Tag Archives: re-laive

re-laive

ブランド: KLEIN
再開。コンプ。
意外にあいが良かったかも。鉄太郎はルート探すだけ無駄でした。あとは夏樹萌えってとこで。
どうも妙に縁がある気がしてならないラスト急転直下型タイプのシナリオ構成です。序盤はこずえを振るまでの固定ルート、04/17 以降の中盤でルート選択の日常ループ、そして 5 月直前か 05/06 で無理矢理エンディングに雪崩れ込みます。話の中心となるであろう中盤部分はひたすら行動選択と小イベントで繰り返され、転機となりそうなイベントは全く起こりません。つまり起承転結の転が欠落してしまっています。中盤後半での一回目の (それも迫られる形の) H がある意味転と言えばそうかもしれません。各キャラ、それなりに色々とお話の種は持っているのにどうやらそれを生かそうという気は欠片も無いようです。斬新と言やぁそうですがこれでは単に書くのが面倒で略してしまったとしか思えません。
システムはプログラム的には悪くないのに機能的に物足りない箇所が目立ちます。汁気調節なんてアイルみたいな機能つけるより、既読スキップやバックログ、吹き出しからの文字はみ出し対策 (デバッグしてないとしか思えん) といった基本的なところをちゃんとして欲しいものです。
音声は音質・演技とも非常によいのにイベント CG 部分でしか聞けないので全く記憶に残りません。こういうパートボイスってやっぱり、予算上の問題なんですかね。
シナリオに全く期待せず、素直に桜沢さんの CG 集とでも思えば悪い買い物でもないでしょう。多分。

re-laive

ブランド: KLEIN
姫エンドとこずえエンド。なんじゃこりゃあ……。
姫はあまりに唐突でどう見ても流されただけにしか見えんのでてっきり、こずえと修羅場ってくれるのかと期待したのにあっさりとハッピーエンド……らしい。肝心のこずえに対しても適当というか曖昧というか。はっきり振れよ主人公。
こずえシナリオの方も似たようなもんで、今までの優柔不断は何だったんだというぐらいの音速展開。モノローグすら挟まず速攻 H → エンディング。あまりの急展開なのでポカーンとしました。今までの積み上げは全てこの僅か数分のためだったということですか。
あと意図的なのかミスなのか、このラスト間際は何故かずっと BGM off 。嬌声だけが延々と響きます。
あ、タイトル間違ってたので修正しました。

re-laive

ブランド: KLEIN
こりゃ何か合わないかな、と最初は思ってたのに OP 越えた辺りから結構馴染んでます。この前ドリカスの僕夏やって以来、自分が修羅場萌えなだけでなく振られ or 振りシチュ好きってのを実感。やっぱこれ、他とくっついたらちゃんときっぱり振るんですよね? 萌え。あー、でもこのシナリオの人って「羊たちの憂鬱」の人か。ちと不安かも。
音声はイベント CG のあるシーンのみ。それ以外は吹き出しで表示するという一風変わったシステムです。吹き出しというと「パンドラの夢」(Pajamas Soft) や「白詰草話」(Littlewitch) が思い出されますが、これらの作品ほど丁寧に作り込まれてません。つまり文字と吹き出しの大きさのバランスといった点については殆ど考慮されてないのでどうしても安っぽく見えてしまうのです。また主人公自身の台詞は下部のテキスト領域に表示される為に視点の移動という問題もあります。
ま、アニメーション効果とかと相まって楽しげな雰囲気は出てて良いんじゃないでしょうかね。