Tag Archives: Summer Days

Summer Days

ブランド: Overflow
さらっと纏め。ちなみにルートマップ不具合に対応した修正版はまだまだ先のようです。
全編フルアニメーションでしかも長編という無謀な試みと、平然と泥沼愛憎劇展開へ導くぬきまちシナリオで良くも悪くも話題作となったスクールデイズの外伝的なお話しです。メインは前作で唯一、真っ当な性格と常識を兼ね備えた刹那。この希少性は本作でも健在でした。それはもう見ていて嫌になるぐらいに。
欺瞞に裏切り、嫉妬や寝取りは親友だろうが姉妹だろうが関係無しです。それでいて今回は刃物が飛び交う泥沼展開をやらないという制約付きなので殆ど寝取った者勝ちの法則発動。さらに行動原理が動物以下なのかそもそも存在しないのか、風見鶏の如く流されるかと思えばたまに暴走する誠の理不尽ぶりが重なり、何とも嫌な気分になれます。
そんな障害を乗り越えて刹那エンドに辿り着いても、実にシンプルというかあっさり過ぎるわっな幕切れでまた微妙。他キャラのエンドと同レベルな扱いですね。
シナリオ分岐は一部のフラグ選択肢と、好感度増減選択肢による好感度数で為されるようです。しかも選択肢ではセーブ不可なので、増減具合を確認とかするのが面倒な人はとっとと攻略頼った方が良いです。
バグ云々に関しては以下略。ここ最近は落ち着いたものの、発売日後ほぼ毎日のパッチリリースがされたことと未だ夜逃げしていないだけマシってものでしょう。私の場合、3332 ルートの夏祭り集合シーンから終わりまで必ず断続的に落ちる現象が起こる以外はプレーに支障は無かったですし。
延期せず発売を強行した理由は、発売日イベントの会場キャンセル料が表向きな理由となってるそうですが……これって要は「お察しください」というやつですよね。年単位で延期していても平然とテレカやグッズ販売しにイベント参加する光景が見受けられるこの業界で、今更キャンセル料程度でイベントを中止にするような殊勝な心掛けがあるなんて一体何の冗談ですかって話です。
しかし世の中で何ともなりそうにない事の一つは金融関係なので、金が絡んでいるのは間違いないのでしょう。すると何故か自然と「取引金融機関からの強い要請」で発売日決定がなされたいう、かの延期アニメゲーが思い出されるわけですが真相は闇の中。
バグはさておき、全体的に前作よりも手抜きっぽさは感じます。全体の話数は少なめだし、スタッフロールにサブタイトルの無いエンディングが幾つかあったり (バグの可能性もありますが) 、フラグ管理が致命的に駄目すぎたり。

よかったところ
とりあえず刹那だけはマトモでした
わるかったところ
ここまで嫌いになれる主人公も珍しい

システム変更で前作のノウハウが生かせないのに、充分な開発期間を取らずに発売優先にするとこんなのが出ますよ、という実験作。リニューアル版が出たら話のネタ程度にやってみても、というとこでしょうか。

Summer Days

ブランド: Overflow
攻略を頼りに、「二人のパリ」「ことぴーからせっちゃんへ」「親娘ともども」「熟した果実」「懲りない誠」「そして快感へ」「共に有らん」、その他サブタイトル無しの一葉・二葉エンド、光エンド、可憐・乙女エンドでやっと全ての回想が埋まって恐らくコンプ。セーブデータをロードする度にクリアされるルートマップの制覇はもう捨てました。ていうか不可能。
バグの多さとかフラグ管理の甘さとかその他、多大な手間が掛かりましたが何とか満足いく結果を導けました。終わってみると不思議な達成感がありますね。
好感度の微妙な違いがエンドを分かつので、好感度増減の把握が勝利の鍵。何せ一部の重要フラグ選択肢以外は全て好感度増減のためのものです。覚えておくべき基本条件は「好感度最大であれば刹那エンド」「少し足りない場合は世界・言葉あたりの派生エンド」「さらに足りない場合は加藤姉妹、光、双子といった脇役エンド」「踊子さんフラグは必ず後で効く」あたりでしょうか。慣れてくれば、選択肢を辿るよりも効率的に好感度調整ができるようになります。

