Tag Archives: School Days

School Days

ブランド: Overflow
4 ~ 5 話の抜けを補完して多分コンプ。
よくある学園を舞台にした恋愛ものと見せかけて実は修羅場ったり虐められたり寝取られたり血飛沫飛ばしたりする泥沼三角関係ゲームというギャップで話題になっただけはあって、それらについては評判通りに楽しめました。しかし 1 つのお話しとして全体を見ると、先に挙げたシチュエーションの寄せ集めなだけで「修羅場ったりもしたけど、わたしは元気です」の一言に集約されてしまいます。どう足掻こうが泥沼路線へ行くことが定められているため、主人公の言動がこちらの斜め上を行き過ぎているのが多分原因です。
基本的に主人公はこちらの意図通りには動かないと思って良いです。選択肢通りに行動しているようでいて、常に泥沼へ飛び込もうとしています。言葉寄りの選択肢を選び続けて展開も言葉寄りになっているのに突然、「これ以上、本当の気持ちを黙っていられないんだ!」とか言い出した時は悪い電波でも受信したのかと半ば本気で心配しました。
主人公の言動の一貫性の無さ、しかもそれをこちらでコントロールできない歯痒さ、この二つがシナリオを薄っぺらく感じさせる要因かと。心情描写などがほぼ無いため、後先考えない思いつきで行動してるように見えてとっとと刺されろと普通に願ってしまいます。
構成は全 6 話、1 話はプロローグなので 2 話より各話が 2 ~ 3 ずつ樹形図的に分岐していきます。そして各話のサブタイトルは各話毎のスタッフロール時に分岐結果に基づいて表示されます。選択肢で大きく展開が変わるものは当然として、ちょっとしたシーンの有無だけの違いしかなくても別のサブタイトルが割り当てられていたりするので、自力コンプを目指すならメモは必須です。
各話は音声を全部聞いて 20 ~ 40 分前後。といっても全編アニメーションの本作は選択肢以外のテキスト表示が一切ありませんので、嫌でも音声を聞かないと話の流れがわかりません。ちなみに男の喘ぎ声についてはオプションでオフにできます。あんなに情熱的な男性の嬌声は劇場版エヴァ以来でちょっぴりウホッな気分でした。
肝心のアニメーションのクオリティは寄り気味の構図と引きの構図との差が目立ってました。主に悪いのは後者の方で、アジアの同胞パワー炸裂な作画もちらほらと。勿論寄り気味の構図で、汎用ではなく一回限りのシーンでも作画が崩れていた箇所はありましたけど。OP も本編中のシーンを組み合わせて作成されてます。
音楽は OP 、ED 、挿入歌合わせて計 8 曲ものボーカル曲入りという 1 本のえろげに対する投資としては無謀すぎる豪華さです。しかも全部お任せの完全丸投げではないらしく、本編を意識した詞も相まって雰囲気作りに大きく貢献してます。この辺りは横の繋がりの強さがものを言いますね。
えろげでアニメといえば一番力を入れるのは H シーンなはずですけども、こっちはこっちで微妙さがあります。シーンの絶対数自体がさして多くないこと、演出面を重視して構成していること、クリック待ちという概念が存在しないため割と早く終わることの 3 つが主な問題点。特に二つめと三つ目は、下手すると主人公の面を見ながらということになりますから実用性を求める向きにはいたく不評なんじゃないかと。
システム的には以前、PS であった「やるドラ」のえろげ版と思って良いです。アニメーションの質やシーンの使い回しの多さとか全体の完成度といった面ではやはり負けてますが、えろげで「やるドラ」をやろうとした心意気は素直に賞賛します。
完成度といえば、せめてエンディングリストやサブタイトルリスト等の達成度を確認できる手段ぐらいは用意して欲しかったです。一番痛いのがリプレーのしにくさ。単純なスキップはできても、未見シーンでの停止や巻き戻しはできません。「一つ前の選択肢に戻る」だけでもあればリプレーも攻略ももっと容易かったでしょうに。明らかに見たシーンは最高速スキップ、自信の無い時は音声が二倍速再生される二倍速スキップというスタイルだと、取りこぼしがありそうで非常に不安です。
開始時点で修正パッチ 1.03 が出ていたお陰か、バグには特に悩まされませんでした。唯一困ったのは 1.05B でプレー中、主人公の音声だけが再生されないシーンがあったときです。前述した通り本作にはテキスト表示が一切無いため、音声がないと話の流れが掴めません。

