Tag Archives: Realize Me

Realize Me

ブランド: Mink
今年で設立 10 周年のミンク新作は久方ぶりの INO 氏が企画・原案・原画を担当、古めかしかった起動時のブランドロゴムービーもやっと新しいのに変わりました。
ゲームのキャラクタがモニタから (以下略) というベタ過ぎてえろげでは意外と見かけない設定、「明るく可愛くチョーH!」というキャッチコピー、そして何より INO 氏の描く量感溢れるキャラクタと実に期待を持てる作品です。残念ながら 2 ちゃん方面では芳しい評価を得られず、メーカースレが首吊りスレになりそうだったりとかなり笑えない状況でした。まぁ 2 ちゃんは色んな意味で偏っていますから参考程度なのですけど。
1 プレーの所要時間は 3 時間 ~ 1 時間。単純な樹形図構造なので二回目以降は徐々に所要時間が減っていきます。セーブ機能を廃して ADMS のようなシナリオツリー (「百鬼」のそれと同等) 上のオートセーブのみ、また一般的な選択肢というものは全くなく、クリア状態によって対象ゲームの選択が徐々に可能となってそれにより分岐するというちょっと特殊なシステムなので少々手間を取られるかもしれません。スキップは遅めです。
何がダメかっつーと。まず「チョーH」てのは何なんだと。数的にも、シーン的にも、枚数的にも巷の薄目系えろげと同レベルです。さらに「明るく」つーのも何なんだと。自分がゲームの登場人物に過ぎないということを知ってショックを受ける、そんなよくありそうなちょっぴりシリアス系展開入れるの自体は別に良いんですよ。でもそれならそれで、もっと突き詰めるなり軽く流してコメディに走るなり「雨やどり」のようなえろげヲタ批判してみるなりあるんじゃないかと。全てが中途半端なままで後味の悪さだけが残りました。
制作者とユーザの求めるものが見事にすれ違ってしまった不幸な例でした。絵はいいのになぁ、絵は。