Summer Days

ブランド: Overflow
西園寺母娘エンド。踊子さんフラグを立ててもちょっと寄り道するだけかと思いきや、最後でちゃんと効いてくるわけですね。
にしても、ぬきまちは人間臭い嫌なところを描かせるとしっかり嫌なキャラにしてくれますね。騙しと裏切りと嫉妬がデフォのぬきまちゲーですからわかりきってはいましたよ。でもそれでも刹那以外が酷すぎるわけで。

Summer Days

ブランド: Overflow
言葉と心の「それぞれの道」エンド。どうやら一つでも条件を逃すと刹那エンドにはいけないようです。
にしても誠は一度といわず、百ぐらいは死んでみた方が良い気がします。心理描写とかが皆無なのもあるでしょうが、ここまで行動原理が動物並みに酷い主人公も珍しい。
次からは素直に攻略頼ります。どうもこれ、スクールデイズの時とは違って分岐点が感覚的にわかりません。

Summer Days

ブランド: Overflow
4 話途中。作中、数少ない良心の持ち主と思われた心も、人の話を聞かない、激しい思いこみ、ひたすら自分に都合の良い解釈といった諸要素はちゃんと姉から受け継いでいて安心しました。
さすがに姉妹で差し違える程ぬきまちも鬼じゃないというか今回はそういうのは無いらしいので、きっと平和的に泥沼化してくれるのだと思います。

Summer Days

ブランド: Overflow
4 話途中。前作のような桂園時代再びと見せかけて、あっさり振りました。実に意外です。
にしても言葉が居合いをやっていたという設定は何というかもう本当にそういうキャラにしたいのだなと。

Summer Days

ブランド: Overflow
今頃になって画面上の好感度表示の見方に気付きました。薄いバーは実は最高値を示す目安で、本当の好感度は濃い色で表示されるようで。つまり今までほぼ好感度零な状態でプレーしていたと。そりゃ 3 話から先に進めないわな、と納得。どちらにしろ特定シーンで落ちる現象は治らないのですが何とか 3 話終了。
続く 4 話ではこれまで以上に、無神経が服を着て歩いてるような誠の真髄をたっぷり見られそうです。

Summer Days

ブランド: Overflow
選択肢を変えて進めてもやっぱり特定シーンで落ちるわ、結局同じエンドに行っちゃうわで正直もう止めたいんですが。
ADAMS 擬きのルートマップも落ちたらクリアされて全く役に立ちませんし。

Summer Days

ブランド: Overflow
2 話から進むのに意外な苦労をして 3 話まで。
ここにきてやっと言葉様登場したのに、エラーで落ちる現象が多発してお話しになりません。シーンスキップと Ctrl 飛ばしでエラーを切り抜けてセーブの繰り返しで何とか進めて辿り着いた先は、「お幸せに」エンド。えぇっと、今回は刃物無しで言葉と付き合えると思ったんですが、刹那切り捨てたらその時点でお終いですか。二股かけた泥沼展開にもならずに終わりってぬきまちゲーとは思えん。
何にしても、進むことすら難しいってのはどうしたものかと。

Summer Days

ブランド: Overflow
これまでの経験上、そろそろ安定版のパッチが出たかなって頃ですが…… デイリーリリースな状況を見ているととてもそうには見えないので危険とは思いつつも、他にやりたい作品もないのでやることに。
で、まずは計 1.8 GB のダウンロード。って阿呆かっ。
P2P は面倒くさそうなので一番速そうなミラーサイト探しから。唯一 500KB/sec まで出た Hobibox の ftp で 2 時間ってとこですか。プレーするまでにこんなに待たされたえろげは多分初めてです。
1 話は先行公開でも見たので、特に問題なし。が、2 話でもう「同じシーンが 2 回繰り返される」現象を確認。早っ、ていうか本当にデバッグ不足ですね。そりゃ普通の作品より手間掛かるのは事実でしょうけど。
何を間違えたのか選択しなかったのが間違いなのか、2 話なのに早々に刹那がバイト止めてタイトル画面戻りでした。