よかったところ
常に一途な言葉と唯一の良心である刹那、人間の黒いところを真っ黒く描くシナリオ
わるかったところ
主人公の理解に苦しむ言動、完成度の低さ

基本的に「悪い」キャラはいません。いるとしたら「黒い」キャラです。世界も言葉も良い感じに黒いです。人間の嫌なところ集大成のようなシナリオを渡り歩くんですから当然と言えば当然ですけど。
主人公の言動にツッコミを入れながら、修羅場あり虐めあり寝取られあり血飛沫ありのアニメーションを楽しむ精神的余裕があるのならお勧めです。書き忘れてましたが寝取られる対象は主人公といった方がしっくりくるような気が。
間違いなく Overflow 久々のヒット……となりますがファンディスク商法に走ってくれるでしょうか。

School Days

ブランド: Overflow
私、頑張ったよね、もうゴールしてもいいよね、自力・メモ無しで 9 割は攻略したよねと思うので攻略チャートを見て答え合わせ。結構良い線は行ったはずなんですが。
残りエンディングの「二人の恋人」「我が子へ」「キスから先へ」を見てエンディングについてはコンプ。このルートは微妙すぎて入れんわというかリプレイ漏れかな。あと一歩だっただけに無念。これで残りは途中過程のコンプと確認。これなら途中のサブタイトルぐらいはメモっとくべきでした。
あのエンディングに一番力が入っていたのは流石です。実に期待通りである意味トゥルーエンド。あと禍根が残らないエンディングもちゃんとありますね。幸福が他人の不幸を土台にしていることを嫌でも思い出させる他のエンドに比べれば、あれは充分ハッピーエンドです。

School Days

ブランド: Overflow
今日のところは「さよなら世界」「刹那の想い」「クリスマス・イブ」「素直な気持ちで」。ちょっとした選択肢の違いで展開が大きく変わりますね。この難易度とプレーのしにくさとエンド数で、ヒントもフローチャートも達成度表示も無しってのはヘタレゲーマーに対する嫌がらせとしか思えません。
生の感情を剥き出しにするキャラが目立つ分、ちょっと良いひとが物凄い善人に見えてきます。刹那だけが血と涙と修羅場溢れる世界で唯一の良心、荒れ果てた焦土に咲く一輪の可憐な花状態です。このどうあっても泥沼行きの作品で、ちゃんと最後まで世界の親友でいられたのは奇跡に近いです。親友の裏切りなんて修羅場の基本中の基本、しかも Overflow じゃ絶対またやるだろって思ってましたし。
普通な善人キャラが大きな救いになってしまうというのも何かアレです。

School Days

ブランド: Overflow
「わたし……誠くんがいないと生きていけないんですよ。なのに、わたしから誠くんを奪うんですか?」
見られたエンドは「彼女だけの彼」「セックスフレンド」「みんなの誠」「だいすき」「永遠に」。このうちの一つはなかなか強烈でした。後味の悪さがもう最高で。
この作品って選択した結果として修羅場があるんじゃなく、修羅場があるのをデフォとしたシナリオです。世界と言葉のどちらに偏っても必ず泥沼に片足突っ込みます。全てを風に流されるかのように生きる主人公の人徳の成せる業としてしまうのは些か強引っぽさが。
「俺が本当に好きなのは……」で始まる言葉がここまで空虚なものに聞こえる主人公も珍しい。
お気楽えろげにありがちな、実はみんな好きなんだの両天秤エンドは流石に無さげ。世界の方が物凄く真ヒロインっぽい上に扱いも良いですが、趣味に生きる私は言葉かわいいよ言葉。

