。

12の月のイヴ(4)

杏鈴エンドを経て由紀の途中まで。

杏鈴は思ったよりも長めでした。チョロそうかと思いきや物凄く複雑で繊細で、色々抱え過ぎなキャラクタだけあって引っ張られたなあと。こういうちょっと面倒そうな子は大好きです。

12の月のイヴ(3)

みずかルートを終えて少し進んだところまで。

みずかはどんな方向の話になるかと思えばこうきたか、と。ちゃんとわかりやすくハッピーエンドを感じさせる終わりで良いですね。

12の月のイヴ(2)

体験版の終わり部分までは進まず。今のところ内容に違いはないようです。

12の月のイヴ(1)

今月の本命作品ということで開始。

体験版だけでも結構なボリュームがありましたが、飛ばしたりはしないポリシーなので普通に進めていきます。

12の月のイヴ 体験版

終わり。キーワードは「おっぱいが無ければ、死んでいた」ですね、わかります。

やはり、いつもの実り。この雰囲気といい演出といい。ただ今回は、過去を半自動的に補完してしまえる驚異の幼馴染みプロトコルを使うことで導入部を手早くまとめた感じはします。

好みのシチュエーションという贔屓目も多いにありますが、何というか ef では選べなかったルートを選べるような、そんな感じのする期待感もあって実に楽しみ。

夏空のペルセウス(3)

透香エンドでコンプ。やはりこう来たかーって意味では大きな驚きは無いのだけど、内容が内容だけに一番重要なところを持っていって纏めたかなと。透香に関しては、「攻める」というより「纏める」お話というイメージがします。

比較的プレーが遅い自分が、珍しく音声を最後まで聞いていてもこの連休中にコンプしたところからもやはり最近の作品と比して「短い」という指摘は概ね正しいのでしょう。しかしお話を面白くするのは長短よりもその密度だったり、残る読了感だったりで、かけた時間の長短のみで決まるものでは無いはずです (とあえて言っておく)。

分岐構造としては非常に単純で、キャラ紹介的な共通パートの後の選択肢 1 つのみ。むしろ選択肢無しという可能性すらありそうでしたが。

個別シナリオに入ると、まるであのルート分岐の選択肢が重大な人生の転機であったが如く振る舞い流れていきます。そして何事も短期決戦、うだうだ悩むだけの日常や間延びするだけの日常なんて余計なものは無し。悩む、決める、行動する、後々のネタ振り、等のように一つ一つのシーンにきちんと意味と進捗があります。

確かに広がりを持たせられる題材ではありますが、あえてシンプルに、あえてストレートに、テーマがよく目立つように。少なくとも、足りないシーンや内容があったとは思いません。

ただ、その反動なのかそういう戦略なのか、旧作や他作と比べても大増量と言って良い程に H シーンの尺は長いです。

これだけ長いと流石に眠い……というのがいつもの印象なのですが、不思議とそういうことは殆ど無く。確かに描写は濃いし、CG はえろいし、といったありがちな理由も思い浮かぶのですが、それだけともちょっと思えない。いやいや、いくら信者補正とは言えこれはないない、とよくよく注意してみると、いわゆる嬌声のみの台詞が多くありません。

もっと正確には、嬌声のみの台詞もあるもののその直後か 2 つ後には何らかの単語を含んだ台詞が続くことに気付きました。確かに眠い H シーンって台詞は変わり映えの無い (そして上手くも無い) 嬌声だけ、情景描写は地の文で少々、実況してくれるのもあるけど一部だけ、とかの要素があるような気がします。意図してのものなのかはわかりませんが、たとえ嬌声でも途中に言葉があり、会話が成立すると集中力というのは変わるのかな、と。

あと H シーンといえば、蝉の鳴き声「だけ」を BGM に畳の上で、という演出は実に実りらしくて素晴らしい。曲を流すだけが BGM ではない、という好例ですね。そして何より風流です。

CG は前に触れたとおり、やはり液体表現の美しさが際立つ感じ。構図というかポーズ的に、おっぱいをしっかり掴んでる CG がやたらと多いというか毎度しっかり掴んでるというか。あと、谷間に液体が溜まっていたりするのも良いと思います。

キャラクタに関しては、一番人気な恋の圧勝を想定してたもののダークホースあやめが予想外に健闘という印象です、自分の好み的に。

全般的に関わってくれる恋は可愛いしシナリオも好みだし、何も問題は無いのですが実は物凄く理性的で冷静なキャラなんですよね。そこは減点対象では無いのだけど、シナリオで受けた印象でいうとやっぱりあやめかなあと。ああいうお話とキャラは大好きです。

  • よかったところ
    • 連休中にコンプできるお手軽さと自分好みのお話
  • わるかったところ
    • 特に不満無しですが、希望という意味ではもういっそ森羅にボイスあってもいいんじゃあ、という気がしなくもない

信者補正が多いに掛かってるのは認めますが、単純に好みのお話というポイントを突かれるとどうしても弱いです。

この手の、万人受けは狙えそうに無いから本命を立てた上での扱い的な、「攻める」姿勢のお話ってあったとしても 1 作品 1 つが限度。攻めると何処か傷つき、何処か痛むものですから無理は言えません。が、夏ペルはむしろそういう痛みこそ必要とばかりに攻めてくれたのが実に気持ちいいのです。

もっと普通に言い直すと、ちょっと面倒ありげなヒロインとらぶらぶちゅっちゅする作品、てことにしときます。

夏空のペルセウス(2)

2 周目はあやめエンド。あまり注目していなかったというのか、共通部でもあまり絡まないキャラのせいかよくわからない位置に居たので。

という経緯のためお話の予想が全く付かなかったこともあり、またもや自分好みなお話になってくれて大変素晴らしい。やはり話を拡散させすぎないよう、かなり絞ってまとめてる感じはしますが恋たんの時よりも流れが綺麗に纏まってる感じがします。

3 周目は、わかりやすい傷があるようでいて全く無さそうな意味で唯一まともそうに見える翠エンド。どの方向で攻めるのかと思ったけどこう来ましたかと。良い子ですね、印象通りに。

毒というのか棘というのか、何処かに刺さるお話というのはどうしても好みが分かれ、リターンは大きいかもしれないがリスクが高い、無難な王道路線カラーとは合わない、とかで 1 作品に 1 つあれば良い方です。が、夏ペルはえらくここを攻めてくるなぁと。

とはいえ本格的に重く深くやろうという方向でも無く、やけに増量したエロ成分で若干緩和しつつ痛みに纏わるお話と。こういう作風で 1 本作れてしまえるのは良いことだと思います。