Tag Archives: se・きらら

se・きらら 体験版

唐突に通常版が無料配布ということになって話題なやつを。ちなみに今頃になって初めて、「せきらら」と読むことに気付きました。OP ソングでせきららとかいってるのに全然気付かなかったよっ。

内容は二章まで、一通りキャラが出揃って海に行くという共通ルート定番イベントって感じですね。絵にちょっと古臭さを感じなくもないものの、押さえるべき基本はきちんと押さえた無難な学園ものです。幼馴染みに年上にゆかり教育に炉理に裏がありそうな孤高系とキャラ配置も見え透いて無難そのもの。なので基本点は問題ないはず、なのですが。

始まりは春、ご丁寧に新学期の初日から。この冒頭数日までは割と普通のテンポだったのにすぐ駆け足で一ヶ月が過ぎて転入生登場、そしてまた飛び飛びで日が進んでいつの間にか夏休み直前で海に行こう、という摘み食い進行となってしまいます。

そりゃ確かに連続している必要性はありませんが、時間のスキップを多用しすぎているのでイベントを繋ぎ合わせたかのような適当さを感じます。水着イベントを入れたいからといって、一息で夏まで進むのはちょっと……。

真面目にやってたら、どうしようもなく長ったらしい天神乱漫状態になってしまうのも理解できるのですが、果たしてこれにはそれほどの必然性があるのかと。同級生シリーズみたいに出会って二週間で恋愛したっていいじゃないですか。

駄目な点が目立つような代物ではありませんが、逆にいうとそれは特筆すべき点もない普通の作品とも言えるわけで。正直これは余程意外性のあるシナリオとかがないと目立てないタイプの作品じゃないのかなあと。絵で売るわけでも、アニメで売るわけでも、女装ネタとか魔法ものとかの記号属性で売るわけでもない、普通な学園ものという点しか見えてこない。そして経験上、そういうのはひっそり歴史の陰に身を隠すことになる。

体験版から内容が大きく変わらない限り、無料配布だから経済的被害が生じなかったという意味で評価されることはあっても、無料なのにこんな凄いのをプレーできるなんてっという意味で評価されることは多分無いだろうなと思います。

あと環境の問題か分かりませんが、夕方と夜の立ち絵の色合いが極端すぎるような。夕方のは真っ赤すぎるし、夜のはあまりに暗すぎる。