School Days

ブランド: Overflow
今日のところは「一途な想いは報われて」「そして言葉と」「想い結んで」「そして言葉へ」の 4 つのエンド。
世界よりも言葉寄りで進めた方が展開の幅は広そうなんでやってみたら、一気に三角・四角関係の泥沼修羅場状態になってちょっと萌えました。でも平手や血飛沫飛び交う悲惨な様相まではいかないので軽いもんかなと。
エンディングは、大筋が同じでもちょっとした台詞やシーン違いで別カウント・別タイトルになるようです。大量にエンディングがあるというのも納得。
ちなみに達成率とかは一切わかりません。CG モードがないのは当然としても (全編アニメだし) シーン回想やエンディングリストもありません。できることと言えばセーブデータの「リプレイ」、つまり自分の選んだ選択肢で進むアニメを見られると。ここまで割り切った仕様は今時珍しいです。
フラグ管理なんて考えてないような前後の矛盾っぷりは諦めますから、未見部分でのスキップ停止か巻き戻し機能が欲しいです。

School Days

ブランド: Overflow
見られたエンドは「そしてファーストキスから始まる」「鮮血の結末」「ババロア」の 3 つ。鮮やかな血潮が綺麗ですね、はい。
今のところ 5 話とか 4 話といった割と後半からのやり直しでプレーしているからか、どうも話の緩急に物足りなさを感じます。簡略化した君望みたいというか、風見鶏のようにすぐあっちへ向いたりこっちへ向いたり。心情描写の機微に欠けてます。もう少しこう、引きとか間とかが無いと主人公がただ流されやすいだけのヘタレにしか見えません。なので期待の鮮血エンドも感動はいまいち。もっと救いようのないドロドロした修羅場でないと萌えません。
修正パッチ 1.05B 当てたらスキップ時に止まるようになりやがりました。とりあえず「テクスチャを動的管理」のチェック外しで回避できましたが、結構コマ落ちしたり音声と同期取れてないシーンに気付いたりして鬱。そろそろ新調する時期とは思ってるんですが。

School Days

ブランド: Overflow
本当にアニメですね。正直驚きました。無駄にハイスペックを要求するだけあって、スクロールシーンとかでコマ落ちしたり音声が途切れたりしました。2D のパフォーマンスなんて、前世紀末でもう頂点に到達したもんだと思ってたのに。
一番動いていたのは第一話、以降は汎用動画の使い回しが嫌でも目について台詞と表情の不一致とかがやや気になります。画面を切ったりして上手くアクセントを付けていても、やっぱりアニメ感覚で見ていると惜しいなと思う箇所が幾つかありました。
そう、これって選択肢以外は本当に「見ているだけ」です。その選択肢も選択しなけば一定時間後には無選択として「選択」されます。つまり、選択肢でのんびりセーブしてると無選択になってしまいます。しかもオートモードだと、選択肢を自動選択してエンディングまで運んでくれるという素敵仕様。一体どんな選択肢が選ばれるのか興味深いですが後の楽しみにとっときます。
1 話はだいたい 20 分ちょい、30 分アニメの正味時間と同等ですかね。ただし展開はかなり性急に感じます。通学時間なのに二人っきりのホームとかデザイナーズマンションじゃあるまいしな打ちっ放しの学園の内装ってどうよとかツッコミ入れてる間もありません。感覚は 30 分アニメ、展開ペースはえろげという奇妙なミスマッチによるものを除いても、ちょっと早めだと思います。
そして一周目は肉欲エンド。刺すか刺されるか、そんな修羅場が見たいんだよと曖昧な (最低とも言う) 態度で三角関係維持、丁度真ん中で最終話突入したのに血湧き肉躍る……もしくは血で血を洗う修羅場は見られませんでした。言葉が少女漫画系腹黒キャラってぐらいのものでした。実に残念です。
一応断っておきますが制服着用プレイはしてません。今日のところは。