Tag Archives: Rewrite

Rewrite

鍵と true でコンプ。実績については穴がありまくりですがこれ全部埋めるとなると、あの共通ルートのマップ潰しになるんですよね。ちょっと死ねる。

最後の最後に一気にロミオ臭くなったというか、凄い方向転換を強いられたというのか。何となく朧気に多分そういうお話なのかなというものは感じましたが、もうちょっと明示的に出してくれる方が楽で良いよねなゆとりですみません。

true はともかく、その手前の鍵の解釈さえもうちょっと固まれば一気に紐解ける気はするのですが。どう解釈したものやら。

いわゆる key っぽさ、多分泣きゲー的な意味でのそれを素直に求めるかどうか、評価の別れ目になりそうな。鍵ゲーと言うよりロミオゲーと言われた方がすっきりするものは感じます。なので前者に固執してしまうとちょっと厳しいのかなと。特に竜騎士の人の担当シナリオとか。

何だかんだで好きなお話が小鳥だったりするあたり、旧来の鍵ゲー的なものが自分もそこそこ好きだったようで。

今回はミニゲーム的要素は無くなり、スルー可能なお遊びとしてマップ画面が導入されてますがこれはこれで微妙感が漂うあたり難しいものです。お遊びテキストそのものは好きですが、手間みたいなものはあまりかけたくない我が儘というか。

  • よかったところ
    • 鍵でロミオゲー、という異様な取り合わせ
  • わるかったところ
    • 各自好きにシナリオ書くのは全然良いのですが、せめて雰囲気や設定的なところはもうちょっと統一感が欲しいとこです

体験版とかで全然情報を拾ってなかったので、鍵らしからぬ違和感というのは面白かったと思います。何だかんだで安定株、ただしロミオゲーですよ、てあたり。

Rewrite

ルチアエンド。

竜騎士な人のシナリオの特徴を一切抑えること無く、好きに書いているという意味では思い切りが良くて気持ちいいと言えなくもないです。が、あのテキストが苦手だとやはり辛いものがあります。

多用しすぎる三点リーダ、変わりすぎている主人公含めたキャラの性格や言動、「ぼくのかんがえたひみつきかん」っぽい陰謀、冗長な説明台詞といった、うみねこやひぐらしで存分に奮われた要素が山盛りです。

お話そのものはそれほど毛嫌いはしてないのですが。

Rewrite

次はいよいよ、噂のルチアルートってことでルチア寄りになるように共通部を進める方向で。

Rewrite

朱音エンド。

ここまで見た限り、悉く邪魔をするようになる作りに見える。悪趣味とは言わないし盛り上げるにはお決まりだろうけど、もうちょっと捻りというか横方向の邪魔が欲しいというか。小鳥に対する執着というか関係性みたいなものがルートによって濃淡あるよね。

Rewrite

朱音ルート途中。寝落ちのせいでなかなか進まない。

Rewrite

静流エンド。

最後の CG が可愛い。いやもう何というか、他に言いようが。

Rewrite

ちはやエンド。

このルートの主人公はやけにアグレッシブというか積極的というか。ちはやの影が薄い、とまでは言わないけどヒロインにしては目立つポイントが少ない。

Rewrite

ちはやルート終盤まで。微妙に寝落ち気味。

これってもしかなしなくても、共通ルートをスキップしまくると細かいネタ集めはできないんじゃ。

Rewrite

小鳥エンド。

後半で急展開というか、また随分と加速したような。こういうお話というか世界観で来たかあ、と。

声の力、いや正確には演技の力って大きいですね。言葉に感情が乗るだけであぁも強くなる。

Rewrite

11/02 まで。

誰のルートなのかもまだはっきりしませんが、途中途中のクエスト? がミニゲーム的な扱いなのかな。リトバスほど無意味感が薄いので苦痛では無いですが。