Tag Archives: MOON CHILDe

MOON CHILDe

ブランド: SIESTA
選択肢も潰してコンプ。
久弥久しぶりだよ久弥、でやってみた本作ですがメインシナリオは企画の林ふみと。久弥と眼鏡友の会/E.C はメインシナリオとは直接絡まない、世界観だけを共有するサイドストーリー担当です。キャラも各ルートに 2 ~ 3 人ずつ振られています。
メインとなるのは咲夜シナリオ。メインだけあって頑張ってるし構成は面白いと思います。まず最初に設定ありきなところを乗り越えられてツンデレが嫌いでなければ楽しめます。しかし肝心のメインシナリオなのに終わってみると、メインヒロインのシナリオによくあるネタ振り的なお話しに感じてしまいました。
つまりは設定の使い方、シナリオでの突っ込みがいまいち中途半端。だから他キャラのシナリオで深く突っ込むのかと思いきや殆どサイドストーリー状態。他での補完を期待できないなら、詰め込めるものは詰め込んでおくべきです。
あと各選択肢の未来が見えるというシステムを使うためにあるかのような無駄な選択肢たちははっきり言って邪魔としか。選ぶ必要のない選択肢ほど無意味なものはありません。ちょっとしたお遊びならもう少し減らすべきかと思います。
期待の久弥担当シナリオは久弥らしくて、投げやりな H シーン含めて楽しめました。水乃エピローグの雰囲気とかも実に良いです。もちろん相当な信者補正が掛かった上での感想。
眼鏡友の会/E.C 担当シナリオは久弥とはまた違う意味で違和感がありました。というかそれまで知らなかったはずの情報を何故か知っていることになってたりするのはどうなんですか。
キャラは久弥への贔屓目を外すとやっぱり咲夜になりますか。最早使い古され世俗の汚泥にまみれたツンデレなどという言葉には収められない存在感が魅力かなと。しかもツンというよりは凛です。声が乃絵……もとい韮井叶さんというのも、凛々しい時ととデレた時のギャップが楽しめて良いですし。

よかったところ
世界観と設定ありきで進むお話し
わるかったところ
世界観を共有するだけのオムニバスってのも良いですけど、もう少し相互に補完とかしてくれるとより楽しめたのではないかと

決して悪くはないはずなのに何か物足りなさが残ります。体験版で雰囲気が好きになれればそれなりに楽しめますが、特に魅力を感じなければ流しが推奨。年度末あたりに 4k 台に落ちてきたぐらいが買い時でしょうか。

MOON CHILDe

ブランド: SIESTA
薫子エンドと胡桃エンド。それで終わりかっと突っ込んでしまったら負け。

MOON CHILDe

ブランド: SIESTA
本格的に薫子 & 胡桃シナリオ突入。どうみても眼鏡友の会/E.C です。本当に以下略。

MOON CHILDe

ブランド: SIESTA
序盤の選択肢潰しも兼ねてちまちまやってるので共通パートまで。

MOON CHILDe

ブランド: SIESTA
水乃シナリオ方面の選択肢回収を終えて残りは胡桃シナリオ。今度はどんなアプローチで来るのやら。学園が絡むのは確実としても、ファントムまで行くと収拾付かなくなりそうだし。

MOON CHILDe

ブランド: SIESTA
水乃エンドとかなたエンド。ラストでヒロインと対峙、最後の台詞を決めてスタッフロールな展開と来たら久弥だろと思って確かめたら久弥でした。F&C も裸足で逃げ出しそうな淡泊ぶりもさすが久弥。やっぱり久弥はこうでないと。
咲夜シナリオとの接点は皆無、設定周りで一応補完してみたという形です。終わり方といい主人公のスタンスといい、傍流な雰囲気が拭えないのは仕方ないとこか。

MOON CHILDe

ブランド: SIESTA
序盤の分岐から再開して水乃シナリオ方面へ。殆ど話の中心に見えた咲夜シナリオとどうやって絡ませるのかと思ったら完全に分離されてしまいました。下手に関連付けるよりは正解と言えますが、サブシナリオ的な位置になりやすいのが困りもの。

MOON CHILDe

ブランド: SIESTA
リンネエンド。咲夜シナリオで飛ばされた部分を補完する内容で、これで咲夜関係は一通り決着付いたっぽいです。
ファントムの正体は外れかと思った方でした。てことは違った方は別シナリオでまた何かあるって事かな。

MOON CHILDe

ブランド: SIESTA
咲夜シナリオの選択肢潰しをやっていたら多分リンネシナリオへ。正体はラストまで引っ張るのかと思ってましたけど、咲夜シナリオの内容を考えると案外あっさりばらしちゃう気もします。
本作の選択肢画面では「未来が () える」という主人公の能力に引っ掛け、その選択結果をヒント程度に知る事ができる場合があります。それを余程使いたいのか、無駄な選択肢がやたらと多いのが現時点での不満点でしょうか。

MOON CHILDe

ブランド: SIESTA
咲夜エンド。構成については、主人公の能力を考えれば容易に想像できて然るべきでした。やたらと嫌な方向に話が進んだり、デレる気配が恐ろしく薄いツンデレっぷりもちゃんと意味があったと。
メインヒロインらしく、いきなりスケールの大きなお話しで来たようでいて肝心な部分は後回しとしてしまうよくあるネタ振りタイプのお話し。核心がまだわからないからこそ楽しめることを差し引いても、最後まで期待できそうな雰囲気は感じました。
リンネの声がまきいづみってのはスタッフロール見るまで気付きませんでした。感情無し、抑揚無しの演技だからって全く気付けないとは。
ファントムの正体は消去法でいくと 1 人しか残りませんね。怪しいのはもう 1 人いますけど多分外れ。