Tag Archives: sisters ~夏の最後の日~

sisters ~夏の最後の日~

一周終わってコンプ。

なるほど、一本道でやはりこの位のボリュームでしたか。

システム面の古典的とも言える古臭さにストレスが溜まりますが、このボリュームなら叩かれるほどの致命傷にはなっていないということだったんですね。自分にはスキップ不可の強制再生アニメや、何度も見なければならない主人公の背中といった無駄なシーンがかなり辛かったのですが。

ちなみに既読スキップでもテキストがないシーンのアニメやアイキャッチ的なアニメは飛ばせません。リプレイを必要とするシナリオでないのが本当に救いです。

言うまでもなく本作の価値はその高いクオリティのアニメーションにしかないわけですが、主人公の独白さえ無く、日常シーンも使い回しを最小限にしたアニメーションで表現するのならもう、素直にショートアニメとして売った方がまだ、ストレスが溜まらない分良かったんじゃあ。

もちろんアニメ的な演出や編集は必要となりますが、既存のアニメを無理矢理にえろげの枠に押し込んだこのシステムではあまりに勿体ない。アニメだからこそできるもの、えろげだからこそできるもの、そのどちらをも潰しているようにしか思えません。

アニメゲーと言えば叔母風呂が頑張っていますが、多数のムービーを用意して合成や差分再生、リピートを駆使する使い方でやっているのに対してこちらは GREEN と同じく直接再生……だよね? とちょっと自信ないけどそう見える (3DCG ムービー以外は) 。

アジアの同胞パワーが炸裂するような作画はなく、一つ一つの表情や構図、カメラの位置までちゃんとよく練って作ってるしクオリティ高いのは事実なのだけども、それだけに残念な部分がもう少し何とかならないものかと。

何故か作中の舞台が前世紀なので、当時の TVCM ネタとか無駄に凝ってはいるけど小ネタって言うのは本編をちゃんとやってから仕込むものですよと。いやまあ、エロアニメが本編だと言われれば事実だしそっちはしっかりやってるのは認めるけども。

  • よかったところ
    • 相変わらずアニメのクオリティは高いですよね
  • わるかったところ
    • あまりに古臭すぎるシステムでストレスが溜まります

こんな手間の掛かるのを作ってりゃそりゃ時間かかるよね……とは思うのだけど、アニメに注力してそれ以外を疎かにするならアニメゲーという存在をちょっと考えてみるべきのようにも。

sisters ~夏の最後の日~

7 日目まで。ついったでだらだらと post しましたけどこれはひどい……。

アニメに囚われすぎて色々見失ってます。ADV のシステムや演出としてはあまりに前世紀。いちいち移動の度に挟まる移動アニメ、移動先ではご丁寧にも部屋を見回すアニメ、アイキャッチ代わりの建物外観アニメ、と何度も見なければならないのにスキップ不可な部分があまりに多くストレスが溜まります。

テキストは主人公の独白が一切無く、主人公ボイスのないアニメの台詞書き起こし……のように見えて、いまいち会話センスに付いて行けません。

千夏「それがきっかけだったんだって」
主人公「………」
千夏「お米とぐのって、どこまでやれば良いのかな?悩まない?」
主人公「……」
千夏「お姉ちゃんのことどう思う?」
主人公「どうって……」

何ですかこの会話は。直前まで会話していたと思ったら唐突に三点リーダで無視する会話って何それ。アニメーションで言葉にならない部分を補完しているかと言えばそうでもないし、そもそもこの主人公って「………」「はい」「はははは」とぶっきらぼうな応答しか記憶に残らないぐらい存在感が希薄なんですが。

そういう効果を狙っている、にしてもそれならアニメでやれ、の話。えろげのフォーマットで表現するならもうちょっと捻って下さいよ。