Tag Archives: Purple software - Page 4

初恋サクラメント

星見さんシナリオ中盤まで。ありがちなパターンと見せかけて、というやつですね。

共通ルートに比べるとちょっとした捻りだけなところを見るに、個別ルートはちょっと控えめなところに落ち着ける感じかな。

初恋サクラメント

岬先輩エンド。一周目のヒカリさんの時も思ったけど、素直になると決めたときの描写や仕草がいちいち萌えますね。

主人公とは別に兄がいるパターンの兄妹ものだと、自然と兄妹の関係性ってところに重点が置かれる為かやっつけな兄妹ものよりは面白く感じることが多いような。

初恋サクラメント

2 周目は岬先輩ルートで。個別ルートだからといって新たに何か持ってきたりはせず、共通ルートでの伏線を引き継ぐ感じですかね。

初恋サクラメント

ようやく一周目終わり。

ヒカリがその名の通り眩しすぎて、穢れがこれほど無いのに好感抱けるメインヒロインというのがいたなんて、と途中からちょっと驚いてましたが、そこに好意を表に出すようになると可愛すぎますね。

折り目正しく、品行方正というのは一種の定番属性ですが、逆言うと突出したものを出せず地味に見えがちです。それをクリスチャンという記号付けと言動の穢れ無さで味を付けるというのは実に上手い。ちゃんと名前の通り、影に入ったりはしないメインヒロインです。

お話の方はまだまだ引っ張るらしく、ようやくネタ振り終わりって感じのようで本格的には次からなのかな。

初恋サクラメント

5/25 まで。分岐らしい分岐も選択肢もないので共通ルート真っ盛りなんでしょうけど、えらく引っ張って盛り上げてみた感じがします。

雰囲気作りという意味では、こういう丁寧な共通ルートは重要ですがその後の個別ルートが短くなったりする副作用が怖いんですよね。そんなことはないとまだまだ期待してますが。

初恋サクラメント

やっと再開、キャラも出揃って共通ルートかな。先の読め無さのお陰で退屈さはなく相変わらず面白い。

それにしてもヒカリさんがその名の通り眩しすぎる。こんなに眩しいメインヒロインとか久し振り。

初恋サクラメント

そういえばシナリオはなかひろ氏だったんだっけ、とパケ裏見て思い出してインスト。

4/18 まで。期待通り、オチが読めるようでいて読み切らせない美味しい餌をぶら下げつつ、先を気にさせるテンポで話を引っ張っていってくれます。この日常シーンの引き込み方と引っ張り方は見事。強く引っ張るわけではなく、止まると先を見たくなる程度のゆるい加減が絶妙なのかな。