Tag Archives: Purple software

ハピメア Fragmentation Dream (6)

コンプ。

舞亜と有子のための続編というべきか完結編というべきか。少なくとも一般に言う FD とはちょっと違う。

続編なら続編としてやってもいいだろうに、FD っぽさを盛り込もうとしたと思われる単発ショートエピソードの詰め合わせがかえってその立ち位置を曖昧にしているのでは。

そしてこの単発ショートエピソードを除けば、お話がありそうなのは最初と中盤と最後の一部という飛び飛び具合。夢であり FD (っぽい) であるのだから、はっちゃけた内容にするぐらいで丁度良いのにそれも無い。どうせ夢なんだから複数プレイもっと入れても罰は当たらないと思います。

続編として作るのならエロ以外のお話が欲しいし、FD として作るならもっとエロいのが欲しい。本作はそのどちらも中途半端な位置に嵌まってしまったように思います。有子とアリスと舞亜、前作で気に入ったキャラにちゃんと夢の終わりを付けてくれたという意味では満足していますが。

  • よかったところ
    • 普通の FD ではなく続編としたところ
  • わるかったところ
    • 結局、FD にしたいのか続編だったのか半端

前作が気に入ったならやっておいた方がなのだけど、前作 ED も要するに夢じゃないのかとか色々考え始めるとアレな気がしなくも。

ハピメア Fragmentation Dream (5)

一周終わり。

続編をやりつつちょっと FD 的なオマケを付け加えたような。もっと FD っぽいのは後のお楽しみかね。

ハピメア Fragmentation Dream (4)

断片は残り 2 つ。

予想に反して、まだお話はありそうな感じ。

ハピメア Fragmentation Dream (3)

断片は 9 割方回収したはずなのに、まだえろいイベントは 1 つだけと。

この辺は本編のこともあって不安視はしてませんが、やはり前振りが長い。

ハピメア Fragmentation Dream (2)

まずは咲から。

FD というよりは続編という形式ですね。

しかもちゃんと本編ラストの状況を (ほぼ?) 引き継いでいるようで。恨み節をぶつける姿が萌える。

ハピメア Fragmentation Dream (1)

やはり今月の期待作ということで最初に。

マルチモニタ環境を意識してるだけあって、フルスクリーンでプレー中にサブディスプレイの艦これが問題なく可能というのは嬉しい。

ハピメア(14)

Web にあるショートストーリーも一通り読み終わったしで最後にまとめのようなもの。今回はシナリオに関する部分はネタバレに触れる方向で。

ちなみに書きながらやり直してたら、未回収のバッドエンドというか何も無しエンドを一つ回収。これは忘れてたというか気付かなかった。

システム周り

紫と言えばシステムの設定項目に関しては文句の付けようがないのにコンフィグ画面が非常に残念な画面デザインだったというのが未来ノスタルジアの時の印象でしたが、今回は普通に見易く整列されてます。

あの視認性の極めて悪いアイコンが並んでいたパレットもデザイン変更してシステムメニューっぽい分かりやすい物に。ただデフォルトで半透明表示というのはちょっと余計かなと思いましたが。たったこれだけで見違えるものになるとは。

バックログはそれまでに辿ってきた各話の要約表示、さらに各話冒頭へのジャンプができるようになったのが地味に良いです。

演出周り

吹き出し、SD カットイン、H シーンのカットイン、といったいつも通りの紫演出は別に良いものの、立ち絵演出の応用なのか「添い寝してるシーンを立ち絵を横にして表現」は普通に一枚絵で用意して欲しいと思うところです。

他にも幾つか、イベント CG が欲しいシーンに無いとかの不足感があったので、演出で補うか他の手法で誤魔化すか一工夫欲しいですね。

背景については標準的だと思うものの、夢の世界での背景は何かこうシュールというか、夢だからあれで良いのかというのか、何とも言えない感じが。あるはずのない植物が生えるという異常を自然に描くのは間違ってるのでしょうけど、もうちょっとこう下草を生やすとかはあっても良いのでは。

グラフィック周り

克原画ってだけで立ち絵からしてエロイのはどうしてなんだろう……と思うほどに流石。表情や構図の取り方が抜きゲっぽいというか。さらにそこに、先述のカットインとして別構図やアップが入るのだからますます抜きゲっぽいというか。

月杜尋原画キャラも負けず劣らずなのだけど、やっぱり方向性の違いはあるかなと。清純派とお色気派というか。でも両氏の絵を一画面内に入れたときの調和は悪くないです。次があるなら次も今回の組み合わせでお願いしたいところです。

音響周り

OP は安定の橋本みゆきなので以下略、BGM は数曲印象に残るのもあったりしたので良い方なのでしょう。

キャストについては濡れ場演技含めて折り紙付きな安心の安定組。特にそよそよはこういうキャラも見事に合っていて大変よろしいと思います。

以下、シナリオ周りに関してはネタバレ全開要注意。
Read more »

ハピメア(13)

選択肢とかオートデモとか一通りみてコンプ確認。

終わってしまうのが勿体ないと思えるほど楽しめたので、これも後で書きたいところ。期待の無さからの反動なのか好きな記号が多すぎたのか、不思議なほどに面白かったです。

ハピメア(12)

有栖エンドでまずは一通り、終わりと。

まさかここまで化けるとは全く思わなかったこともあって楽しめました。ゆかり教育補正とか CG 集と割り切るとか必要なく、シナリオでちゃんと楽しめてしまうなんてどう予想しろと。しかもこういうお話大好きで大当たりだし。具体的に書くのはネタバレ臭いので触れないけど。

やや特殊気味なシナリオ構成でちょっと長く感じはしたけど、きちんとタイトルとテーマに沿って展開して全体を纏めてくれるお話ってのはやっぱり読了感が良いです。

ハピメア(11)

景子エンドと舞亜エンド。

景子みたいなキャラは私好きだよねという予感通りに。上手くはぐらかしてるというのか、先が読めるようで読みにくくして、いつの間にか良い話っぽくしてしまうのは手法なのかな。まんまと乗せられてるので上手いなあと。

舞亜はもう予想通りというか期待通りというか。とりあえずちゃんと靴があったので大変素晴らしい。

最後は有栖なのだけども、まさかここにきてこういう展開に持ってくるとはちょっと、いやかなり驚きました。こういうの大好きで困るんですが。